新着
6月19・20日にアクアパレットまつやまで、愛媛県総合体育大会水泳競技大会が実施されました。三島高校からは2名参加し、全力で試合に望みました。残念ながら四国大会への出場は逃しましたが、次のレースに向けて練習を頑張っていきます!
本日は、男女個人フルーレ2回戦からと、男女個人エペ、男女個人サーブルの試合が行われました。 試合結果 男子個人フルーレ藤田拓己 ベスト8大西琳久 2回戦敗退大村尚土 2回戦敗退井原悠斗 2回戦敗退 男子個人エペ星川友弥 2回戦敗退尾池遥斗 2回戦敗退 男子個人サーブル大村尚土 優勝藤田拓己 ベスト4大西琳久 ベスト8 女子個人フルーレ近藤美咲 ベスト4馬渕倫佳 ベスト8野村優莉 2回戦敗退 女子個人エペ加藤凛  ベスト8馬渕倫佳 2回戦敗退 女子個人サーブル村上愛夢 準優勝鈴木琴  ベスト4伊藤花乃 ベスト4大井歌乃 ベスト8       四国高等学校フェンシング選手権大会の全日程が終了しました。個人戦では、3年生の大村くんが優勝、その他5名の生徒が入賞しました。 8月10日〜14日まで福井県越前市で行われるインターハイでも、良い成績が残せるよう、鍛錬を重ねていきます。 たくさんの応援、ありがとうございました。   決勝戦 右:大村 【写真・文:福本先生】
四国高等学校柔道選手権大会が19、20日に高知県立武道館で開催されました。 初日の男子団体戦は予選リーグ1勝2敗で決勝トーナメントに進むことはできませんでした。 2日目の個人戦では宮崎新大が優勝、土肥大雅、清水湧貴、長谷川柚妃が3位、藤本夕椰が5位という成績を収めました。 次の大会に向かって明日からチーム一丸となってスタートしていきます。 2日間ありがとうございました。 【写真・文:尾﨑先生】
 本日(20日)、徳島県の大神子テニスセンターで四国総体が行われ、本校3年生の石津・後藤ペアが出場しました。  高知県の優勝ペアと戦い、0-4で残念ながら敗退しましたが、愛媛県の代表として奮闘しました。  応援してくださった方々、本当にありがとうございました。          
20日(日)、坂出市立体育館で卓球の四国大会が行われ、3年生の石川智花さんが女子シングルで出場した。 1回で香川西の大西選手と対戦し、セットカウント1-3で惜しくも敗れました。 一時はリードするなど、積極的な攻めを見せましたが、勝利まであと一歩でした。 【写真・文:神田先生】
 6月19日、香川県の丸亀市民体育館で行われた四国総体に出場しました。対戦校は、香川県第1位の坂出工業高校でした。第1セット 11-25第2セット 16-25 相手のスピードと多彩な攻撃に終始、圧倒されてしまい、1回戦敗退となりました。しかし、その試合の中でも、要所で自分たちらしいプレーができ、流れを作る場面もありました。悔しい敗戦でしたが、選手たちの表情からは達成感や充実感が感じられました。 今回の大会を機に引退する3年生もいます。これまで最上級生として、チームを牽引してきてくれました。よく頑張ってくれました。今後はまず自分の進路を叶えるために努力していって下さい。 数多くのご声援ありがとうございました。 【写真・文:天羽先生】
本日は、男女学校対抗と男女個人フルーレ1回戦が行われました。 試合結果男子学校対抗1回戦 三島5-3三本松(香川)準決勝 三島2-5城ノ内(徳島)3位決 三島1-5高知小津(高知)最終結果4位   女子学校対抗1回戦 シード準決勝 三島2-5高松(香川)3位決 三島5-3高松北(香川)最終結果3位   明日は男女個人フルーレ2回戦からと、男女個人エペ、男女個人サーブルの試合が行われます。表彰台目指して頑張ります。 【写真・文:福本先生】
本日第1回中高連携授業(新宮中)を行いました。参加生徒は本校の商業科4名の生徒が講師として授業を行いました。内容はExcelを使って、基本的な関数と棒グラフ、レーダーチャートの作成を行いました。中学生全員が目標を達成でき充実した研修を行うことができました。   【文:写真:近藤】
  本日(18日)、四国総体壮行会が放送で行われました。  四国総体に参加する部は、男子バレーボール部、卓球部、女子ソフトテニス部、柔道部、フェンシング部です。   〈教頭先生あいさつ〉  長井教頭先生は、「県ナンバーワンを達成したフェンシング部のみなさん、それから男子バレー、卓球、女子ソフトテニス、柔道部の皆さん、まずは四国大会出場おめでとうございます。今大会は代表権を勝ち取った、いわばエリートのみが集う大会です。そういう意味では、自分自身に自信と誇りを強く持ってください。そして、本番では、三島高校を代表する選手にふさわしい粘り強さを発揮し、最後の最後まで決して諦めず、それぞれの持つ夢を実現するために、個人として、チームとして、精一杯の力を発揮してください。皆さんの若さあふれる好プレーと、併せて、本校選手団の限りない躍進を心から念願して、激励の言葉といたします。がんばってください!」と選手達を激励されました。   〈生徒会長激励のことば〉  大西生徒会長は、「四国大会出場おめでとうございます。県総体ではたくさんの選手が活躍したことを誇りに思います。四国大会では、今までの練習を生かしてがんば...
