H30三島高校日記

出張講義(二年生)

 本日(20日)の二年生普通科「総合的な学習~くすのき~」は大学より先生方においでいただき、「出張講義」をしていただきました。

<文学「女性の生き方への提言」>          <心理学「道に迷わないための心理学」>

<外国語・国際関係学「英語と日本語」>      <経済学「医療の経済学」>

法学高校生と契約の関係~親のハンコが必要なワケ~」> <工学(機械・電気・電子)「機械系および電気・電子系分野の学びと将来の進路」>

<工学(建築・土木)「建築と環境」>      <教育学「理科の教育・理科の研究」>

<保育・幼児教育学「体力の向上」>        <看護学「現代看護の問題&包帯を巻いてみよう」>

<理学療法学「理学療法士について」>

それぞれの専門分野について具体的にお話をしていただき、大学・短大での授業の内容や、資格取得について、また学校生活などについて理解することができました。今後、進路選択をしていく際に、今日教えていただいたことを役立てていきたいと思います。

【写真 土居先生】

弁論大会(一年生)

 本日(20日)の7限目、一年生は「弁論大会」を行いました。各HRから班別発表、HR発表を経て、各HRから代表に選ばれた七名が全体発表を行いました。「高校生からのメッセージ」をテーマに自己と真剣に向き合い、将来に向けてどう乗り越え、これから学んだことをどう生かしていくのかを体験を交えて堂々と、立派に発表しました。

 「今とこれから」                「家族への感謝状」  

 「医療ボランティアから学んだこと」       「私と書道」

 「好きな教科」                 「守るべきもの」

 「瞬き」

 発表者も、聴く人も、それぞれが再度、自分に向けて心の中で問いかけ、これからどう歩んでいくべきかについて考えることができたと思います。すばらしい発表であり、聴く人の態度もよかったです。

 

学年主任児玉先生が「いい発表でした。司会の人、聴衆の人も皆よかったです。人の話をしっかり聞ける事は大切なことです。来年、二年生では課題研究発表会を行います。来年につながるようにがんばりましょう。」と講評されました。

 

皆が成長できた時間となりました。今回の経験を生かしてこれからがんばりましょう!

【写真 篠﨑先生】

「しこちゅ~ボラ7(セブン)」新聞で紹介

 本日(20日)の「愛媛新聞」7ページに、本校の有志6名(1年6組)の「しこちゅ~ボラ7(セブン)」としての活躍を紹介する記事が掲載されています。御覧ください。

2018年11月20日付「愛媛新聞」7ページ 許可番号「d20181120-004」

 

「しこちゅ~ボラ7(セブン)」とは、市のボランティア市民活動センターの「お助けスタッフ」で、イベント運営や広報の仕事を通じて地域の人たちと、出会い交流しています。

 

記事の一部を紹介します。

8月、同センターの呼びかけに応じて結成。一番に名乗りを上げた工藤野乃さんは、「人の役に立つことがしたかった」と理由を話す。

 

市民の活動などを紹介する機関誌の発行にも取り組んでいる。今月4日のサイクリング大会を取材した佐藤匠真さんは、ボランティアが飲み物を配ったり、笑顔で声援を送ったり、サイクリストの誘導をしたりする姿を見た。「おかげで安心する」と出場者が感謝する声もじかに聞き、「まだ知られていない活動も多い。どんどん紹介したい。」と意気込む。

 

9日は市役所を訪問。篠原実市長にボランティアについての考えを聞いた乾真由子さんは、「落ち着いて質問ができ、話もしっかり聞けた。」と手応えを示す。7月の西日本豪雨の復興支援で大洲市に行った人の話にも耳を傾けた。

 

活動日には内容とともに反省点や次の目標などを記録し、スキルアップを図る。全員クラスメートという利点もあり、学校でも休み時間に感想を言い合うなどしているという。

 

井川亮さんは、「みんなと一つのことをするのが楽しい」と充実感をみせる。

 

今後も活動範囲を広げていく方針。河村駿典さんは、「ボランティアを必要とする人と、したい人の仲介役を果たしたい。」。

 

大広薫子さんは、「経験がない人もボランティアに参加できるようにお手伝いしたい。」と目を輝かせる。  

 

「しこちゅ~ボラ7」の皆さん、がんばってください!ボランティア活動の輪がどんどん広がり、よりよい四国中央市となるように私たちもできることをどんどん協力していきたいです。

高文祭美術部

 「三島高校美術部からは、絵画1作品、デザイン6作品、立体1作品、映像1作品、イベント部門19作品の計28作品を出品しました。合評会では、他校の生徒と作品について話し合う試みが行われ、大きな刺激を受けました。次の作品制作に活かしていきたいです。」(顧問 内海先生)

美術部の皆さん、お疲れ様でした。今後の作品制作、芸術発表会を楽しみにしています。

【写真 内海先生】

 

人権・同和教育講演会 新聞で紹介

 11月9日(金)に森川恵里先生においでいただき、お話をしていただいた「人権・同和教育講演会」の紹介記事が16日(金)の「愛媛新聞」10ページに掲載されています。御覧ください。

2018年11月16日付「愛媛新聞」10ページ 許可番号「d20181119-008」

本校二年生松本琴美さんの「障害のある人を過度に特別視するのではなく、同じ人として接することが大切だと思った」という感想も掲載されています。

森川先生がお話くださったことを心にとめて、私たちにできることは何か、何をすべきかを考え、それを行動にうつしていけるようになりましょう。

 

