新着
 本日(20日)の二年生普通科「総合的な学習~くすのき~」は大学より先生方においでいただき、「出張講義」をしていただきました。 <文学「女性の生き方への提言」>          <心理学「道に迷わないための心理学」> <外国語・国際関係学「英語と日本語」>      <経済学「医療の経済学」> <法学「高校生と契約の関係~親のハンコが必要なワケ~」> <工学(機械・電気・電子)「機械系および電気・電子系分野の学びと将来の進路」> <工学(建築・土木)「建築と環境」>      <教育学「理科の教育・理科の研究」> <保育・幼児教育学「体力の向上」>        <看護学「現代看護の問題&包帯を巻いてみよう」> <理学療法学「理学療法士について」> それぞれの専門分野について具体的にお話をしていただき、大学・短大での授業の内容や、資格取得について、また学校生活などについて理解することができました。今後、進路選択をしていく際に、今日教えていただいたことを役立てていきたいと思います。 【写真 土居先生】
 本日(20日)の7限目、一年生は「弁論大会」を行いました。各HRから班別発表、HR発表を経て、各HRから代表に選ばれた七名が全体発表を行いました。「高校生からのメッセージ」をテーマに自己と真剣に向き合い、将来に向けてどう乗り越え、これから学んだことをどう生かしていくのかを体験を交えて堂々と、立派に発表しました。  「今とこれから」                「家族への感謝状」    「医療ボランティアから学んだこと」       「私と書道」  「好きな教科」                 「守るべきもの」  「瞬き」  発表者も、聴く人も、それぞれが再度、自分に向けて心の中で問いかけ、これからどう歩んでいくべきかについて考えることができたと思います。すばらしい発表であり、聴く人の態度もよかったです。   学年主任児玉先生が「いい発表でした。司会の人、聴衆の人も皆よかったです。人の話をしっかり聞ける事は大切なことです。来年、二年生では課題研究発表会を行います。来年につながるようにがんばりましょう。」と講評されました。   皆が成長できた時間となりました。今回の経験を生かしてこれからがん...
 本日(20日)の「愛媛新聞」7ページに、本校の有志6名(1年6組)の「しこちゅ~ボラ7(セブン)」としての活躍を紹介する記事が掲載されています。御覧ください。 2018年11月20日付「愛媛新聞」7ページ 許可番号「d20181120-004」   「しこちゅ~ボラ7(セブン)」とは、市のボランティア市民活動センターの「お助けスタッフ」で、イベント運営や広報の仕事を通じて地域の人たちと、出会い交流しています。   記事の一部を紹介します。 8月、同センターの呼びかけに応じて結成。一番に名乗りを上げた工藤野乃さんは、「人の役に立つことがしたかった」と理由を話す。   市民の活動などを紹介する機関誌の発行にも取り組んでいる。今月4日のサイクリング大会を取材した佐藤匠真さんは、ボランティアが飲み物を配ったり、笑顔で声援を送ったり、サイクリストの誘導をしたりする姿を見た。「おかげで安心する」と出場者が感謝する声もじかに聞き、「まだ知られていない活動も多い。どんどん紹介したい。」と意気込む。   9日は市役所を訪問。篠原実市長にボランティアについての考えを聞いた乾真由子さんは、「落ち着いて質問ができ、話もしっかり聞けた。」と手応え...