6月17日(木)7限目に、1・2年生を対象とした非行防止教室講話が実施されました。 今回は、四国中央警察署生活安全課 近藤 豪紀 様を講師にお招きし、情報モラル・薬物乱用防止の内容を中心に話していただきました。 被害者・加害者にならないためには、どのようなことをすればよいかを具体的に教えていただきました。 【インターネットの使い方や注意点】・安易に個人情報を教えない。・インターネットで知り合った人と直接会わない。・SNSで発信するときは、よく考えて投稿する。一度投稿したものは消すことはできない。・フィルタリング機能を活用する。・何かトラブルに遭ったとき、身近な大人に少しでも早く相談する。 【薬物乱用防止】・通常、服用している薬も、容量・用法を守らないと心身ともに悪影響になる。・違法薬物は、1回でも服用してしまうと薬物乱用となる。・もし誘われても「断る勇気」を持つ。その場を離れる。・薬物乱用は、法律違反であり犯罪である。・薬物乱用で壊れた脳は、回復できない。・薬物乱用は、自分だけでなく大切な人も不幸にする。 (左)講話の様子 (右)生徒代表お礼の言葉 【写真:土居先生、文:長野先生】
6月14日の月曜日、新居浜東高等学校で、第1回全国高等学校総合体育大会推進委員会が開催されました。推進委員会の活動は、来年度に四国で開催される全国高校総体を生徒が主体的に支えることを目的としています。 今回は、四国中央市・新居浜・西条地区から10校の代表生徒が新居浜東高校に集まり、今後の推進委員会の活動について、協議しました。本校からは、2年3組の窪田悠里さんが代表生徒として出席し、地区推進委員会の副委員長に選出されました。副委員長あいさつでは、「学校の生徒はもちろん、地域の方々にも高校総体に興味をもってもらえるような活動をしていきたい。また、新型コロナウィルスの影響で活動が制限されているなかでも、高校生最大のスポーツの祭典であり、あこがれの舞台である高校総体を盛り上げ、選手達を支え、大勢の方々に応援してもらえるように、大会開催の周知に努めていきたい」と話しました。 窪田さんは、11月に徳島県で開催される、大会300日前イベントに出席し、四国全体の推進委員会に所属する高校生と今後の活動を協議する予定になっています。 【写真・文:新田先生】
愛媛県ジュニア柔道体重別選手権が愛媛県武道館で12日・13日に開催されました。この大会は20歳以下が参加できる、レベルの高い大会です。そのようなレベルの高い大会において、3年生を中心に一丸となり日頃の練習の成果を発揮してくれました。優勝宮崎新大2位長谷川柚妃3位土肥大雅、尾崎克羽、佐藤僚真5位篠原文弥、藤本夕椰、守谷真奈(優勝者は四国予選に進出し、四国予選優勝者が全国大会へ駒を進めます)このような中、大会を開催していただいた事に感謝の気持ちを忘れずに取り組んでいきます。 【写真・文:尾崎先生】
6月11日(金)Teamsを利用してオンラインで全校集会が行われました。 コロナ禍の中で、多くの部が県総体に出場して活躍しました。 今日はその表彰伝達が行われました。 結果はまとめて後日ホームページにアップします。   令和3年度前期生徒会役員には、昨年後期に引き続き307HRの大西真奈美さんが認証されました。 大西会長は、全校生徒に「去年はみなさんのおかげでスムーズに行事が進みました。今年も皆さんご協力お願いします。」と挨拶しました。 みんなで良い学校にしていきましょう! 【写真・文:土居先生】