高文祭吹奏楽部

 「高文祭吹奏楽部門発表会に出場しました。今年度は全国総文祭出場の感謝の気持ちを胸に、プログラム1番を担当させていただきました。演奏曲は『オペラ座の怪人』で、昨年の『レ・ミゼラブル』に引き続き、愛がテーマのミュージカルを選曲しました。クラリネット講習会では、8人のメンバーが濱崎由紀先生から素晴らしい御指導をいただきました。
今後とも、愛に溢れる音楽を奏でられるよう、練習に励んでいきます。」(顧問 岡﨑先生)

 

 

吹奏楽部の皆さん、お疲れ様でした。今後のさらなる活躍、すばらしい演奏を楽しみにしています。

【写真 岡﨑先生】

平成30年度菱門同窓会関東支部総会

11月18日(日)、「平成30年度菱門同窓会関東支部総会」が東京都の學士會館にて開催されました。

 

平成24年度に卒業した若い方の参加もあり、参加者が50名を超え、同窓会員の方々もとても喜ばれ、楽しく意義ある総会となりました。

詳細は、本HPの「菱門同窓会」のフォルダを御覧ください。

【菱門同窓会事務局】

高文祭書道 福田さん、鈴木さん優秀賞 全国へ!

 本年度の「愛媛県高等学校総合文化祭」では、書道部門において2年生の福田真子さん、鈴木日菜さんが優秀賞を受賞しました。福田さん、鈴木さんは、来年度の全国高等学校総合文化祭佐賀大会へ出場が決まりました。おめでとうございます!

 

福田さんの作品           鈴木さんの作品   

「全国大会に向けて、県大会での課題を克服し、さらに質の高い作品制作ができるよう頑張ります。」(顧問 福本温子先生)

福田さん、鈴木さん全国大会への出場おめでとうございます。さらなる高みを目指して日々がんばってください!

【写真 福本温子先生】

春高バレー県予選結果

 18日(日)、「第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会愛媛県代表決定戦」が愛媛県総合運動公園で行われ、本校男女バレーボール部が出場しました。

<試合結果>

[男子]

(一回戦)

 三島 2-0 松山中央

   25-18・25-16

(二回戦)

 三島 0-2 新田

   15-25・24-26

ベスト8

「一回戦の松山中央戦は硬さもあったが、三島のペースで試合を進め、勝利できました。二回戦は第一シード校の新田高校に臨み、2セット目は接戦まで持ち込みましたが、最後は力で押し切られました。これから新人戦に向けて頑張っていきたい。応援に来て下さった保護者の方々や皆様ありがとうございました。」(顧問 児玉先生)

[女子]

(一回戦)

 三島 0-2 聖カタリナ

  

「今回の反省を生かし、気持ちをしっかり切り換え、新人戦に向けて頑張ります。」(顧問 小原先生)

 

バレーボール部の皆さん、お疲れ様でした。今回の試合で学んだ多くのことを新人戦に生かしてください!さらなる活躍を楽しみにしています。

 

柔道四国新人大会結果

11月17日(土)、18日(日)、愛媛県武道館において「第1回四国高等学校柔道新人大会」が行われ、本校柔道部男女が出場しました。

[団体戦]

(男子)

予選リ-グ2位

上位リ-グ進出ならず

(女子)

予選リ-グ2位

上位リ-グ  1引き分け1敗

[個人戦]

(男子)

優勝   臼杵 太辰

2位    鳥海      駿

(女子)

3位    中尾 真菜

「日々の練習の成果もあり、実力はついてきているものの、まだまだ課題がたくさんあるので全国選手権予選までの日々を大切にしてチ-ム一丸となって取り組んでいきます。二日間応援に来ていただいた保護者の方々、先輩、中学生の皆さんありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。」(顧問  尾﨑先生)

 

柔道部の皆さんお疲れ様でした。臼杵選手、鳥海選手、中尾選手おめでとうございます。

この大会で学んだことを選手権予選に生かして、全国大会出場を果たせるよう頑張って下さい!

 

吹奏楽部 愛媛県高等学校総合文化祭開会式に出演

  本日(16日)、吹奏楽部が「第32回愛媛県高等学校総合文化祭」総合開会式に出演し、演奏を披露しました。

(本校吹奏楽部の演奏)

 

(クラリネットアンサンブルの様子)

  本日(16日)から18日(金)まで、松山市「ひめぎんホール」で開催されます。

 

 パンフレットの題字は本校3年藤原愛友菜さんが揮毫しました。

吹奏楽部、美術部、書道部、放送部の皆さんが出場、参加します。日ごろの活動の成果を十分に出し切ってきてください!

【写真 篠﨑先生】

 

 

 

 

 

 

 

後期生徒会役員認証式

 

本日の全校朝礼は、後期生徒会役員の認証式が行われました。

(役員紹介)

森新生徒会長をはじめ役員が紹介されました。

(委任状授与)

校長先生から一人一人に委任状が授与されました。

(校長先生あいさつ)

「今日、ここに後期生徒会役員の皆さんを新しく承認しました。全員の協力のもと、楽しく明るい三島高校にしてください。全員で三島高校を盛り上げてください。」と、新生徒会、そして全校生徒に向けて激励されました。

(旧生徒会退任のあいさつ)

 旧生徒会を代表し加地一貴会長が、「六か月間生徒会長を務めました。ここまでこれたのは、全校生徒の皆さん、生徒会役員、先生方のおかげです。支えてくれてありがとうございました。ある時期から『歌う生徒会長』というイメージがあったかと思います。それは、生徒会顧問の源代先生が、『自分の色を出していけ。』と声をかけて下さったからです。そこから、自分が大好きな歌うことで、自分の色、新しい雰囲気を作っていくことができました。次の森生徒会長も新しい色を出して新しい生徒会の雰囲気を作って下さい。」と退任のあいさつをした後、「支えてくれた副会長の芝君、今井君、石井君と一緒に歌います。伴奏は新生徒会長の森さんにお願いします。」と、コブクロの「蕾」を披露し、感謝の気持ちを表現しました。

