H30三島高校日記

冬季補習終了

 本日で冬季補習が終了しました。明日から冬休みです。年末年始、この一年を振り返るとともに、新たな年に向けての目標をしっかり立て、勉強や部活動、自己の進路目標実現のために日々取り組んでいきましょう。また、日ごろできなかった家の手伝いや家族との団らんなどを行い、充実した休みにしてください。三学期は来年1月8日からです。体調を整え、平成最後の三学期のスタートがきちんとできるようにしましょう!

今年も多くの方々にHPを御覧いただきありがとうございました。三島の地を離れても、見て下さっている卒業生の方も多く、本当にうれしかったです、来年度も皆さんに充実した「三島高校」の様子をお伝えできるようにがんばります。来年もよろしくお願いいたします。

 

「しこちゅ~ボラ7(セブン)」新聞で紹介

 25日(火)の「愛媛新聞」に本校の有志6名でつくる「しこちゅ~ボラ7(セブン)」が取材、執筆した「ボラ7通信」の創刊を紹介する記事が掲載されています。御覧ください。

2018年12月25日付「愛媛新聞」許可番号「d20181226-001」

記事の一部を紹介します。

高校生の視点を取り入れ、市内各地の活動やインタビュー記事を掲載。今後も定期で発行する予定だ。

8月に結成した「ボラ7」は四国中央市ボランティア市民活動センターの活動をサポートしている。機関紙はA4版4ページで約4千部。市内各地に回覧板用として配布するほか、公民館などに置く。

創刊号でメンバーは特別企画として篠原実市長にインタビュー。「興味のあるボランティアはたばこなどのごみ拾い」といった話や「情熱を持ち続けることが大切」という篠原市長のメッセージを載せた。

サイクリング大会や子育てフェスタに参加したボランティアの話なども紹介。副編集長の井川亮さんは「『自分で考えて行動することが大事』という言葉が印象に残った」とし、紙面には吹き出しを付けて盛り込んだ。

編集長の工藤野乃さんは「取材を通してボランティアの良さを改めて感じた」と声を弾ませた。

 

「しこちゅ~ボラ7」の皆さんの今後の活動を楽しみにしています。また、ここからさらにボランティアの輪が広がり、四国中央市がもっともっと魅力ある町になったらと思います。機会を見つけてボランティア活動に参加しましょう。

 

餅つきボランティア(ラグビー部)

12月23日(日)に三島公民館において行われた、「子ども食堂餅つきボランティア」に本校ラグビー部が参加しました。


初めて餅つきをする生徒ばかりで、初めは戸惑っていましたが、地域の人々と交流しながら楽しく活動することができました。
うどんやつきたてのお餅を頂き、今後の練習の活力になりました。

【写真・文 源代先生】

 

測量体験会

 本日(12月25日)井原工業株式会社様のご厚意により、「測量体験会」が行われました。本校からは2年生9人の生徒が参加しました。
前半は教室で高架橋や、道路が完成するまでにどのような職業の人達が関わっているのかなどを説明して下さいました。後半は、外に出てトランシット(光波)とレベルと呼ばれる2つの測量機器を実際に使い測量を行いました。

 建設現場などで良く目にする装置の仕組みをやさしく丁寧に説明して下さり楽しく実習をすることができました。
土木建築や建設などに興味のある生徒たちに取って進路を選択するための良い経験になったと思います。

【写真 篠原先生 文 土居先生】

第42回全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選

 12月23日(日)、「第42回全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選」が四国中央市土居文化会館ユーホールで開催され、吹奏楽部から9グループが出場しました。

・打楽器5重奏 金賞
(グラステイル作曲「エクリプス・ルチア」)

 

・ユーフォニアム・テューバ4重奏 銀賞
(広瀬勇人作曲「アクロポリス」)

・金管8重奏 金賞・代表
(真島俊夫作曲「ジャスト・スパークリング・タイム」)

・金管4重奏 銀賞
(石毛里佳作曲「ブループリント」)

・サクソフォーン4重奏 銀賞
(サンジュレー作曲「四重奏曲」)

・クラリネット4重奏A 金賞
(ヒケティック作曲「スリー・ラテン・ダンス))

・クラリネット4重奏B 金賞
(デュファイ作曲「オーディションのための六つの小品)

・木管3重奏A 金賞・代表
(エマニュエル・バッハ作曲「トリオソナタ 八長調」)

・木管3重奏B 銀賞
(片岡寛晶作曲「ある素敵な日に」)

金管8重奏と木管3重奏Aが来年1月20日(日)に松山市民会館で開催される県大会に出場することになりました。御指導いただき、ありがとうございました。
 これで今年の演奏は全て終わりました。演奏の機会をたくさんいただき、行く先々であたたかい御声援をいただくことができ、本当にありがとうございました。本年中の御支援に心よりお礼申し上げますとともに、来年も変わらぬ御声援をよろしくお願いいたします。

【写真 篠﨑先生 文 岡﨑先生】