H31三島高校日記

県総体地区予選日程

 今週末より、県総体地区予選が始まります。各部の皆さん、県総体への出場を目指してがんばってください!日程をお知らせします。

 

[陸上競技] 5月1日(水)・2日(木)・3日(金)  西条ひうち陸上競技場

[バスケットボール] 4月27日(土)・28日(日)  今治工業高校(男子)、今治北高校(女子)

[バレーボール] 4月27日(土)・28日(日)    西条高校(男子)、小松高校(女子)

                                                                                             ※本校男子バレーボール部はシードのため試合免除

[バドミントン] 4月28日(日)・29日(月)    新居浜市民体育館(28日)山根総合体育館(29日)

[卓球] 4月27日(土)・28日(日)        西条市総合体育館

[ソフトテニス] 4月27日(土)・28日(日)    今治スポーツパーク

[サッカー]  4月27日(土)・28日(日)     今治市営スポーツパーク、桜井ふれあいサッカー場

[ラグビー]  4月29日(月)           スカイフィールド富郷

[柔道]    4月27日(土)・28日(日)     川之江体育館

[剣道]    4月28日(日)           今治南高校

[創作ダンス] 4月28日(日)           新居浜東高校 

 

書道部「えひめさんさん物語」オープニングイベントにおいて書道パフォーマンスを披露

 20日(土)、東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」のオープニングイベントが新居浜市山根公園において行われ、本校書道部が川之江高校書道部の皆さんとともにすばらしい書道パフォーマンスを披露しました。

 「川之江高校書道部との合同チーム(本校部員6名、川之江高校2名)でパフォーマンスを行いました。互いに良い刺激を受けながら、楽しく本番を迎えることができました。今後も、四国中央市への感謝の気持ちを忘れず精進します。」(顧問 福本温子先生)

【写真 福本温子先生】

明日(4月20日)「えひめさんさん物語」オープニングイベントにて書道パフォーマンスを披露(書道部)

 明日(4月20日)より11月24日まで、東予東部圏域振興イベント(新居浜市・西条市・四国中央市)「えひめさんさん物語」が開催されます。明日(20日)は新居浜市山根公園においてオープニングイベントが開催され、本校書道部が書道パフォーマンスを披露します。足をお運びの際はぜひ御覧ください。

 本校書道部は、12:45~「さんさん都3市PRタイム」のコーナーにおいて川之江高校書道部の皆さんとコラボし、書道パフォーマンスを行います!

 明日のオープニングイベントやゴールデンウイークの期間中等、3つの市(新居浜市・西条市・四国中央市)においてさまざまなイベントが行われます。イベントの詳しい情報は「えひめさんさん物語」のHPで御確認ください。

 書道部の皆さん、明日のパフォーマンスがんばってください!

 

全校朝礼(教育支援課長講話)

 今朝(19日)の全校朝礼は、今年度赴任された教育支援課長桑原恵子先生がお話をしてくださいました。

 桑原先生は最初に、「三島高校に赴任するのは2回目です。久しぶりにJR通勤をすることになりましたが、駅の周辺は変わりましたが、三島高校は昔と変わっていないなあという印象を受けます。朝のあいさつもできる礼儀正しい所は当時と変わっていないなあと思います。先輩方が努力して築いてきた落ち着いた校風を受け継いでほしいと思います。」と本校に赴任されての思いを話されました。

 次に、「今日はカウンセリングで用いられている『リフレーミング』について話をします。」と言われ、「リフレーミング」について話してくださいました。

 「『リフレーミング』の『リ』は再びという意味があり、『フレーミング』とは枠組みを作るという意味です。つまり『リフレーミング』とは『見方を変える』ということです。例えば、怒りっぽい人がいたとして、リフレーミングすると、何事にも腹が立つのは、一生懸命取り組んでいる証拠だということになります。また、頑固で付き合いづらい人がいたとして、リフレーミングすると、あの人は意志が強い人だ。自分も見習いたい、となります。失敗して、自分はダメだと落ち込んでいる人をリフレーミングすると、失敗は成功するために通らなければならない。自分を成長させるためにある、となります。リフレーミングはネガティブ(否定的)な考え方をポジティブ(肯定的)にとらえることで、人を受け入れやすく、また自分が楽になります。新年度、新しい人と出会いますが、リフレーミングを取り入れて、よい人間関係を作ってください。」と、「見方を変える」ことの大切さについて話された後、最後に「教育相談室」の利用について説明してくださいました。

 

 新学期、環境が変わり、不安を抱えている人もいることと思います。桑原先生が話してくださったように、物事の見方を変えたり、誰かに話すことで、その不安がやわらぎ、元気が出たり、ポジティブに物事を考え、意欲的に行動できるようになります。リフレーミングを取り入れて、充実した学校生活が送れるよう、頑張っていきましょう!

【写真 篠﨑先生】

 

美術部「えひめさんさん物語 アーティスト in ファクトリー」への参加

 現在、本校美術部は、東予東部圏域振興イベント「えひめさんさん物語」で、アーティストが一定期間地域に滞在し作品の制作を行う「アーティスト in ファクトリー」に、舞台美術を中心に活躍するアーティスト、カミイケタクヤさんとともに参加させていただいています。
 作品展示場所は、10年前にも本校美術部が巨大な「空飛ぶクジラ」を描かせていただいた一柳こんにゃく店です。

 1 0年の時を経て、カミイケさんとともにつくる空飛ぶクジラの続きの物語絵本や、リアルなこんにゃくの花のオブジェ、商品のパッケージデザインなど、5月5日(日)の発表に向けてたくさんの作品制作に取り組んでいます。今後も「えひめさんさん物語」公式HPや、公式SNSにも情報がアップされる予定です。ぜひご覧ください。

 

【文・写真 内海先生】