(新役員着任のあいさつ)

新生徒会を代表し、森由唯会長が、「今日から新しい生徒会活動が始まります。未熟な点もあるかと思いますが、一人一人の意見を拾い上げ、14人が力を合わせてすてきな学校にしていきたいと思います。学校を盛り上げるためにいはみなさんの力が必要です。みなさんと一緒に三島高校を盛り上げていきましょう。精一杯がんばりますので協力をよろしくお願いします。」とあいさつしました。

加地会長をはじめとする旧生徒会の皆さん、お疲れ様でした。私たちの代表として学校をより盛り上げるために活動してくれたこと、感謝します。森新生徒会長をはじめとする新生徒会の皆さん、これからよろしくお願いします。全校生徒でより高みを目指してがんばっていきましょう。

【写真 土居先生】

 

 

 

自然科学部 日本学生科学賞県大会「優秀賞」受賞

 11月15日(木)、愛媛文教会館(松山市)で、読売新聞社主催「第62回日本学生科学賞」愛媛県大会の表彰式があり、本校自然科学部は『優秀賞』を受賞しました。

写真は、手前左から順に、守谷宙士〈2〉、宮崎玲央〈2 部長〉、西嶋隆司郎〈2〉、奥左から順に、池北真凛〈1〉、藤原道夫〈2〉、松木紘汰〈2〉、星川蓮太郎〈1〉です。(〈 〉内は学年)


本校の研究主題は『逆回転輪ゴムの発射点復帰運動』でした。

手鉄砲で発射した輪ゴムが、逆回転(バックスピン)をしているために、着地後、足下まで戻ってくる、そのような発射のしかたがあります。
どのような条件を満たせば、輪ゴムが強く逆回転し、発射点の方へ戻るのか。また、どのような機構で輪ゴムは逆回転をするのか。それらの疑問の解明を目的として研究しました。

身近な輪ゴムを用いた、誰にでもできる手鉄砲ですが、調べてみると、とても興味深い現象でした。
逆回転の条件や機構は、これまで未解明だったようであり、部員にとって大変やりがいのある、楽しい実験となりました。

次の写真は、研究論文の中のものです。発射した輪ゴムが、机上を戻ってきています。

 

 

この研究内容は、来年1月の本校の行事「芸術発表会」において、展示・発表する予定です。

今後も、こつこつと研究活動を続けていきたいと考えています。

自然科学部からの御報告でした。

アクティブラーニングによる研究授業

 本日(15日)、6限目にアクティブラーニングによる研究授業が行われました。谷脇 翔先生の数学Aの授業(「第3章 整数の性質」余りの計算と余りによる整数の分類)において、問題を解きながら、解いた問題の解法についての話し合いが行われ、生徒の主体的な活動が実践されました。

 

 一問一問を丁寧に解きながら、対話による解法の確認が行われ、個々の生徒が問題の理解に努めることができました。

 

出前授業 「子どもの発達と保育」絵本の読み聞かせ

 11月14日(水)305HR、306HRの選択授業「子どもの発達と保育」において、河原医療福祉専門学校こども未来科より稲葉先生においでいただき出前授業をしていただきました。

「絵本の読み聞かせ」について教えていただいた後、実際に読み聞かせを行いました。

絵本の持ち方やページのめくり方、下読みの大切さなど技術的なことや読み聞かせのコツなどを丁寧に教えていただきました。最後にビッグブック(大型絵本)の紹介もしていただきました。

教えていただいたことを今後の学生生活や社会生活の中でいかしていきたいと思います。

【写真 伊藤先生】

アジアカデサ-キット大会(フェンシング)

 11月9日(金)、10日(土)に台湾で行われた「アジアカデサ-キット大会」に本校フェンシング部の石川せと選手、高橋ひかり選手が出場しました。世界の舞台で、石川選手はベスト16、高橋選手はベスト21入りを果たしました!

写真右 石川せと選手

「初めての海外遠征で緊張したけど、試合では自分のプレーが落ち着いてできました。ベスト8に入りたかったので、負けた時は悔しかったのですが、とてもいい経験になりました。この経験を生かして、1月のJOCや3月の選抜大会につなげられるように、1分1秒を大切にしてがんばります。」(石川選手)

写真左 高橋ひかり選手 

「初めての海外遠征でとても緊張し、自分の納得のいく結果ではありませんでしたが、多くのことを学ぶことができ、自分にとってよい経験となりました。これから選抜大会、インターハイに向けて自分の練習に一生懸命取り組み、応援して下さっている方々に結果で恩返ししていきます。」(高橋選手)

 

 海外での貴重な経験を今後の練習、試合で生かし、その成果を発揮して下さい!活躍を楽しみにしています。 

 

 

学校保健委員会

本日(14日)の放課後、学校医・学校眼科医・学校歯科医・学校薬剤師の先生方、関係機関代表、PTA役員の方々においでいただき、教職員代表者、生徒保健委員会代表者で組織する「学校保健委員会」が行われました。

 

出席者の自己紹介の後、学校保健・学校安全の目標及び年間計画を保健環境課長髙津先生が説明しました。

そして学校保健の現状についての説明を養護教諭(保健主事)岡田先生が説明をしました。内容は保健室の利用状況や学校生活や部活などで起こる負傷の発生状況、保健調査などでした。

 

