新着
源代先生より スキルアップをしていくために ・人に言われて行動するのではなく、自らが考えて行動することが大切。 ・新しいことにチャレンジをする。 ・人にしてもらいたいことを積極的に行う。 高校三年間で得られるものは大きいです。部活動を一生懸命行う、検定取得に向けて取り組む、ボランティアに参加するなどして、自分ができることを増やしていきましょう。そして一人一人が進路実現に向けて頑張っていきましょう!   五味先生より ・相手に伝わるリアクションを意識して続けてほしい。 ・意思表示をし、いろいろなもののよりよい形を見つけていく。 ・「前向き」になるためには。  生徒2名からインタビューを行い、目標を明確に持っている強みを知ることができました。また、前向きになれる方法も体験することができました。 【写真・文:長野】  
4月24日(土)・25日(日)に西条市総合体育館にて令和3年度愛媛県高等学校総合体育大会卓球の部の東予地区予選が行われました。男女とも団体戦を勝ち抜き、県大会の切符をつかむことができました。また、個人戦ダブルスでは男子2ペア、女子が1ペア、個人戦シングルスでは男子4名、女子1名が県大会出場を決めました。県大会で1つでも上に行けるように頑張ります。応援よろしくお願いいたします。 【文・写真:松岡】  
5/2(日)から3日間、西条運動公園で陸上競技東予地区総体が行われました。以下の種目で県総体出場を決めました。 男子400m 第6位 横山拓人54秒54男子4×100mリレー 第8位 横山·藤井·篠原·山口 48秒75女子100m 第7位 高橋まなか 13秒00女子200m 第7位 高橋まなか 27秒07女子400m 第4位 高橋まなか 63秒96、第5位 白石愛菜 64秒31   3年生を中心に今まで練習してきたことを発揮できました。これも色々な方々の応援があったからです。県総体でも力を出せるように頑張ります!応援ありがとうございました。   【写真・文:長野先生】    
 本日(30日)の全校朝礼では、保健委員が制作した熱中症予防についての動画を各教室で視聴しました。  熱中症の原因や応急処置の仕方を分かりやすく盛り込んだ動画では、「学校生活における熱中症」という設定の下、保健委員が自ら熱演してくれました。動画では、普段の学校生活を舞台としていたため、生徒たちは熱中症をより身近に感じ取ることができました。    これから暑さが増していき、熱中症になるリスクが高まってきます。今日学んだことを生かし、熱中症予防に努めましょう。   【写真・文:池田先生】
 女子バレーボール部です。  4月24日(土)、25日(日)全国高等学校総合体育大会東予地区予選会が行われ、準優勝の成績を収めることができました。次は、県総体に向けて頑張ります!保護者の方々をはじめ、応援してくださった皆さんありがとうございました!   一次代表決定戦   三島2-0新居浜南<25-7、25-10> 決勝トーナメント  準々決勝  三島2-0西条    <25-17、25-19>  準決勝   三島2-0小松    <25-20、25-20>  決勝    三島0-2新居浜西 <21-25、19-25>   準優勝     【写真・文:小原先生】
24・25日に川之江体育館で柔道東予総体が行われました。本校は男子団体1位、女子団体2位。男子個人では1位土肥大雅、佐藤僚真、藤本夕椰、清水湧貴、宮崎新大、2位石川俊也、尾崎克羽、佐久間玄汰、高橋颯葉、3位篠原文弥、田邊寿弥、松井佑晋。女子個人1位守谷真奈、長谷川柚妃、2位三宅麗偉、木下香歩、3位高橋芽生、松井美佑でした。このような状況の中で大会を開催していただいたことに感謝しかありません。県総体に向けて明らかになった課題に、チーム一丸となって取り組んでいきます。 【写真・文:尾﨑先生】      
 本校男子ラグビー部と西条高校・新居浜東高校ラグビー部による合同練習の様子が取材され、4月25日の「愛媛新聞」(3ページ)に、本校野本聡先生のコメントが掲載されました。 2021年4月25日付「愛媛新聞」3ページ 許可番号「d20210428-03」    少子化が部活動に大きな影響を及ぼしておりますが、そのような中で懸命に活動するチームについて取材されています。ぜひ御覧ください。
 4月25日(日曜日)に、本校体育館にて総体創作ダンス東予地区予選が行われました。本校のダンス部も、「トランスジェンダー~もう1人の私~」というタイトルで4分間表現しました。 部員達は、これまでの練習成果を出して踊ることができていました。他校からも講評をいただいたので、県総体に向けてよりよい作品になるように練習していきます。よろしくお願いします。 【写真・文:木田先生】