 「三島高校美術部からは、絵画1作品、デザイン6作品、立体1作品、映像1作品、イベント部門19作品の計28作品を出品しました。合評会では、他校の生徒と作品について話し合う試みが行われ、大きな刺激を受けました。次の作品制作に活かしていきたいです。」(顧問 内海先生) 美術部の皆さん、お疲れ様でした。今後の作品制作、芸術発表会を楽しみにしています。 【写真 内海先生】  
 11月9日(金)に森川恵里先生においでいただき、お話をしていただいた「人権・同和教育講演会」の紹介記事が16日(金)の「愛媛新聞」10ページに掲載されています。御覧ください。 2018年11月16日付「愛媛新聞」10ページ 許可番号「d20181119-008」 本校二年生松本琴美さんの「障害のある人を過度に特別視するのではなく、同じ人として接することが大切だと思った」という感想も掲載されています。 森川先生がお話くださったことを心にとめて、私たちにできることは何か、何をすべきかを考え、それを行動にうつしていけるようになりましょう。  
 「高文祭吹奏楽部門発表会に出場しました。今年度は全国総文祭出場の感謝の気持ちを胸に、プログラム1番を担当させていただきました。演奏曲は『オペラ座の怪人』で、昨年の『レ・ミゼラブル』に引き続き、愛がテーマのミュージカルを選曲しました。クラリネット講習会では、8人のメンバーが濱崎由紀先生から素晴らしい御指導をいただきました。今後とも、愛に溢れる音楽を奏でられるよう、練習に励んでいきます。」(顧問 岡﨑先生)     吹奏楽部の皆さん、お疲れ様でした。今後のさらなる活躍、すばらしい演奏を楽しみにしています。 【写真 岡﨑先生】
11月18日(日)、「平成30年度菱門同窓会関東支部総会」が東京都の學士會館にて開催されました。   平成24年度に卒業した若い方の参加もあり、参加者が50名を超え、同窓会員の方々もとても喜ばれ、楽しく意義ある総会となりました。 詳細は、本HPの「菱門同窓会」のフォルダを御覧ください。 【菱門同窓会事務局】
 本年度の「愛媛県高等学校総合文化祭」では、書道部門において2年生の福田真子さん、鈴木日菜さんが優秀賞を受賞しました。福田さん、鈴木さんは、来年度の全国高等学校総合文化祭佐賀大会へ出場が決まりました。おめでとうございます!   福田さんの作品           鈴木さんの作品    「全国大会に向けて、県大会での課題を克服し、さらに質の高い作品制作ができるよう頑張ります。」(顧問 福本温子先生) 福田さん、鈴木さん全国大会への出場おめでとうございます。さらなる高みを目指して日々がんばってください! 【写真 福本温子先生】
 18日(日)、「第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会愛媛県代表決定戦」が愛媛県総合運動公園で行われ、本校男女バレーボール部が出場しました。 <試合結果> [男子] (一回戦)  三島 2-0 松山中央    25-18・25-16 (二回戦)  三島 0-2 新田    15-25・24-26 ベスト8 「一回戦の松山中央戦は硬さもあったが、三島のペースで試合を進め、勝利できました。二回戦は第一シード校の新田高校に臨み、2セット目は接戦まで持ち込みましたが、最後は力で押し切られました。これから新人戦に向けて頑張っていきたい。応援に来て下さった保護者の方々や皆様ありがとうございました。」(顧問 児玉先生) [女子] (一回戦)  三島 0-2 聖カタリナ    「今回の反省を生かし、気持ちをしっかり切り換え、新人戦に向けて頑張ります。」(顧問 小原先生)   バレーボール部の皆さん、お疲れ様でした。今回の試合で学んだ多くのことを新人戦に生かしてください!さらなる活躍を楽しみにしています。  
11月17日(土)、18日(日)、愛媛県武道館において「第1回四国高等学校柔道新人大会」が行われ、本校柔道部男女が出場しました。 [団体戦] (男子) 予選リ-グ2位 上位リ-グ進出ならず (女子) 予選リ-グ2位 上位リ-グ  1引き分け1敗 [個人戦] (男子) 優勝   臼杵 太辰 2位    鳥海      駿 (女子) 3位    中尾 真菜 「日々の練習の成果もあり、実力はついてきているものの、まだまだ課題がたくさんあるので全国選手権予選までの日々を大切にしてチ-ム一丸となって取り組んでいきます。二日間応援に来ていただいた保護者の方々、先輩、中学生の皆さんありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。」(顧問  尾﨑先生)   柔道部の皆さんお疲れ様でした。臼杵選手、鳥海選手、中尾選手おめでとうございます。 この大会で学んだことを選手権予選に生かして、全国大会出場を果たせるよう頑張って下さい!