生徒保健委員会の発表ではAEDの定期点検やウォータークーラーの水質調査、学校行事の際の催しなど日々行われている生徒保健委員会の活動内容について発表されました。

研究協議では教室の照度について協議がされ、有意義な意見交換の場となりました。

最期に学校医、学校歯科医、学校薬剤師の方々からインフルエンザの予防についてや歯の定期的な受診についての助言をいただき、普段から日々行っている生徒保健委員会の活動についてお褒めの言葉をいただきました。生徒たちもこういった機会を通して学校の環境について考えるきっかけになればと思います。出席していただいた先生方、学校関係者の方々ありがとうございました。

【写真・文 小田先生】

「税の作文」発表会

 11月13日(火)、土居文化会館ユーホールにおいて「第20回チャリティー講演会」が行われました。市内高校生の作文発表において、本校1年石川とわさんが作文の朗読をしました。とわさんの作文は「税に関する作文」で三島税務署署長賞を受賞しました。

石川さん、おめでとうございます。石川さんの作文は「法人会会報」、「四国中央市市報1月号」に掲載される予定です。皆さん、ごらんください。

【写真 三木先生】

 

課題研究発表会

本日の7限目、普通科二年生の「総合的な学習の時間~くすのき~」は「課題研究発表会」が行われました。HR発表をへて、各HRの代表となった6グループの発表が行われました。

 

「地元の商店街について」

 

「核融合炉~ドラえもんの謎の機関~」

 

「すくーる美術館」

 

「愛媛の観光地」

 

「いろいろな食」

 

「反抗期と向き合う」

各研究テーマに沿った、創意工夫がなされたすばらしい発表でした。

この研究発表や体験で得たことを今後の学習活動に生かしていきたいと思います。

【写真 土居先生】

 

ラグビー部 新聞で紹介

 本日(13日)の「愛媛新聞」27ページに本校ラグビー部の準決勝での活躍の様子と紹介記事、トライを決める髙橋真洋選手の写真が掲載されています。御覧ください。

2018年11月13日付「愛媛新聞」27ページ 許可番号「d20181113-001」

記事の一部を紹介します。

 三島が着実にトライを重ねて逆転勝ちした。三島は0-7の前半15分、宮崎のトライと定岡のゴールで追い付くと、その後も果敢に攻撃を仕掛け、高橋真洋が3トライを奪って引き離した。

 前半終盤に三つ目のトライを奪い、勢いに乗った三島が逃げ切った。「県立高は死んでいない。三島は強いんだ」。チームの思いを込めた積極的な攻守が、昨年優勝校の松山聖陵を退けた。

 前半終了間際、自陣からパスとランでつないでトライを奪った。通常であればタッチキックで前半を終えるところで意欲的に畳み掛けた攻撃は、試合の流れを大きく引き寄せた。トライを決めたFB高橋真洋は「必死だった」と振り返った。

 粘りの守備も光った。主将山瀬が主導し、要の相手主将にプレッシャーをかけてミスを誘った。バックスが踏ん張り、抜かれそうになっても守り切った。野本監督は「よく止めてくれた。練習の成果が出せた」と称賛を惜しまなかった。

 決勝への意気込みは並大抵ではない。「私立校が強いイメージがあると思うが、その考えを覆して三島が強いことを知らしめたい」と力強く話す山瀬。5年ぶりの花園へ、大一番に挑む。

 

 決勝戦は、11月23日(金)午後2時5分から県総合運動公園球技場で行われます。

 花園まであと1勝!ラグビー部の皆さん、是非とも花園出場という栄光をつかんでください。応援しています!

 

期日前投票

本日、放課後(15時30分~17時30分)本校会議室に「第19回愛媛県知事選挙」の期日前投票所が設置され、選挙権年齢(18歳)に達した生徒と教職員等が投票しました。

選挙管理委員の方々から丁寧な説明をしていただき、選挙を終えることができました。

 

 

「税に関する作文」表彰式

本日(12日)、校長室において伊予三島税務署長様においでいただき「税に関する作文」の表彰式が行われました。

(税務署長賞)

 石川 とわ

(租税教育推進協議会会長賞)

 三好 杏果

石川さん、三好さん、受賞おめでとうございます。

石川とわさんは、明日(13日)土居文化会館(ユーホール)において行われる「税の作文」発表会に出席し、作文の朗読を行います。

作文を書くことで、私たちの生活をよりよくするための「税金」についての知識、理解を深めることができたと思います。これからも社会の制度や私たちの暮らしに必要な知識を学んでいきましょう。

【写真 安藤教頭先生】

おもしろ科学コンテスト

 10日(土)、「平成30年度おもしろ科学コンテスト」が愛媛大学工学部、愛大ミューズで行われ、県予選を勝ち抜いた本校を含む県内12校が参加しました。

 

本校からは8名(西嶋隆司郎、井川聖也、加地涼真、薦田奈々子、鈴木翔太、田淵祥大、藤原風歌、守屋太斗)が参加し、数学、物理、化学、生物、地学、情報の6分野の問題をそれぞれ1時間で解き、順位を競いました。

(化学)

(生物)

(数学)

(地学)

(情報)

(物理)

本校は「アドバンスド・サイエンス賞」を受賞しました!

おめでとうございます!

帰り、石鎚パーキングで休憩。クリスマスイルミネーションが点灯していました。充実感とともにほっとひと息。

 

「主体的で対話的な深い学びができた1日でした。普段経験できない高度な実験や学びができました。」(近藤先生)

この貴重な経験を今後の学習に生かし、さらなる高みを目指してがんばって下さい。お疲れ様でした。

【写真 近藤先生】

ラグビー準決勝 勝利!決勝へ

本日(11日)、愛媛県総合運動公園球技場において、「第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会愛媛県予選」準決勝が行われ、本校ラグビー部が見事勝利しました!