4月24日、25日に今治西高等学校にて令和3年愛媛県高等学校総合体育大会東予地区バスケットボール予選が行われました。 24日 三島100—28小松 三島93—46東予 25日 三島66—57今治西 総体出場おめでとうございます。コロナ禍により、無観客での予選でしたが保護者の方々の応援、サポートなどもあり、生徒も結果を出すことができました。本当にありがとうございました。バスケットボール部の皆さんも今回の予選の課題を総体に向けて修正しながら練習に励みましょう。  文・写真 小田先生
 4月24日(土)に、東予運動公園多目的グラウンドで、ソフトボールの愛媛県総体東予地区予選が行われました。    初戦は今治明徳高校に4ー3で勝利し、2回戦は丹原高校に3ー4で敗退しました。そして、午後から小松高校と3位決定戦を行い、11ー3で勝利し、東予地区予選3位になりました。    とても天気が良く、暑い中で行った3試合となり、部員たちにとってしんどい1日になりましたが、本当によく頑張りました。この東予地区予選を1つの自信にして、今後も頑張っていこうと思います。たくさんの応援、ありがとうございました。 【写真・文 小野彰久先生】
 本日(23日)、全校朝礼が放送で行われ、教育支援課長の濵田己知先生の講話がありました。  濵田先生は、「人と人とのほどよい距離感やコミュニケーションを探るために開発された『弱いロボット』の話をします。このロボットは、高いスペックを持ち合わせず、人のアシストを必要とします。人はロボットを助けることで不思議な満足感や達成感を味わいます。弱さや失敗、不完全さをオープンにすることで距離感に変化が生まれているのです。  そもそも人間は不完全な生き物です。しかし、弱さや失敗を相手と共有することで距離が縮まり、できることや強みを引き出すコミュニケーションが生まれます。『弱いロボット』は、そうした関係の構築や距離の縮め方を私たちに提案してくれる一例だと捉えることができます。  人間関係の悩みは、不便でややこしく、絶対的な解決方法がないものです。しかし同時に、自分を成長させ、望ましい集団を構築させることができます。ただ、人間関係に思い悩むのもまた現実です。教育支援課では、思い悩む皆さんのサポートをしていきたいと思います。ぜひ皆さんの話を聞かせてください。」と、「弱さ」や「不完全さ」に寛容であることに...
    4月21日に、松山市の城山公園で東京五輪聖火セレモニーが行われ、本校フェンシング部3年の村上愛夢さんが参加しました。  村上さんは、「聖火の迫力にとても感動しました。この経験を自分自身の競技生活に生かしていき、スポーツの素晴らしさを伝えていきたいです。このような経験をさせていただいたことを感謝します。」と、今回の経験に対して感謝や今後の抱負を語りました。  生徒のみなさんの活躍や頑張りは、力強く燃える聖火のように周りの人々の心を照らします。今後のみなさんに期待しています。   【写真:福本かな先生  文:福本かな先生、池田先生】
 本日(20日)、2年生の総合的な学習の時間「くすのき」が体育館で行われ、村上浩二教頭先生に「課題研究とは何か」についてガイダンスをしていただきました。    この課題研究の目的は、「情報活用能力」や「課題発見能力」を育成することです。2年生は、「四国中央市を住みよい街にしよう」というテーマのもと、「防災・経済・医療・国際・生活」についてそれぞれ班に分かれ、課題研究に取り組みます。  普段自分たちが過ごす地域をより良くするために、しっかり取り組んでいきましょう!   【写真:土居先生  文:池田先生】
   紙の総合商社である㈱ゴークラが四国中央市内の園児たちに毎年寄贈しているじゆうが帳の表紙デザインに、商業科情報デザイン類型3年の宮崎晴輝さんの作品が採用されました。すでに配布も完了しているそうです。子どもが楽しい気持ちになるデザインとして「楽しそうに釣りをしているシーン」を描いた作品になりました。宮崎さん採用おめでとうございます! 【文:内海先生】  
 本日(16日)、放送による全校朝礼が行われました。    村上教頭先生が、「年度初めの講話として、今日は『継続は力なり』という言葉について話をしたいと思います。『継続は力なり』という言葉は、みなさん1度は聞いたことがあると思います。意味としては、『一つ一つの成果は小さいものであっても、地道な努力を続けていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。』です。  また、『物事を成し遂げるまで諦めずに努力し続けることは、それ自体、優れた能力の一つである。』という意味です。  それでは、実際にどれだけ努力すれば、どのくらいの成果が得られるのでしょうか。  そこで、ネットで話題になっている2つの数字をあげたいと思います。それは、『1.01』と『0.99』という2つの数字です。 これらの2つの数字は、1に対して1パーセントすなわち100分の1だけ上か下かというちょっとした違いの2つの数字です。それでも、積み重ねることによってその違いは大きな差になるということです。例えば、毎日今の自分よりも1%だけ高める努力をしましょうとしたとします。実際に計算してみると、3年生は今の自分より約20倍以上向上でき...
