校長挨拶

 

ごあいさつ

 

本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。本校は、大正12(1923)年に愛媛県立三島中学校として開校し、現1年生が最上級生となる再来年度(令和5年度)には創立百周年を迎える伝統校です。その間、地域の方々の温かいご支援、同窓生の皆様の強い母校愛に支えていただきながら、恵まれた教育環境の中で歴史を刻み、宇摩地域の教学の中心として、各界に幾多の有為な人材を送り続きてきました。少子化の影響等で生徒数は減少してまいりましたが、それでも現在も、各学年普通科6クラス商業科1クラス募集定員280名という東予地区東部で最大規模を誇る高等学校の一つとして、開学以来の本校の伝統を脈々と受け継ぐとともに、時代の流れを見据えた教育活動を展開しています。

 「学び 鍛えよ 歴史を刻んだ くすの木とともに」という校訓のもと、それぞれの生徒が、学習活動、部活動、資格取得等において、自らの夢をかなえるべく、日々、仲間たちと切磋琢磨しながらひたむきに努力を積み重ねています。また、学校行事やボランティア活動に積極的に参加するとともに、読書活動、国際交流等々にも力を入れています。本校で学ぶ全ての生徒が、豊かな人間性を養い、確かな学力を身につけ、将来、地域で、全国で、そして世界で通用する、やる気と元気に満ちた社会人となるための支援に努めています。

 今後とも、生徒たちが来てよかった、保護者の皆様が行かせてよかった、地域の方々があってよかったと心から思うことができる魅力ある学校づくりに、教職員一丸となって取り組んでいく所存ですので、どうかよろしくお願いいたします。

 

令和3年4月 愛媛県立三島高等学校長  鈴木  斎