[試合結果]

三島 26対14 松山聖陵

前半 19対7

後半 7対7

ラグビー部の皆さん、決勝進出おめでとうございます!素晴らしい勝利です!

花園目指して頑張って下さい!

【写真  白石前校長先生】

書道部マルシェでパフォーマンス

本日(11日)、伊予三島運動公園芝生広場において「Love  Shikochu  Love Earth ラブシコチュ-  ラブア-ス」(体験型マルシェ)が開催され、本校書道部が書道パフォーマンスを披露しました。

大にぎわいの会場。ステージ前で大勢の方々に軽快な音楽にあわせ、力強い筆の運びとパフォーマンスを披露しました。

意気込みを語る、福田部長。

 

 

会場内は拍手の音が鳴り響きました。

終了後は、皆さんに実際に大きな筆でパフォーマンスを楽しんでいただくワ-クショップを行いました。

会場内に飾れたパフォーマンス作品

晴天の下、多くの方に御覧いただき、書道部の皆さんにとっても大きな励みになったことと思います。今後のさらなる活躍を楽しみにしています。お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

吹奏楽部「太陽の家フェスティバル」に参加

   本日(11日)、吹奏楽部が四国中央市「太陽の家」の『太陽の家フェスティバル』に参加しました。

ディープパープルメドレー、崖の上のポニョ、ドラえもん、Love so sweet、サンサンたいそう、を演奏しました。

楽器体験では、施設利用者の方々といっしょにドラえもんを演奏しました。また、サンサンたいそうでは、一緒に体操し、楽しい時間を過ごすことができました。

 演奏会後、部員たちは模擬店のスタッフを担当しました。太陽の家を御利用の方やその御家族の方々と販売やゲームを通して様々な交流を持つことができ、とても貴重な経験をさせていただきました。

【写真・文 岡﨑先生】 

 

 

平成30年度人権・同和教育講演会

 本日の午後は、「平成30年度人権・同和教育講演会」が行われました。森川恵里先生(みなら特別支援学校生徒の保護者)においでいただき、「支援の必要な子どもを持つ母の思い」をテーマにお話をしていただきました。

森川先生は上記の4つについてお話をしてくださいました。

1 こうちゃん(息子さん)について

 現在12歳の息子さん(以下こうちゃん)は今春から、父親の転勤に伴い、これまで過ごした四国中央市立川之江小学校を卒業し、東温市の「みなら特別支援学校」小学部に元気に通っています。

 こうちゃんはお母さん(森川先生)のお腹にいる時に、「胎児水腫」という5千人~1万人に一人という難病中の難病にかかり、生後、口からほとんど食べることができない、飲み込めるが、上手く食べられない、胃に入ったものを吐いてしまうという状況が続き栄養状態が悪く発育が困難でした。当時、ミルクを飲まないのは、「お母さんのせいだ。」と何度も言われ、こうちゃんの状況を理解してもらえませんでした。3か月間、ミルクを飲まない餓死寸前の状態で入院し、その後手術や入院を繰り返した後、生後11か月で手術を受け、吐かなくてよいようになる手術を受けます。しかし、うまく食べることができません。3歳で赤ちゃんくらいの体重しかなく、耳かき一杯ほどのごはんを1日中食べさせる生活を続けていた森川先生は、こんな生活をしていてはだめだと考え、「胃ろう」(お腹に穴を開けて直接栄養を注入する)の手術を受ける決断をします。病院の先生からは、「小さな子どものお腹に穴を開けるなんて、そんなかわいそうなことができますね。」と言われたそうですが、その「胃ろう」が大成功し、こうちゃんは成長して大きくなることができました。今でも1日4回、胃に栄養を注入することでこうちゃんは元気に学校に通い活動できています。プールに入り、ビート板で25m泳ぐこともできます。修学旅行も行きました。自分らしく楽しくがんばっています。

 森川先生がこうちゃんのためにどんなに辛く、悲しく、苦しい思いをしたのか、そしてこうちゃんがよりよく生きられるためにどれほど努力されたのかが、ひしひしと伝わってきました。

2 川之江小学校特別支援学級保護者会「かおり会」

  

 こうちゃんが規模の大きい川之江小学校に入学し、特別支援学級に入った時、40名近い生徒がいました。保護者の方も知らない方ばかり。森川先生は何とか保護者同士がつながることができないだろうかと考え、お母さんたちが年に3~4回ほど集まって親睦を深めることができる「かおり会」を作りました。

 障がいのある子どもを持つ親にとって子どもを学校に行かせることはとても心配です。学校という社会で生活するには、人とうまく関わることが必要で、そう簡単にできることではありません。障がいのある子どもにとって、周りの人にしんどい所、苦しい所を分かってもらえることが大切です。一人ではできないが、一人じゃなかったらできる、先生はそう考え、保護者同士が情報交換することで、障がいを隠すのではなく、子どもたちに生きやすい環境を作ろうとされました。その会がさらに発展し、「四国中央市お母さんの親睦会」も開かれ、穏やかに知り合い、つながることを目的に現在でも続いています。昨年は70名を超える参加者でした。

 先生は「(障がいがあることが)かわいそうに。」と言われることが嫌いで怒りの気持ちを持つこともありました。しかし、「怒っても仕方がない、そう言ったり、見たりする人は関心があるんだ。」ととらえ方を変え、にっこりと笑ってあいさつをすることにしたそうです。昨年、ある会で若い男性から、「障がいのある人に手助けしたいが、何をしたらいいか分からない。」と相談され、「実際に出会ったら、とりたてて手助けする必要はありません。スルーしてください、スルーとはあたたかい見守りです。目が会ったら、にっこり笑いかけてください。」と答えたそうです。皆が思ってくれていること、自分に何ができるか、それを心に留めておくことが大切です。