 4月15日の「愛媛新聞」6ページに本校書道部の記事が掲載されています。御覧ください。      2021年4月15日付「愛媛新聞」6ページ 許可番号「d20210415ー05」  次の記事は、本校書道部員が書道甲子園のキャッチコピーを考案したことを取材したものです。  記事を紹介します。  今夏に四国中央市で開催される第14回全国高校書道パフォーマンス選手権大会(書道パフォーマンス甲子園)の実行委員会は、大会のキャッチコピーを「夢の舞台への輝きをもう一度」に決定し、14日にPR用ポスターなどと共にお披露目した。  市内で記者会見を開き、地元の高校生5人がコンセプトを説明した。キャッチコピーを考案した三島高校3年錦田和果さん(17)は、新型コロナウイルスによる昨年の大会中止を念頭に「もう一度輝きをよみがえらせたいという思いを込めた」と語った。  ポスターとパンフレットは川之江高3年加地琴羽さん(18)と錦内芽美さん(17)が考案した。競技を待つ女子選手の周囲に鶴やツバキをあしらったデザインで、2人は「縁起物の鶴で選手の健闘を祈り、気取らない優美さをツバキで表した」と説明した。パンフレットの裏面...
 4月11日の「愛媛新聞」9ページに本校書道部の記事が掲載されています。御覧ください。     2021年4月11日付「愛媛新聞」9ページ 許可番号「d20210415-06」    記事を紹介します。  四国中央市の三島高校の生徒とアフリカ南部モザンビークの高校生がこのほど、オンラインで文化交流した。三島高の書道部、インターアクト部から部員15人と、同国の首都マプトにあるフランシスコ・マニアンガ高の6人が参加し、書道に親しんだ。  画面越しのやりとりは全て英語。はかま姿の三島高書道部員が筆を手に「花」「和」などの語を漢字と平仮名で半紙に書いてみせ、止めやはね、はらいなど書の基本をレクチャー。挑戦したマニアンガ高生はぎこちない手つきだったものの、枚数を重ねるごとに上達し、書いた作品を見せながら笑顔で拍手を送り合った。  書道部員8人は書道パフォーマンスも披露。年賀状を送り合う日本の新年を喜ぶ風習を紹介し「恭賀新春」などの字、今年のえとの丑(うし)にちなんだ絵をかいてみせた。質疑応答タイムでは勉強や行事、クラブ活動など、それぞれの学校生活の様子について語り合った。  書道部の高橋七海部長(17...
本日(13日)、防災避難訓練が行われました。    地震発生の放送後、全校生徒が頭部保護姿勢を取りました。また、迅速に避難するため、緊急時の避難経路の確認をしました。    その後、1年生は本校の防災に関する状況説明を体育館で聞きました。    もしもの時に備え、平時から防災についてしっかり学んでいきましょう。   【写真:長野先生 文:池田先生】
   本日(12日)、1年生はオリエンテーション②が行われました。オリエンテーション①に引き続き、各課長の先生方が三島高校における大切なことを話されました。   ○教務課(香川文徳先生) 定期考査についての諸注意 ・学習に最善を尽くす。 ・欠席・遅刻をしない。 ・入・退室時間を守る。 ・不必要な物を持ち込まない。 ・不正行為をしない。 とにかく休まず、授業をきちんと受けることが大切である。また、提出物の期限を守り、一生懸命に取り組んでほしい。   ○奨学金、防災対策関係(石村健二先生) 防災対策をしよう ・災害発生時の対処 コンクリートやガラスの破片から頭を守る。 ・本稿の災害用備蓄品について ・メールシステムについて  警報などの対策については、学校に電話せずに自らが判断をする。ホームページにも掲載をするがアクセス数が増えると表示が遅くなるため、クラッシーやメールメイトの登録を必ずしておく。   ○教育相談関係(濵田己知先生)  時間が経てば経つほど、問題の解決が難しくなると言われている。月~金まで常に先生がいるので、相談はもちろん雑談でも何でも話してほしい。人に話すことは大切なことである。  三島高校での生...
〈部紹介〉  大西生徒会長「これから各部活動が紹介をしてくれます。みなさんが部活動をするきっかけになってくれたら嬉しいです。そして、ぜひ部活動見学をしてみてください。」と意欲的な活動になるよう呼びかけました。 (生産局) [情報処理部]   [簿記部]   [経済研究部]   [食物部]   [被服手芸部]   (文化局) [放送部]   [吹奏楽部]   [美術部]   [VYS部]   [書道部]   [茶道部]   [華道部]   [インターアクト部]   [自然科学部]   体育局 [陸上競技部] [野球部]   [ソフトボール部]   [男子ラグビー部]   [女子ラグビー部]   [男子バスケットボール部]   [女子バスケットボール部]   [柔道部]   [剣道部]   [男子卓球部]   [女子卓球部]   [サッカー部]   [ダンス部]   [男子バレーボール部]   [女子バレーボール部]   [男子ソフトテニス部]   [女子ソフトテニス部]   [フェンシング部]         部紹介の後は、部活動の勧誘が行われました。新入生の皆さん、ぜひ入部してみてください!   【写真:長野先生、小田先生  文:池田先生】