 第74回 愛媛県高等学校総合体育大会バレーボール競技    6月5日(土) 、6日(日)は伊予高校で、 7日(月)は愛媛県総合運動公園体育館で試合を行いました。 試合結果は 1回戦 川之江高校 2(25-14,25-8)0 2回戦 宇和島東高校 2(25-14,31-29)0 準々決勝 新居浜高専 2(25-21,25-22)0 準決勝 松山工業高校 0(11-25,14-25)2 準決勝敗退 3位決定戦 新田高校 2(23-25,25-15,25-17)1  以上のとおり、第3位という結果で終えることができました。 準決勝の松山工業戦では高さとパワーに圧倒され、残念ながら準決勝敗退となりました。 しかし、大会最終日の3位決定戦では新田高校に対して、臆することなく一丸となって全力で戦い切ることができました。大会中の一つ一つの試合を通して、チームや生徒が成長していく姿が見られました。日々の練習から一人一人が目標を見失うことなく、課題解決のために日々努力を積み重ねてきた成果が十分に発揮できた大会でした。応援ありがとうございました。 【写真・文:天羽、中川】
 女子バレー部です。 1回戦 三島2-0松山中央(25-21、25-16) 2回戦 三島1-2聖カタリナ(25-23、23-25、18-25)  惜しくも敗れてしまいましたが、全力で挑んだ素晴らしいゲームでした。3年生お疲れさまでした。応援に駆けつけてくださった保護者の皆様、映像の向こうで応援してくださった皆様ありがとうございました。 【写真・文 小原先生】
 女子バスケットボール部は、6月5、6日に伊予市民体育館で行われた第75回愛媛県高等学校総合体育大会に出場しました。 1回戦 80-54 愛大附属高校 2回戦 84―70 大洲高校 3回戦 39―134 済美高校 1、2回戦ともに僅差のまま試合が展開しましたが、最後まで走り切り、県大会ベスト8に入ることができました。3回戦の悔しさを糧に、新チームでも引き続き練習に励みたいと思います。 感染症対策で制限がある中ではありましたが、大会が開催され無事参加できたこと、多くの方に応援していただいたことに感謝いたします。ありがとうございました。   写真・文:小池
6/5日から7日までの3日間、県総合運動公園で県総体陸上競技が行われました。結果は以下の通りでした。男子400m 予選第7位 横山拓人54秒31男子4×100mリレー 予選第6位 守屋·山口·篠原·藤井 45秒80女子100m 予選第6位 高橋まなか 13秒32女子200m 予選第5位 高橋まなか 27秒51女子400m予選 第5位 高橋まなか 63秒01(自己新)、予選第5位 白石愛菜 63秒34(自己新) 3年生を中心に個々の力を発揮することができました。この経験をこれからに生かしていきたいです。色々な方々の応援ありがとうございました。 【写真・文:児玉先生】
 6月5日に松前総合文化センターにて創作ダンス発表会が開催され、本校ダンス部も発表してきました。 「トランスジェンダー」という難しいテーマをもとに表現内容やダンスに工夫を重ね、練習を重ねてきました。本番ではこれまでの練習の成果を出しきってきましたが、入賞とはなりませんでした。しかし、新人戦よりも大きく順位をあげることができ次への励みとなりました。新チームになり、次の新人戦でも自分たちが表現できるよう練習していきます。応援ありがとうございました。   写真・文 木田めぐみ
  6月5日(土)・6日(日)に砥部町陶街道ゆとり公園体育館にて愛媛県総合体育大会卓球の部が開催されました。 <個人戦シングルス> 石川康太郎0-3兵頭(帝京) 合田1-3安原(三崎) 石川和磨3-1瀬野(宇東)、石川和磨1-3小原(松北) 青木3-1前田(南宇和)、青木0-3曽我(松商) 石川智花3-0田鶴谷(新専)、石川智花3-2島本(今西)、石川智花0-3永井(済美) ベスト16出場にて四国大会出場権獲得 <個人戦ダブルス> 石川康・合田0-3井上・村坂(今西) 青木・石川和1-3赤尾・戸田(愛光) 石川智・守屋3-2宇田・永井(西条)、石川智花・守屋0-3大岩・大森(済美) <学校対抗戦(団体戦)> 男子 1回戦 3-2新居浜工業、2回戦 3-2松山東、準々決勝 0-3松山北 女子 1回戦 3-0宇和島南、2回戦 0-3今治西   選手たちは1球1球懸命に追いかけ、最後まで諦めることなく戦ってくれました。 この経験を次に生かしてくれることを期待しています。 たくさんの応援ありがとうございました。   【写真・文:松岡】
