新着
本日(22日)、第43回全国高等学校選抜フェンシング大会が愛媛県武道館で行われました。開会式では本校フェンシング部主将の石川せと選手が選手宣誓を行いました。 [試合結果] フル-レ 三島  30-45  西大寺(岡山) 「中盤までは点を取られたら取り返してのシ-ソ-ゲームでしたが、後半離されてしまい、1回戦敗退となりました。1年生主体チ-ムでよく最後まで戦ったと思います。明日はサ-ブルの試合が行われます。引き続き応援よろしくお願いいたします。」(顧問  福本かな先生) フェンシング部の皆さん、1日目の試合お疲れ様でした。明日のでサ-ブルの試合、頑張って下さい!応援しています! 【写真  福本かな先生】
 本日(22日)は合格者テスト、入学者説明会、物品販売が行われます。早朝から柔道部の皆さん、先生方が前庭の清掃をして下さいました。新入生、保護者の皆さんをお迎えする準備ができました。柔道部の皆さん、お疲れ様でした。
 「第43回全国高等学校選抜フェンシング大会」が3月22日(金)~24日(日)、愛媛県武道館において開催され、本校フェンシング部が出場します。 1 期日  (1) 開会式  3月22日(金) 12:00~  (2) 競技   3月22日(金)~24日(日)  (3) 閉会式  3月24日(日) 15:50~ 2 日程   会場  愛媛県武道館   競技   3月22日(金)第1日 12:50~  フルーレ トーナメント1回戦~準々決勝   河村 萌乃  種田 悠希  木村 遥香  定岡 愛奈  秦  美月  出場   3月23日(土)第2日 9:00~ フルーレ 準決勝~決勝             12:00~   サーブル トーナメント1回戦~決勝    石川 せと  河村 萌乃  種田 悠希  高橋 ひかり  秦  美月  サーブル出場   3月24日(日)第3日 9:00~ エペ トーナメント1回戦~決勝   大西 未夢  定岡 愛奈  木村 遥香  出場             愛媛県で行われる全国大会です。本校の選手が全日出場します!松山に行かれる際には足をお運びいただければありがたいです。  フェンシング部の皆さん、これまでの練習の成果を...
 3月19日、今年度最後の授業日。3時間目、202HRで「部落差別解消推進法を私たちはどう活かすか」をテーマに人権・同和教育HR活動が行われ、2学年関係の教員が参観し、共に学習しました。  石川君と菊池君が司会を務め、「部落差別解消法」について事前に学習してきたことについての発表がありました。また、現代の情報化社会の中で、インターネットを利用したあいつぐ差別事件から差別の現実について考え、意見を述べ合いました。ネット検索で軽率に答えを求めることから起こる間違った情報を信じることで、差別意識を生み出し、それが拡散する恐ろしさを学びました。担任の福本かな先生は、「差別の本当の苦しさは差別をされた人にしかわからない。でも、想像力をはたらかすことでみんなそれを分かち合うことはできる。差別のない豊かな人生をみんなが送れるように、今の学びを続け、学んだことを行動に移して欲しい。自分自身も今現在積極的に学び、差別を許さないように、進んで行動に移している。」とクラスの生徒に語りました。今日話し合ったこと、学んだことを来年の学習につなげていってほしいと思います。 【文 大西裕美先生 写真 土居先生】
本日(20日)は、第三学期終業式、表彰伝達が行われました。 <表彰伝達> (国際高校生選抜書展) 四国地区優秀賞   書道部 準大賞       福田 真子 入選賞       鈴木 日菜   森実 佑芽子 (愛媛県学生書道展) 愛媛県教育委員会教育長賞   福田 真子 特選             鈴木 樺乃 秀作             森川 愛梨   森実 佑芽子                   菊池 花乃   山田 瑞葵 入選             鈴木 日菜   保田 音萌                   藤枝  玲   立川 純也                秦  美月    (人権尊重の意識を高めるためのポスター作品募集) 優秀賞   畑岡 愛梨 入選    石山 愛花 (東予地区バレーボールフェスティバル) 男子バレーボール部  優勝 (校内漢字テスト優秀賞) 代表  髙木  音   1,2年生で26名が受賞しました。 <終業式> (校長職務代行者教頭式辞)  鎌村教頭先生は、「今年度一年、振り返ってみていかがですか?目標を達成できた人も、残念ながらできなかった人もいると思います。...