3 障がいのあるお母さんの気持ち

 

 あるお母さん仲間との話。お母さんをコップに入った水に例えると、元気な子どもを持つお母さんはコップに半分くらいの水が入っているので、少々傾けても、水はこぼれません。落ち着いています。しかし、障がいのある子どもをもつお母さんはコップが満杯でこぼれるぎりぎりで、ちょっとでも揺れたらこぼれます。それだけ不安定です。「大変だけど、がんばってね。」と声を掛けられ、つい子どもにも言ってしまいますが、がんばりすぎるとつぶれてしまいます。大切なのは、子どもと親がそれぞれ誇りを持って生きること、自分に自信を持って精一杯生きることです。できないことも多いので、周りの支えが必要になるります。

 子どもが幸せに生きていけるために何でもしようと思います。「先に死なないで。」とこうちゃんから言われました。自分一人では生きていけないことを子供心に感じています。しかし、自分より長生きして幸せになってほしいと思います。「僕はこの四国中央市でなら生きていける」という街作りが必要だし、人々とつながり合いながら、「生まれてきてよかった。」と思えるようになってほしいと願います。

 4 優しい傘のおはなし

 こうちゃんが1年生の時、雨の日の下校時。傘を開くことができずに困っていたこうちゃん。その時、男の子が一人、自分は雨に濡れながら、だまってこうちゃんに傘をさしかけてくれました。一生懸命のこうちゃんはそのことに気づいていません。やっと傘を開けたとき、その男の子は「やった。」と言って、自分の列に帰っていきました。がんばっている子どもに対してあたたかく見守り、傘をさしかけてくれた心からの思いやりは、教えたからできたことではなく、心が育っているからできたことです。「心が育つ」のが「人権教育」です。

 森川先生の講演後、生徒を代表して人権委員長松本琴美さんが、「今日はありがとうございました。先生ご自身が努力して壁を乗り越えてこられたことが分かりました。私たちも今年7月暁雨館で研修会を行ったり、文化祭でその研究内容を展示するなど人権を大切にする取組をしています。これからも人権問題を解決するためにがんばっていきたいです。」とお礼の言葉を述べました。

 

森川先生のお話を聞き、「共生」するためには相手を理解することの大切さ、思いやりの心、あたたかく見守る心、相手の立場に立って物事を考える事の大切さを痛感しました。私たちができることは何か、お互いをよく理解し、認め合い、よりよく生きていけるために、一つ一つ行動にうつしていこうと思います。先生が教えて下さったことを忘れず、心を育て、皆で助け合い、明るい未来を作っていきたいです。森川先生、ありがとうございました。

【写真 篠原先生】

 

 

全校朝礼(人権教育課長講話)

 本日の全校朝礼は人権教育課長高橋雅彦先生がお話をしてくださいました。

 先生は最近感じたこととして、3つのお話をして下さいました。

1 障がいについて

 「障がい者は障がいのある物ではなく、障がい(バリア)に直面し、困難を抱える者」というとらえ方がある。例えば、今階段を上って壇上にきたが、階段がなければ、上(壇上)に上がれない。無い場合はそれが障がいとなる。階段やスロープをつけることで物理的障がいは無くなる。心の問題(心理的差別)をそれぞれが解決していく必要がある。昼からの講演会の内容をしっかりとらえてほしい。

2 インターネット

 差別をなくそうと努力している人のことをHPで調べようとした。その際、検索項目が、その人物よりもその人を誹謗中傷する書き込みの方が先にあり多かった。真実が語られていない場合がたくさんある。。すぐに検索し、調べることができるが、その反面、「考える」ことができなくなっている。ネットは便利だが、気をつけなければならない。

3 人権とは

 「失うものが無い人は強い」、「守るべきものがある人の方が強い」。どちらが強いか。自分は後者であると考える。「守るものがある」ということは人を大切にすることであり、その人のために行動できることである。杉原千畝(すぎはらちうね)は、第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアで、ナチスドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、亡命を助けた人である。あるテレビでは彼の行動に対して、「人間は危機の時にその人の人格が表れる。その時にいい人でありたい。」と言っている。ここでいういい人とは人道的であるということだ。人権同和教育とは自分がどういう生き方をするか、人を思いやって行動できるかである。小、中学校と学んできたが、高校では、その学んできたことを行動にうつすことが大切である。

 

周りの人を大切にすることは自分を大切にすることにつながります。自分を大切にすれば、また周りの人にも思いやりの心を持つことができます。自分がされていやなことは、自分も嫌であり、自分がしてほしいことは、周りの人もしてもらうとうれしいはずです。お話をして下ったことを心に刻み、どう生きるか、どう行動するかを考え、実行にうつしていきたいです。

【写真 篠﨑先生】

進路講演会(2年生)

 本日、7限目の二年生普通科「総合的な学習~くすのき~」は進路講演会が行われました。ベネッセコーポレーションより前田健登先生においでいただき、「進路実現」と題し、希望進路の実現を目指すためにしなければならないことについてお話をしていただきました。

「納得いく進路選択をする」、「毎日」を大切にする、効率よく学習を進めるためのポイントや「わかる」を「できる」に変えるポイントなど、「今から」やること、やらなければならないことについて教えていただきました。

具体的に教えていただいたことを一つ一つ実践し、積み上げ、進路目標を実現していきたいと思います。

【写真 土居先生】

アクティブラーニングによる研究授業

 本日2限目にアクティブラーニングによる研究授業が行われました。尾﨑信也先生の保健の授業(「現代社会と健康」心身の相関とストレス)において、グループワークによる話し合いや班別発表が行われ、生徒の主体的な活動が実践されました。