6月5日、6日に第75回愛媛県高等学校総合体育大会フェンシング競技が三島高校体育館で行われました。 感染対策のため制限があるなかでの試合でしたが、生徒たちが練習の成果を発揮できる機会をいただけたことに感謝します。 試合結果 学校対抗男子 優勝 学校対抗女子 優勝 三島5-1新田   個人対抗男子フルーレ 優勝 藤田拓己(四国大会、インターハイ出場) 2位 大西琳久(四国大会、インターハイ出場) 3位 大村尚土(四国大会出場) 3位 井原悠斗(四国大会出場)   個人対抗男子エペ 3位 尾池遥斗(四国大会出場) 3位 星川友弥(四国大会出場)   個人対抗男子サーブル 優勝 大村尚土(四国大会、インターハイ出場) 3位 藤田拓己(四国大会出場) 3位 大西琳久(四国大会出場)   個人対抗女子フルーレ 2位 近藤美咲(四国大会、インターハイ出場) 3位 野村優莉(四国大会出場) 3位 馬渕倫佳(四国大会出場)   個人対抗女子エペ 優勝 加藤凛(四国大会、インターハイ出場) 2位 馬渕倫佳(四国大会出場)   個人対抗女子サーブル 優勝 伊藤花乃(四国大会、インターハイ出場) 2位 村上愛夢(四国大会出場) 3位 鈴木琴(...
ボクシング競技 ライトフライ級    第1日 1回戦(準決勝) 大西(三島)ーポイント勝ちー 大川(新田)  第2日 決勝       大西(三島)ーポイント負けー 國田(新田)                      87-84   応援ありがとうございました。  
県総体柔道男子団体戦は決勝リーグ1勝1敗1分で3位(四国大会出場)女子団体戦は2回戦で代表戦で惜敗しました。多くの方々の御協力で今大会が行われました。感謝の気持を忘れずにこれからも取り組んでいきます。ありがとうございました。 【写真・文:尾崎先生】
松山中央運動公園にて、愛媛県総体ソフトボール競技の2日目が行われました。 本校は12時から聖カタリナ高校と対戦し、0対11で敗退しました。 たくさんの応援をいただき、本当にありがとうございました。 【写真・文:小野彰久】
県総体柔道個人戦が愛媛県武道館で行われました。宮崎新大と長谷川柚妃が優勝(インターハイ・四国大会出場)、土肥大雅、藤本夕椰、清水湧貴が3位入賞(四国大会出場)を果たしました。このような状況で大会を開催していただいたことに感謝しかありません。明日の団体戦もチーム一丸となって臨みます。本日は応援ありがとうございました。 【写真・文:尾崎先生】
本日、愛媛県総体のソフト競技の試合が行われました。 試合は9時30分から始まり、18対3で小松高校に勝利しました。 初回にキャプテンの大西のホームランもあり、全員で攻め切って獲得した勝利だと思います。 次の試合は、明日の12時から、松山中央公園で行われます。 新型コロナウイルスの影響で、多くの方に直接応援に来ていただけない状況ですが、たくさんの応援のお声をいただき、本当にありがたいです。 県ベスト4を目指して明日も頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。    【写真・文:小野彰久】