 春らしい晴天の今日(18日)、10時に高校入試の合格発表が体育館玄関横において行われました。 発表前から多くの受検生の皆さんが集まりました。掲示板による発表が行われた途端、歓声、拍手が沸き起こり、喜び合う皆さんの笑顔でいっぱいになりました。 受検生の皆さん、合格おめでとうございます。4月に皆さんと会えることを楽しみにしています。 【写真 篠﨑先生】
心配していた雨もやみ、本日(12日)は春らしいスポーツ日和の中、クラスマッチが行われました。 <開会式> (教頭先生あいさつ) 鎌村教頭先生は、「今年度最後のクラスマッチです。各競技、一生懸命全力でプレーしてください。フェアプレーの精神でけがのないように、また応援する人も一生懸命応援してください。」とあいさつされました。 (生徒会長あいさつ) 森生徒会長は、「クラスで行う最後の学校行事です。クラスの絆をより深め、よい思い出ができるように、皆で全力で取り組み、楽しみましょう。」と全校生徒に呼びかけました。 <競技> (バスケットボール男子) (バスケットボール女子) (ドッチ゛ボール男子) (ドッチ゛ボール女子) (サッカー男子)   (サッカー女子) <閉会式> (成績発表・表彰) [サッカー男子]     1位  201       2位  202・205 [サッカー女子]     1位  205       2位  203・204 [バスケットボール男子] 1位  202・205   2位  103 [バスケットボール女子] 1位  107       2位  201 [ドッヂボール男子]   1位  101...
 3月10日(日)に土居のユーホールで開催された四国中央少年少女合唱団創立50周年記念演奏会に賛助出演しました。   (第3ステージ 賛助出演 三島高校吹奏楽部) 献呈(シューマン)、マーチ「エイプリル・リーフ」(近藤悠介)、J-BEST'18 ~2018年J-POPベストヒッツスペシャルメドレー(宮川成治編曲)を全員で演奏しました。 (第4ステージ サウンド・オブ・ミュージック ~三島高等学校吹奏楽部とともに~)  四国中央少年少女合唱団の皆さんとは、サウンド・オブ・ミュージックで共演しました。お互いに刺激し合い、いつもは経験できない壮大な音楽の素晴らしさを感じ、お客様にもそれをお伝えできたと思います。   (エンディング 未来へ ~賛助出演の高校生、OB・OGのみなさんとともに~)   フィナーレでは、高校生もいっしょに花は咲く(岩井俊二作詞、菅野よう子作曲)、旅立ちの日に(小嶋登作詞、坂本浩美作曲)を合唱しました。   (アンサンブル披露)  卒団生を中心にアンサンブルを発表しました。  四国中央少年少女合唱団の皆さん、50周年おめでとうございます。素敵な演奏会にお招きいただき、ありがとうございました。 【文 岡﨑先...
 本校を平成22年3月に卒業された河村悠太さんが、学術研究発展への貢献が期待される優秀な大学院博士課程学生をたたえる日本学術振興会の第9回「育志賞」を受賞されました。3月9日(土)の「愛媛新聞」7ページにインタビュー記事が掲載されています。御覧ください。 2019年3月9日付「愛媛新聞」7ページ 承認許可番号「d20190311-004」 記事の一部を紹介します。 社会心理学が専門で「利他行動の促進・抑制要因解明 評判への関心による影響」をテーマに、他者の評判との関係を調べている。「全ての人に身近な『心』への関心が高かった」という河村さんは、心理学を学ぶため三島高校から京都大教育学部に進学。寄付や重い荷物を持ち運ぶ手助けといった利他行動のきっかけに興味を持ち、評判との関係性に着目した。 先行研究では評判を気にすると利他行動が増えるとされていたが、河村さんは「好かれたい」「嫌われたくない」という二つの気持ちに分類して考え、嫌われたくない人は周囲に利他行動がないと自分もしないと予想。400人へのアンケートや架空の寄付金を求める実験で検証した。 結果、好かれたい場合は周囲の行動に関係なく利他行動が増えたが、嫌われたくな...