日常生活の中での具体例を用いたグループワークを通して話し合いが行われ、意見交換や立派な発表ができていました。

【写真 篠原先生】

 

PTA研修旅行

 11月4日(日)、PTA研修旅行を実施しました。保護者の方々と教職員がバスを利用して、神戸方面に向かいました。当日は晴天に恵まれ、快適な研修旅行となりました。

次の写真は、訪問した「人と防災未来センター(神戸市)」前で撮影したものです。

まず、こころのシアターで、3Dドキュメンタリー映画『3.11 未来への記憶 大津波』を視聴しました。
これは、東日本大震災(2011年・平成23年 3月11日)を3年余りにわたって記録した「世界唯一の3D映像」だそうです。

屋上に避難している数十名の人々、そして、そこを襲った、真っ黒い山のような大津波。東日本大震災については、これまでにもう何度も、その凄まじさを伝える映像を見聞きしてきましたが、この映画でさらに衝撃を受けました。

撤去が進み石積みだけが残る場所に立ち、「気仙沼市太田町1丁目1番地。電話番号24-1111。ここに、私のすべてがありました…」と語った菅原文子さん。津波は、菅原さん夫妻が営む酒店も襲い、階段を上ろうとする夫豊和さんの手を文子さんが2階から握った瞬間、すさまじい勢いの波が豊和さんをさらっていったそうです。
「何も言えずに別れてしまったから ありがとうと伝えたくて 切なくて 悲しくて…」
豊和さんの御遺体は1年3か月後に奇跡的に発見されたそうです…

映画は、自然と人間、破壊と再生、生と死、過去と未来などを問いかける内容でした。被災地の人々がふるさとを取り戻し、未来を築いていこうとする営みに、感動しました。

次の画像は、その『大津波』の資料の一部です。

次に、1.17 シアター『5:46 の衝撃』で、震災を追体験しました。
阪神・淡路大震災(1995年・平成7年 1月17日)が午前5時46分に発生した瞬間の、各地の建築物の崩壊の凄まじさを、模型の実写撮影に基づく大型映像と大音響で、再現したものでした。まるで、崩壊・炎上する町の中にいるかのような体験でした。

写真は、上映前の館内です。

続いて、大震災ホールで、『このまちと生きる』を視聴しました。
被災直後に病院からあふれた人を玄関先で治療する看護師、がれきの中から懸命に救助しようとする人々、炎が近づいてくる崩壊家屋の中から「はやく逃げて」と叫ぶ家族との別れ、大混雑する避難所の体育館等、次々と直面する問題が提起されました。そして、町が復興していく過程が紹介されました。

その後、館内の、震災の記憶フロア、防災・減災体験フロア、水と減災について学ぶフロア等を巡りました。


写真は、ゴミ箱をトイレ代わりにする方法です。便器が破損しても、ゴミ箱に袋をかぶせて代用できます。ゴミ箱に座るためには、環形の段ボールを3枚重ねて接着し、座面を作ればよいそうです。

また、水深30cmほどの浸水でも、人は流されそうになるという体験コーナーもありました。

館内の待合室の壁面には、床面を基準として浸水時の高さが示されていました。
ここで、四国中央市のことを考えてみました。想定される、南海トラフ巨大地震による四国中央市の最高津波水位は 3.6m だそうです(「愛媛県地震被害想定調査結果」)ので、それを写真内に赤色の矢印で加えました。より具体的なイメージを持って、災害に備えることが大切だと感じました。

 

昼食後は、復興した神戸の街を散策することができました。
神戸のアーケード街には、神戸に縁のある、ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶佑(ほんじょ たすく)先生の懸垂幕が掲げられていました。

また、足元をよく見ると、そこには、平成7~8年頃に記された「甦れ!神戸」、「美しい神戸の復興を願って」、「希望」、「がんばれ神戸」等、たくさんのメッセージが、今も残されていました。

 

大震災から、私たちは経験や教訓を継承し、防災や減災に努めなければならないと感じました。
終日、『防災、減災』について考えた、貴重な一日となりました。
御参加いただいた保護者の皆様、大変ありがとうございました。

以上、総務課からの御報告でした。

 

「広報四国中央」で活躍を紹介!

 今月の「広報 四国中央」の「まちの話題」コーナー(8、9ページ)に本校生の活躍の紹介が多く掲載されています。御覧ください。

 

9月10日にはVYS部が作成した交通安全を願う手作りのお守りと啓発のチラシを本校生徒15名を含む23名が来店客(フレシュバリュー三島店)に配布しました。

9月19日には本校2年石川大雅さんが「第44回全日本スポーツチャンバラ選手権大会」で見事優勝を飾りました。また世界選手権大会の代表選考会でも勝利し、代表の座を勝ち取ったことを、篠原市長に報告しました。

9月25日、本校1年今井琴梨さんが、「四国地区選抜大会の中学女子52kg未満の部」で見事優勝を飾り、「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」に出場することを篠原市長に報告しました。

9月26日、10月にフィリピンで行われた「アジアU-23選手権大会」で女子サーブルに向井晴香さん(本校の先輩)が出場しました。また、11月に台湾で行われる「アジアカデサーキットサーブル台北大会」に、本校2年石川せとさん、本校1年高橋ひかりさんが出場することを篠原市長に報告しました。

多くの人が地元で、そして国内外ですばらしい活躍をしています。さらなる高みに向かって、どんどん向上していってください!私たちも一歩、一歩がんばっていきましょう!