6月3日(木)にグラウンドで県総体壮行会が行われました。今年度は、三島高校から212名の選手が県総体に出場します。 (左)出場選手の様子(右)校長先生あいさつ (左)生徒会長激励のことば(右)選手代表お礼のことば昨年度は感染症の影響で、試合に挑むことや仲間と喜び・悲しみを分かち合う機会を奪われた選手も多くいると思います。今年度は、その悔しい思いをバネにして臨んでください。みなさんの活躍を応援しています! 【写真・文:長野先生】
 本日(31日)、Teamsによる全校集会(表彰伝達)が各ホームルーム教室で行われました。    〈愛媛県高等学校東予地区総合大会〉  男子バスケットボール 1位  女子バスケットボール 3位  女子バレーボール 2位  女子ソフトボール 3位  男子卓球 3位  ラグビーフットボール 1位  男子柔道団体 1位  女子柔道団体 2位  男子個人 土肥大雅 1位       佐藤僚真 1位       藤本夕椰 1位       清水湧貴 1位       宮崎新大 1位       石川俊也 2位       尾﨑克羽 2位          佐久間玄汰 2位       髙橋颯葉 2位       篠原文弥 3位       田邊寿弥 3位       松井佑晋 3位  女子個人 守谷真奈 1位       長谷川柚妃 1位       三宅麗偉 2位       木下香歩 2位       髙橋芽生 3位       松井美佑 3位   表彰を受けた皆さん、おめでとうございます!今後の活躍を期待しています。   【写真:土居先生 文:池田先生】
〈生徒会長立候補者立ち合い演説会〉 (生徒会長立候補者演説及び応援演説)  藤田京子さんの応援演説を三宅天璃さんが行いました。  三宅さんは「彼女はとても責任感があります。2年生の時から、体育委員や生徒会と務め、さらに今年からは黄団の副団長を務めています。これは、周りから彼女が信頼されていることの証だと思います。また、優れたリーダーシップを発揮し、優しさに溢れています。人は誰でも失敗をします。そのような時こそ、皆さんの力が必要です。藤田さんだけでなく、私たち一人ひとりの力でこの三島高校をすばらしい学校にしていきましょう。」とすばらしさを讃えました。  続いて生徒会長立候補者藤田京子さんの演説が行われました。  藤田京子さんは、「皆さんはアンパンマンを知っていますか?アンパンマンは強さだけでなく弱さがあること、その弱さを共有していることが、アンパンマンの最大の魅力ではないでしょうか。これは私たちにも共通していることです。私が生徒会長になったとしても、私一人で学校を作っているわけではありません。皆さん一人ひとりの意見を吸収し、すばらしい学校にしていきます。」と意欲を堂々と語りました。    ...
 28日(金)の5、6限は、家庭クラブ総会、前期生徒総会、生徒会長立候補者立ち会い演説会が行われました。 新型コロナウイルス感染症対策のため、各教室において、放送や動画視聴による実施となりました。 〈家庭クラブ総会〉      まず、家庭クラブ総会が行われました。   昨年度の主な行事報告や今年度の年間行事計画、会計監査報告、今年度予算について説明がありました。また、家庭クラブ週間の取組である「ホームプロジェクト・ビギナーズ」の呼びかけもなされました。   〈令和3年度前期生徒総会〉 (校長先生あいさつ)    校長先生は「先日、ラグビーの日本選手権においてパナソニックが6度目の優勝を果たしました。そのパナソニックの監督、ロビー・ディーンズの指導信条に『居心地の良くない場所を快適に思えるようにすること』があります。皆さんにとって学校は居心地のよくない学校かもしれません。しかし、快適に思うようにするために、部活動や勉強を頑張り、誰とでも心を開かねばなりません。」とあいさつされました。   (生徒会長あいさつ)  大西生徒会長は、「この生徒総会は三島高校について考える大切な学校行事です。三島高校をよりよくするた...