  本日、西条高校において「東予地区バレーボールフェスティバル」が行われ、本校男子バレーボール部が優勝しました!おめでとうございます! (試合結果) 1回戦   三島 2-0  新居浜東 準決勝  三島  2-0  川之江 決勝      三島  2-0  小松 優勝おめでとうございます!今後の更なる活躍、期待しています。 【写真  児玉先生】  
 卒業式終了後、各HR教室において最後のHR活動が行われました。卒業証書や賞状の授与、担任・副担任の先生のお言葉、一人ひとりからのメッセージなど各HRで感動の涙や笑い、拍手がわき起こり、高校生活の最後のHRで別れを惜しむとともに仲間との絆の深さを再確認しました。 (1組) (2組) (3組) (4組) (5組) (6組) (7組) 【写真 篠﨑先生、土居先生、小田先生】  
  本日は、春を思わせるうららかな青空の下、多くの来賓の方々や保護者の方においでいただき、厳粛な中にもあたたかさが感じられるすばらしい卒業式が行われました。 (卒業生入場) (開式のことば) (国歌斉唱) (卒業証書授与)担任の先生が全員の名前を呼ばれ、大きな返事で卒業生の皆さんが起立しました。 <1組> <2組> <3組> <4組> <5組> <6組> <7組>     卒業生全員の名前が呼ばれた後、代表者に卒業証書が授与されました。 (賞状授与) <菱門賞> <努力賞> 8名 <皆勤賞> 47名 <特別功労賞> [ラグビー部] [フェンシング部] [美術部] [書道部] [自然科学部] <功労賞> 33名 (校長職務代行者教頭式辞)  鎌村教頭先生は、「今日は、高校三年間のゴールの日でありますが、新たな人生へのスタートの日でもあります。卒業生一人ひとりが選択した道は異なりますが、皆さんの新たな人生の門出を祝し、最初に『ゆずり葉』という詩を紹介いたします。」とおっしゃり、詩を紹介されました。 「この詩の作者は、河合酔茗という方で、次のように始まります。 『子どもたちよ これは譲り葉の木です この譲り葉は...
同窓会入会式終了後、全校生徒が揃って表彰伝達、全体予行、賞状授与式並びに記念品贈呈式が行われました。 <表彰伝達> (国際高校生選抜書展) 入選賞 河端 朝香   藤原 愛友菜   星川 和葉   村上 こころ   加地 純菜   大田 優輝      (全国高校生読書体験記コンクール) 入選  河端 朝香 (全国商業高等学校協会主催商業経済検定試験) 五科目合格 濱田 優希   立川 美沙   富永 愛藍   豊田 裕也 (校内漢字テスト優秀賞)   代表  吉川 愛佑梨    17名が表彰されました。 <賞状授与式並びに記念品贈呈式> (全国産業教育振興中央会賞) (全国商業高等学校長協会賞) (愛媛県産業教育振興会賞) (全国商業高等学校協会賞) 14名 (体育賞、体育努力賞) 25名   (文化賞) 1名   (愛媛県高等学校体育連盟体育功労賞) 18名 (愛媛県高等学校文化連盟文化功労賞) 13名 (全国高等学校家庭クラブ連盟賞) 75名が表彰されました。3年間の努力の賜です。おめでとうございます。 (記念品贈呈) 在校生代表の篠原大典さんから卒業生代表の加地一貴さんへ記念品の目録(卒業証書ホルダー)...
本日は、1,2年生の考査と並行して3年生は学年予行、菱門同窓会入会式を行い、考査終了後、表彰伝達、全体予行、賞状授与式、記念品贈呈式が行われました。 <菱門同窓会入会式> (開式のことば) (会長あいさつ)  曽我同窓会長は「卒業おめでとうございます。3年前の夢をかなえることができましたか?夢をかなえるきっかけはできましたか?」とお祝いの言葉をかけてくださった後、「3年間いろいろな経験を積み重ねてきました。これは皆さんにとっての一生の財産です。これからは積極的に同窓会の行事に参加、協力してください。菱門同窓会は30000名を超える会員がいます。毎年、本部の総会に加え、高松、大阪、東京の各支部で総会が行われ、12月には『会報』を発行しています。皆さん、母校の活躍を楽しみにしています。『会報』発行にあたっては多くの企業に広告協賛をお願いし、その広告料は部活動の支援にあてられています。これまでは支援を受ける立場だったと思いますが、これからは支援をする立場になります。幹事を中心として同学年の横のつながり、先輩との縦のつながりを大切にしてください。菱門同窓会の一員として母校に対する誇りを持って母校の発...
 本日(27日)は、考査終了後、大掃除、式場設営、卒業式の全体練習を行いました。 最初に2年学年主任大西裕美先生からお話をしていただきました。 「卒業式は学校行事の中で一番大切な行事です。高校を卒業するということは、就職する人にとっては社会に出て行くことであり、進学する人にとってはほとんどの人が親元を離れて一人暮らしをすることになるという特別なものとなります。卒業式は3年生だけのものではなく、1、2年生が立派に一人一人意識を持って式に臨むことにより成り立ちます。最高の卒業式にしてほしいと皆が思っています。この日を皆さんと一緒に迎えたかった渡邊校長先生の思いとともに、立派な式にしてほしいと思います。心を一つにして先輩の後ろ姿を見て、空にも届く大きな声で校歌をしっかり歌い、すばらしい式にしましょう。」式典の意義についてお話をしていただきました。  続いて、尾﨑先生から、「卒業式は学校で一番の行事です。3年生が新しい生活のスタート、高校生活のゴールができるように最高の式にしてほしいです。そのために皆さんは最高の態度で3年生を送り出して下さい。自分たちがしてもらいたいことを先輩にしてあげてください...
