H30三島高校日記

自然科学部 日本学生科学賞県大会「優秀賞」受賞

 11月15日(木)、愛媛文教会館(松山市)で、読売新聞社主催「第62回日本学生科学賞」愛媛県大会の表彰式があり、本校自然科学部は『優秀賞』を受賞しました。

写真は、手前左から順に、守谷宙士〈2〉、宮崎玲央〈2 部長〉、西嶋隆司郎〈2〉、奥左から順に、池北真凛〈1〉、藤原道夫〈2〉、松木紘汰〈2〉、星川蓮太郎〈1〉です。(〈 〉内は学年)


本校の研究主題は『逆回転輪ゴムの発射点復帰運動』でした。

手鉄砲で発射した輪ゴムが、逆回転(バックスピン)をしているために、着地後、足下まで戻ってくる、そのような発射のしかたがあります。
どのような条件を満たせば、輪ゴムが強く逆回転し、発射点の方へ戻るのか。また、どのような機構で輪ゴムは逆回転をするのか。それらの疑問の解明を目的として研究しました。

身近な輪ゴムを用いた、誰にでもできる手鉄砲ですが、調べてみると、とても興味深い現象でした。
逆回転の条件や機構は、これまで未解明だったようであり、部員にとって大変やりがいのある、楽しい実験となりました。

次の写真は、研究論文の中のものです。発射した輪ゴムが、机上を戻ってきています。

 

 

この研究内容は、来年1月の本校の行事「芸術発表会」において、展示・発表する予定です。

今後も、こつこつと研究活動を続けていきたいと考えています。

自然科学部からの御報告でした。

アクティブラーニングによる研究授業

 本日(15日)、6限目にアクティブラーニングによる研究授業が行われました。谷脇 翔先生の数学Aの授業(「第3章 整数の性質」余りの計算と余りによる整数の分類)において、問題を解きながら、解いた問題の解法についての話し合いが行われ、生徒の主体的な活動が実践されました。

 

 一問一問を丁寧に解きながら、対話による解法の確認が行われ、個々の生徒が問題の理解に努めることができました。

 

出前授業 「子どもの発達と保育」絵本の読み聞かせ

 11月14日(水)305HR、306HRの選択授業「子どもの発達と保育」において、河原医療福祉専門学校こども未来科より稲葉先生においでいただき出前授業をしていただきました。

「絵本の読み聞かせ」について教えていただいた後、実際に読み聞かせを行いました。

絵本の持ち方やページのめくり方、下読みの大切さなど技術的なことや読み聞かせのコツなどを丁寧に教えていただきました。最後にビッグブック(大型絵本)の紹介もしていただきました。

教えていただいたことを今後の学生生活や社会生活の中でいかしていきたいと思います。

【写真 伊藤先生】

アジアカデサ-キット大会(フェンシング)

 11月9日(金)、10日(土)に台湾で行われた「アジアカデサ-キット大会」に本校フェンシング部の石川せと選手、高橋ひかり選手が出場しました。世界の舞台で、石川選手はベスト16、高橋選手はベスト21入りを果たしました!

写真右 石川せと選手

「初めての海外遠征で緊張したけど、試合では自分のプレーが落ち着いてできました。ベスト8に入りたかったので、負けた時は悔しかったのですが、とてもいい経験になりました。この経験を生かして、1月のJOCや3月の選抜大会につなげられるように、1分1秒を大切にしてがんばります。」(石川選手)

写真左 高橋ひかり選手 

「初めての海外遠征でとても緊張し、自分の納得のいく結果ではありませんでしたが、多くのことを学ぶことができ、自分にとってよい経験となりました。これから選抜大会、インターハイに向けて自分の練習に一生懸命取り組み、応援して下さっている方々に結果で恩返ししていきます。」(高橋選手)

 

 海外での貴重な経験を今後の練習、試合で生かし、その成果を発揮して下さい!活躍を楽しみにしています。 

 

 

学校保健委員会

本日(14日)の放課後、学校医・学校眼科医・学校歯科医・学校薬剤師の先生方、関係機関代表、PTA役員の方々においでいただき、教職員代表者、生徒保健委員会代表者で組織する「学校保健委員会」が行われました。

 

出席者の自己紹介の後、学校保健・学校安全の目標及び年間計画を保健環境課長髙津先生が説明しました。

そして学校保健の現状についての説明を養護教諭(保健主事)岡田先生が説明をしました。内容は保健室の利用状況や学校生活や部活などで起こる負傷の発生状況、保健調査などでした。

 

生徒保健委員会の発表ではAEDの定期点検やウォータークーラーの水質調査、学校行事の際の催しなど日々行われている生徒保健委員会の活動内容について発表されました。

研究協議では教室の照度について協議がされ、有意義な意見交換の場となりました。

最期に学校医、学校歯科医、学校薬剤師の方々からインフルエンザの予防についてや歯の定期的な受診についての助言をいただき、普段から日々行っている生徒保健委員会の活動についてお褒めの言葉をいただきました。生徒たちもこういった機会を通して学校の環境について考えるきっかけになればと思います。出席していただいた先生方、学校関係者の方々ありがとうございました。

【写真・文 小田先生】