5月26日(水)に「魅力ある学校づくり推進授業」の一環として、3年商業科と土居高校がZOOMを使って意見交換会を行いました。今回は担当の徳永教諭より、土居高校での取組を熱く話していただきました。最後には質問の時間を設けていただき、私たちにも様々な課題を見つけることができました。四国中央市の更なる活性化に向けて、何ができるか継続して学んでいきます。
 本日(17日)、先生方を対象とした情報教育研修会がありました。    新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「Teams」を用い、自教室での学校行事の中継の視聴を目的として、研修会が行われました。先生方は比較的スムーズにTeamsの「会議」にログインでき、無事全クラスが利用することができました。    今後も定期的に研修会が行われます。新たなツールを使いこなせるよう、先生たちも頑張ります!   【写真・文:池田先生】
源代先生より スキルアップをしていくために ・人に言われて行動するのではなく、自らが考えて行動することが大切。 ・新しいことにチャレンジをする。 ・人にしてもらいたいことを積極的に行う。 高校三年間で得られるものは大きいです。部活動を一生懸命行う、検定取得に向けて取り組む、ボランティアに参加するなどして、自分ができることを増やしていきましょう。そして一人一人が進路実現に向けて頑張っていきましょう!   五味先生より ・相手に伝わるリアクションを意識して続けてほしい。 ・意思表示をし、いろいろなもののよりよい形を見つけていく。 ・「前向き」になるためには。  生徒2名からインタビューを行い、目標を明確に持っている強みを知ることができました。また、前向きになれる方法も体験することができました。 【写真・文:長野】  
4月24日(土)・25日(日)に西条市総合体育館にて令和3年度愛媛県高等学校総合体育大会卓球の部の東予地区予選が行われました。男女とも団体戦を勝ち抜き、県大会の切符をつかむことができました。また、個人戦ダブルスでは男子2ペア、女子が1ペア、個人戦シングルスでは男子4名、女子1名が県大会出場を決めました。県大会で1つでも上に行けるように頑張ります。応援よろしくお願いいたします。 【文・写真:松岡】  
5/2(日)から3日間、西条運動公園で陸上競技東予地区総体が行われました。以下の種目で県総体出場を決めました。 男子400m 第6位 横山拓人54秒54男子4×100mリレー 第8位 横山·藤井·篠原·山口 48秒75女子100m 第7位 高橋まなか 13秒00女子200m 第7位 高橋まなか 27秒07女子400m 第4位 高橋まなか 63秒96、第5位 白石愛菜 64秒31   3年生を中心に今まで練習してきたことを発揮できました。これも色々な方々の応援があったからです。県総体でも力を出せるように頑張ります!応援ありがとうございました。   【写真・文:長野先生】    
 本日(30日)の全校朝礼では、保健委員が制作した熱中症予防についての動画を各教室で視聴しました。  熱中症の原因や応急処置の仕方を分かりやすく盛り込んだ動画では、「学校生活における熱中症」という設定の下、保健委員が自ら熱演してくれました。動画では、普段の学校生活を舞台としていたため、生徒たちは熱中症をより身近に感じ取ることができました。    これから暑さが増していき、熱中症になるリスクが高まってきます。今日学んだことを生かし、熱中症予防に努めましょう。   【写真・文:池田先生】
 女子バレーボール部です。  4月24日(土)、25日(日)全国高等学校総合体育大会東予地区予選会が行われ、準優勝の成績を収めることができました。次は、県総体に向けて頑張ります!保護者の方々をはじめ、応援してくださった皆さんありがとうございました!   一次代表決定戦   三島2-0新居浜南<25-7、25-10> 決勝トーナメント  準々決勝  三島2-0西条    <25-17、25-19>  準決勝   三島2-0小松    <25-20、25-20>  決勝    三島0-2新居浜西 <21-25、19-25>   準優勝     【写真・文:小原先生】