2月17日(土)、愛媛県美術館において「第57回愛媛県学生書道展」の表彰式が行われました。  会場には、県内で選ばれた錬度の高い作品が展示されており、今後の活動に繋がる良い刺激を受けて帰ることができました。写真中央は、県教育長賞を受賞した本校2年生の福田真子さんです。 本校は書道部員と書道選択生が作品を出品し、県教育長賞1名、特選1名、秀作4名、入選5名が入賞することができました。   県教育長賞 福田 真子(2年) 特選 鈴木 樺乃(2年) 秀作 菊池 花乃(1年) 秀作 森川 愛梨(1年) 秀作 森実 佑芽子(1年)    秀作 山田瑞葵(1年)   入選鈴木 日菜(2年)  保田 音萌(2年)  立川 純也(1年)  藤枝 玲(1年)  秦  美月(1年) 【写真・文 福本温子先生】
 2月23日(土)、「あいテレビ(6チャンネル)」において、本校書道部のインタビューの様子が放映されます。  23日(土)、「Go!Go!ニンじゃぽん シーズン2」(あいテレビ)[16:54~17:24]で四国中央市が紹介され、本校書道部のインタビューが放映されます。皆さん、御覧ください。
 19日(火)の7限目、二年生普通科「総合的な学習の時間~くすのき~」は「先輩に聞く」をテーマに三年生の先輩に来ていただき、進路に関するお話をしていただきました。集団討論「AIについて」のデモンストレーションの様子を見せていただいたり、各進路別に分かれて全体、あるいはグループ別で具体的なお話を聞くなど、大変勉強になりました。  先輩方から直接、勉強方法や、進路選択について、受験に向けて努力した点など詳しいお話を聞くことができ、参考になること、早速実行せていただきたいことなどが多くあり、貴重な時間となりました。今日、教えていただきたことを今後の生活の中で生かしていきたいと思います。先輩方、ありがとうございました。  明日から、1、2年生は学年末考査が始まります。学年の締めくくりとして、有終の美が飾れるよう、自己の実力が最大限発揮できるように努力しましょう! 【写真 篠﨑先生】  
 本日(20日)、渡邊洋人校長先生のご葬儀が行われました。全校生徒、教職員が会場へ伺い、校長先生との最後のお別れをさせていただきました。  いつも優しい笑顔で私たちをあたたかく見守って下さり、私たちがより高い目標へ向かっていけるよう励まし、お話をして下さった校長先生。校長先生との突然のお別れは私たちにとって信じがたく、あまりにも悲しすぎることでした。今でも校長室の前を通ると校長先生が中においでになり、あたたかく迎えてくれるような気がしてなりません。3学期の始業式で「凡事徹底」のお話をして下さったのがつい昨日のように感じます。最後の最後まで私たちのこと、そして三島高校の行く末を思って下さったすばらしい校長先生でした。  これから私たちができることは、一人ひとりがこれまで以上に精一杯努力し、自分の夢や目標に向かって励むこと、そして「チーム三島」としてさらなる高みを目指していくことです。校長先生に喜んでいただけるよう、私たちはこれからもがんばっていきます。どうか、私たちを見守ってください。渡邊洋人校長先生、ありがとうございました。校長先生の御冥福を心よりお祈り申し上げます。  
 2月16日(土)、「高校生自転車マナーアップ会議」に出席し、本校で1年間取り組んだ「交通マナーアップMISHIMA2018」の実践報告会を行いました。また、パネリストとしてパネルディスカッションにも参加し、「自転車ヘルメット着用について」、「交通ルール遵守やマナー向上について」、「交通事故から命を守るためのキーワード」の3つのテーマについて、ディスカッションを行いました。  1年間の「交通マナーアップMISHIMA2018」の取組を通して、「自分は絶対に事故に遭わないだろう」、「周りの人の迷惑になっていないだろう」と勝手に決めつけず、もう一度自分の行動を見直すことの大切さを痛感しました。交通社会の一員として、今後も交通マナーをしっかりと身に付けていけるよう、交通委員を中心に取り組んでいきたいと思います。 【写真・文 藤田先生】