H30三島高校日記

文化祭

 

本日は文化祭が行われました。多くの方においでいただき、各HR、委員会、部活動等が協力し、活気あふれるすばらしい文化祭となりました。本年度のテーマは「みしまらぶ~僕の私の三高祭~」でした。今日1日でより学校を好きになった人が多いことと思います。皆さんの生き生きと活動する様子を写真で紹介します。

<開会行事>

(生徒会長あいさつ)

「文化祭の準備お疲れ様でした。スローガンのように高校生らしい文化祭にしましょう。」

(校長先生あいさつ)

「皆さんの熱い思いが届き、雨もあがり、天気も回復するようです。今年のスローガンは良いテーマです。文化活動等を通じて三高をより盛り上げてください。多くの所へ顔を出して普段を違うことを楽しんでください。」

 

<ステージ発表>

(司会 放送部)

(音楽部)

(吹奏楽部)

(幕間PRその1)

(107「107オールスター感謝祭」)

 

(206「〇〇やってみたヨ」)

(ダンス部「Bring a Smile through our dance」)

(幕間PRその2)

(書道部 Syodo performance)

<文化部・委員会・HR・有志バンド>

(106 「縁日 ときどきDAGASHI」)

(104「魅せるアート」)

(人権委員会)北海道の被災地への募金活動も行われました!

(102「OKASHIYA」)

(101「モザイクアート」)

(201「よろず屋あられちゃん」)

(202「愛情たっぷりくちびるジュース」)

(華道部「私たちの秋」)

(食物部&家庭クラブ)手作りクッキーは今年も大盛況でした!

(放送部「アフレコ体験」)

(図書委員会「ビブリオバトル」)

(自然科学部)

(307「悪夢のピエロ」)

(207 「先生博物館」)

(書道作品)

(美術部)

(204「皆大チュキ チュロス村」)

(保健委員会 献血)

(103「フランクフルト」)

(105「やきそば」)

(五色そうめんキッチンカー)西日本豪雨被災地への「五色そうめん募金」が行われました!

(205「脱出ゲーム」)

(203「アンパンマン工場」)

 

(2年学年団「修学旅行の思い出」)

(有志バンド「ONE OK DOG」)

(茶道部「お茶会」)

 

<閉会行事>

(各賞発表)

[ポスター賞]207

[校長賞]104

 

【写真 篠﨑先生、土居先生】

 

開校記念講演

 本校の卒業生である棋士七段、森信雄先生が、ご自身の将棋人生と、弟子や子供たちの指導についての思いをお話しくださいました。


 ご自身は将棋が好きという思いで、その魅力に惹かれて将棋を続けられたこと、プロの世界で強くなるためには教えることはマイナスになるが、子供教室では、まず好きになってほしい思いで指導されていることを始めとして、数々のエピソードを交えてお話し下さいました。

 森先生が、指導される上で大切だと考えられているのは、「ずっと続けられるか」ということ。プロになれないことがほとんどであるが、プロになれるか、なれないかが問題ではなく、プロを目指すこと、自分のベストを尽くして向き合うことが大切であるとおっしゃいました。 負けることは何でもない、負けを味わうことで、次のエネルギーが生まれる。自分の選んだ道を最後まで体験することが大切なのだと、「続ける」ことの重要性を繰り返しお話し下さいました。端々に将棋と弟子たちへの愛情があふれたお話しの後、大切な相棒のヨウムのキンタローや、うさぎ、雲などご趣味の写真を見せて下さり、講演を終えられました。

 【写真 篠﨑先生 文 菱門同窓会事務局】

柔道東予新人大会個人戦結果

本日、柔道東予新人大会個人戦が行われました。

〈試合結果〉

 (優勝)

陶山泰雅     臼杵太辰   

寺尾   拳      鳥海   駿

中尾真菜    鈴木緋乃

(2位)

加地萌々佳

(3位)

越智史弥   近泉洸太

高橋治貴    

近藤   明

 

 

 

「県大会、四国大会に向けて明らかになった課題にしっかり取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします。二日間応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。」(顧問  尾﨑先生)

 

柔道部の皆さん、おめでとうございます!県大会、四国大会に向けて、さらなる高みを目指して頑張って下さい!

【写真提供  尾﨑先生】

柔道東予新人大会団体戦男女優勝

本日、柔道東予新人大会団体戦が行われ、男女とも優勝しました。

おめでとうございます!

明日は個人戦が行われます。自己ベストの結果が出せるよう頑張って下さい。

【写真提供   尾﨑先生】

全校朝礼(国体壮行会・アジア大会壮行会)

 本日の全校朝礼は、「国民体育大会」、「フェンシングアジア大会」の壮行会が行われました。

<選手紹介>

(国民体育大会)

[フェンシング部]9月30日(日)~10月3日(水) 越前市AWーIスポーツアリーナ(福井県越前市)

 登尾奈友  高橋真明子  種田悠希

[自転車競技]9月25日(火)~28日(金) 福井競輪場(福井県福井市)

 林 昌幸

(アジアカデサーキット大会)

[フェンシング部] 11月9日(金)、10日(土) 台湾

 石川せと  高橋ひかり

<校長先生あいさつ>

「国民体育大会、アジア大会に出場する六名の皆さん、出場おめでとう。四月の始業式でメジャーリーガーのイチロー選手の言葉を紹介したと思います。『僕は高校時代、一日たった10分、必ず素振りをしました。それを365日、3年間続けました。これが誰よりもやっていたことです。』まさに皆さんは、地道な努力を精一杯してきた結果、素晴らしい栄冠を手に入れました。まずは個人として、また学校の看板を背負い、愛媛の代表、日本の代表として戦うことになります。大きな看板を背負うことは大きなプレッシャーともなりますが、大きな大会に出場できることを誇りに自信を持ってがんばってきてください。三島高校全体で応援しています。」と選手を激励されました。

<生徒会長激励のことば>

生徒を代表して加地生徒会長が、「国体、そしてアジア大会出場おめでとうございます。代表としての誇りを胸に自信を持って精一杯戦ってきてください。」と応援のメッセージを語った後、

「いつもならここで終わるのですが、今回は全校生徒皆でエールを送りたいと思います。ゆずの『歌エール』を歌ってエールします。皆さん、一緒に歌ってください。」と全校生徒に呼びかけました。

 LALALA...心からlala

 あなたにエールを 歌ういつの日も

 LALALA...ここからLALALA

 届け ぼくらの声

 全員で手拍子とともに歌い、選手の皆さんを激励しました。

<選手代表御礼のことば>

選手を代表し、フェンシング部登尾奈友選手が、「今日は私たちのためにこのような会を開いて下さりありがとうございます。学校、県、四国、全国の代表として悔いのない試合をしてきます。また私たち三年生は福本かな先生と挑む最後の団体戦となるので、精一杯戦ってきます。」と試合に向けての意気込み、そして支え育てて下さった顧問の先生へ向けての感謝の言葉を述べました。

六名の選手の皆さん、全国、そして世界の舞台でこれまで積み上げてきた練習と努力の成果を遺憾なく発揮し、戦ってきて下さい。私たち皆で、皆さんの活躍を応援しています。がんばってきてください!

【写真 篠﨑先生】