24・25日に川之江体育館で柔道東予総体が行われました。本校は男子団体1位、女子団体2位。男子個人では1位土肥大雅、佐藤僚真、藤本夕椰、清水湧貴、宮崎新大、2位石川俊也、尾崎克羽、佐久間玄汰、高橋颯葉、3位篠原文弥、田邊寿弥、松井佑晋。女子個人1位守谷真奈、長谷川柚妃、2位三宅麗偉、木下香歩、3位高橋芽生、松井美佑でした。このような状況の中で大会を開催していただいたことに感謝しかありません。県総体に向けて明らかになった課題に、チーム一丸となって取り組んでいきます。 【写真・文:尾﨑先生】      
 本校男子ラグビー部と西条高校・新居浜東高校ラグビー部による合同練習の様子が取材され、4月25日の「愛媛新聞」(3ページ)に、本校野本聡先生のコメントが掲載されました。 2021年4月25日付「愛媛新聞」3ページ 許可番号「d20210428-03」    少子化が部活動に大きな影響を及ぼしておりますが、そのような中で懸命に活動するチームについて取材されています。ぜひ御覧ください。
 4月25日(日曜日)に、本校体育館にて総体創作ダンス東予地区予選が行われました。本校のダンス部も、「トランスジェンダー~もう1人の私~」というタイトルで4分間表現しました。 部員達は、これまでの練習成果を出して踊ることができていました。他校からも講評をいただいたので、県総体に向けてよりよい作品になるように練習していきます。よろしくお願いします。 【写真・文:木田先生】
4月24日、25日に今治西高等学校にて令和3年愛媛県高等学校総合体育大会東予地区バスケットボール予選が行われました。 24日 三島100—28小松 三島93—46東予 25日 三島66—57今治西 総体出場おめでとうございます。コロナ禍により、無観客での予選でしたが保護者の方々の応援、サポートなどもあり、生徒も結果を出すことができました。本当にありがとうございました。バスケットボール部の皆さんも今回の予選の課題を総体に向けて修正しながら練習に励みましょう。  文・写真 小田先生
 4月24日(土)に、東予運動公園多目的グラウンドで、ソフトボールの愛媛県総体東予地区予選が行われました。    初戦は今治明徳高校に4ー3で勝利し、2回戦は丹原高校に3ー4で敗退しました。そして、午後から小松高校と3位決定戦を行い、11ー3で勝利し、東予地区予選3位になりました。    とても天気が良く、暑い中で行った3試合となり、部員たちにとってしんどい1日になりましたが、本当によく頑張りました。この東予地区予選を1つの自信にして、今後も頑張っていこうと思います。たくさんの応援、ありがとうございました。 【写真・文 小野彰久先生】
 本日(23日)、全校朝礼が放送で行われ、教育支援課長の濵田己知先生の講話がありました。  濵田先生は、「人と人とのほどよい距離感やコミュニケーションを探るために開発された『弱いロボット』の話をします。このロボットは、高いスペックを持ち合わせず、人のアシストを必要とします。人はロボットを助けることで不思議な満足感や達成感を味わいます。弱さや失敗、不完全さをオープンにすることで距離感に変化が生まれているのです。  そもそも人間は不完全な生き物です。しかし、弱さや失敗を相手と共有することで距離が縮まり、できることや強みを引き出すコミュニケーションが生まれます。『弱いロボット』は、そうした関係の構築や距離の縮め方を私たちに提案してくれる一例だと捉えることができます。  人間関係の悩みは、不便でややこしく、絶対的な解決方法がないものです。しかし同時に、自分を成長させ、望ましい集団を構築させることができます。ただ、人間関係に思い悩むのもまた現実です。教育支援課では、思い悩む皆さんのサポートをしていきたいと思います。ぜひ皆さんの話を聞かせてください。」と、「弱さ」や「不完全さ」に寛容であることに...
    4月21日に、松山市の城山公園で東京五輪聖火セレモニーが行われ、本校フェンシング部3年の村上愛夢さんが参加しました。  村上さんは、「聖火の迫力にとても感動しました。この経験を自分自身の競技生活に生かしていき、スポーツの素晴らしさを伝えていきたいです。このような経験をさせていただいたことを感謝します。」と、今回の経験に対して感謝や今後の抱負を語りました。  生徒のみなさんの活躍や頑張りは、力強く燃える聖火のように周りの人々の心を照らします。今後のみなさんに期待しています。   【写真:福本かな先生  文:福本かな先生、池田先生】
 本日(20日)、2年生の総合的な学習の時間「くすのき」が体育館で行われ、村上浩二教頭先生に「課題研究とは何か」についてガイダンスをしていただきました。    この課題研究の目的は、「情報活用能力」や「課題発見能力」を育成することです。2年生は、「四国中央市を住みよい街にしよう」というテーマのもと、「防災・経済・医療・国際・生活」についてそれぞれ班に分かれ、課題研究に取り組みます。  普段自分たちが過ごす地域をより良くするために、しっかり取り組んでいきましょう!   【写真:土居先生  文:池田先生】
   紙の総合商社である㈱ゴークラが四国中央市内の園児たちに毎年寄贈しているじゆうが帳の表紙デザインに、商業科情報デザイン類型3年の宮崎晴輝さんの作品が採用されました。すでに配布も完了しているそうです。子どもが楽しい気持ちになるデザインとして「楽しそうに釣りをしているシーン」を描いた作品になりました。宮崎さん採用おめでとうございます! 【文:内海先生】  
 本日(16日)、放送による全校朝礼が行われました。    村上教頭先生が、「年度初めの講話として、今日は『継続は力なり』という言葉について話をしたいと思います。『継続は力なり』という言葉は、みなさん1度は聞いたことがあると思います。意味としては、『一つ一つの成果は小さいものであっても、地道な努力を続けていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。』です。  また、『物事を成し遂げるまで諦めずに努力し続けることは、それ自体、優れた能力の一つである。』という意味です。  それでは、実際にどれだけ努力すれば、どのくらいの成果が得られるのでしょうか。  そこで、ネットで話題になっている2つの数字をあげたいと思います。それは、『1.01』と『0.99』という2つの数字です。 これらの2つの数字は、1に対して1パーセントすなわち100分の1だけ上か下かというちょっとした違いの2つの数字です。それでも、積み重ねることによってその違いは大きな差になるということです。例えば、毎日今の自分よりも1%だけ高める努力をしましょうとしたとします。実際に計算してみると、3年生は今の自分より約20倍以上向上でき...
 4月15日の「愛媛新聞」6ページに本校書道部の記事が掲載されています。御覧ください。      2021年4月15日付「愛媛新聞」6ページ 許可番号「d20210415ー05」  次の記事は、本校書道部員が書道甲子園のキャッチコピーを考案したことを取材したものです。  記事を紹介します。  今夏に四国中央市で開催される第14回全国高校書道パフォーマンス選手権大会(書道パフォーマンス甲子園)の実行委員会は、大会のキャッチコピーを「夢の舞台への輝きをもう一度」に決定し、14日にPR用ポスターなどと共にお披露目した。  市内で記者会見を開き、地元の高校生5人がコンセプトを説明した。キャッチコピーを考案した三島高校3年錦田和果さん(17)は、新型コロナウイルスによる昨年の大会中止を念頭に「もう一度輝きをよみがえらせたいという思いを込めた」と語った。  ポスターとパンフレットは川之江高3年加地琴羽さん(18)と錦内芽美さん(17)が考案した。競技を待つ女子選手の周囲に鶴やツバキをあしらったデザインで、2人は「縁起物の鶴で選手の健闘を祈り、気取らない優美さをツバキで表した」と説明した。パンフレットの裏面...
 4月11日の「愛媛新聞」9ページに本校書道部の記事が掲載されています。御覧ください。     2021年4月11日付「愛媛新聞」9ページ 許可番号「d20210415-06」    記事を紹介します。  四国中央市の三島高校の生徒とアフリカ南部モザンビークの高校生がこのほど、オンラインで文化交流した。三島高の書道部、インターアクト部から部員15人と、同国の首都マプトにあるフランシスコ・マニアンガ高の6人が参加し、書道に親しんだ。  画面越しのやりとりは全て英語。はかま姿の三島高書道部員が筆を手に「花」「和」などの語を漢字と平仮名で半紙に書いてみせ、止めやはね、はらいなど書の基本をレクチャー。挑戦したマニアンガ高生はぎこちない手つきだったものの、枚数を重ねるごとに上達し、書いた作品を見せながら笑顔で拍手を送り合った。  書道部員8人は書道パフォーマンスも披露。年賀状を送り合う日本の新年を喜ぶ風習を紹介し「恭賀新春」などの字、今年のえとの丑(うし)にちなんだ絵をかいてみせた。質疑応答タイムでは勉強や行事、クラブ活動など、それぞれの学校生活の様子について語り合った。  書道部の高橋七海部長(17...