 

 

ソフトボール県新人大会結果

本日、西条市でソフトボール県新人大会が行われました。

「1回戦、松山中央高校に8回タイブレ-クの末、14対13でサヨナラ勝ちし、ベスト8に進出しました。準々決勝は松山商業高校に0対7で敗れました。」(副顧問 若藤先生)

ソフトボール部の皆さん、ベスト8おめでとうございます。次の目標に向かって頑張って下さい!

【写真  若藤先生】

 

 

 

 

 

 

 

 

後期生徒総会

本日の7限は「後期生徒総会」が行われました。

(教頭先生あいさつ)

鎌村教頭先生は、「生徒会は生徒の代表として、学校行事の企画、準備、実行、片付けに携わり、皆がスムーズに活動できるように陰で支えてくれています。学校のために、人のために尽くした経験を今後の生活の中で生かしていってほしいと思います。今日の立候補者の演説を真剣に聞き、学校の代表をしっかり選んで下さい。」とあいさつされました。

(生徒会長あいさつ)

 加地生徒会長は、「生徒会は皆さんが快適に学校生活を送れるようにするために機能します。今日は話をしっかり聞き、質問や意見があれば遠慮なく発言し、充実した三島高校となるようにしていきましょう。」と全校生徒に呼びかけました。

(議長団あいさつ)

議長団を代表し、森龍之介議長が、「この会がスムーズに運ぶよう努力するので御協力よろしくお願いします。」と公正な話し合いができるようあいさつをしました。

(各種委員会活動報告)

週番委員会、保健委員会、体育委員会、図書委員会、交通委員会、美化委員会、出版委員会、人権委員会、家庭クラブ委員会の各委員長から、委員会の活動内容、活動時の問題点や改善点、今後取り組みたい活動についての報告がなされました。

「私たちの知らない所で様々な活動がなされていることを知りました。生徒の自主的な活動ができるように各委員会から出された反省や要望をよく聞き、実践していけるようにしましょう。」(森議長)

(議案審議)

生徒からの提案事項として2つのHRから提案がなされました。

「ALTの先生の来校回数を増やすなど、国際交流の場を増やしてほしい」

「置き勉を許可してほしい」

文部科学省の方針を元に、パワーポイントでの説明や、実際に荷物の重さの体験を行いました。

二つの議案は承認され、学校へ要望することとなりました。

(生徒会長立候補者立会演説会)

[応援演説]

 

篠原徳馬さんが、「今日立候補した三人はとても立派だと思います。藤原君のよい所を3点にまとめてみます。1 とにかくやさしい。2 とてもまじめである。 3 目標に向かって努力できる。彼が生徒会長になれば優しさにあふれ、メリハリがつき、笑顔が絶えない三島高校になるはずです。中学校で生徒会長をしていた時も『意見箱』を設置しました。室長や部のキャプテンを務め、皆の模範となっています。彼になら任せられます。彼が生徒会長となり引っ張っていく姿を見たいです。」と藤原さんを力強く応援しました。

[立候補者演説]

藤原啓太さんが、「『夢をかなえる三島高校』を実現したいです。三島高校のよい所は、自分のことは自分でがんばれる環境が整っている所で、大好きな学校です。僕は努力し、前向きに取り組む姿勢は誰にも負けないつもりです。一人ではできないことも一人一人の助けを借りて、これまで先輩方が培ってこられた伝統と取組を大切にし、さらに大きく前進していきたいです。その先頭に立って盛り上げていきたいです。」と、抱負を堂々と語ってくれました。

[応援演説]

橘髙 祭さんが、「森さんのすてきな所を3つあげます。一つ目は優しい。さりげなく人に優しくできます。二つ目はフレンドリー。男女関係なく中心となってうまく皆の意見をまとめることができるクラスのムードメーカーです。三つ目は頼れる。現生徒会では副会長を、中学校では生徒会長を務めました。楽しくなければ学校じゃありません。今、三高が求めているリーダーとしてふさわしい人です。」と、堂々とした歯切れの良い口調で、森さんを熱く応援しました。

[立候補者演説]

森 由唯さんが、「後期は運動会や文化祭といった大きな行事はありませんが、皆の意見を拾うための大切な期間です。皆さんの意見を尊重し、三高生が一つとなって自分たちで作り上げていく生徒会にしたいです。一生懸命でまじめな所は自信があります。また、これまでの生徒会で培った経験は誰にも負けません。皆さん、私についてきて下さい。」と、これまでの経験の豊富さを今後につなげていく決意を堂々と語りました。

[応援演説]

加藤大二朗さんが、「大典君のすばらしい所を二つ上げます。一つは優れたリーダーシップ性です。中学から現在まで室長としてクラスをまとめる立場となっています。また、部活動でも部員のまとめ役として活躍しており、人の先頭に立って行動ができる人です。二つ目は、親しみやすい温厚な性格です。皆から愛され、慕われています。彼が生徒会長となれば、生徒の意見がより反映されやすい生徒会に変えてくれるはずです。」と、ユーモアを交えながら明るくかつ熱く応援しました。

[立候補者演説]

篠原大典さんが、「生徒会、室長の仕事はとても好きな仕事です。好きなことには熱中して取り組めます。皆さんのために熱中し、一生懸命取り組める自信はあります。前期の生徒会役員を務めました。運動会の準備の際にプログラムのミスをしてしまいました。同じ間違いを繰り返さずにできるのは私一人です。皆さんにお返しがしたいと思います。皆さんからの要望は確実に聞き取り、実現をしていきたいと思います。」と、過去の経験を踏まえ、今後につなげていく覚悟を語りました。

終了後、各HRで投票が行われました。新生徒会が発足します。さらなる高みを目指して、皆で高めあい、協力して、充実した高校生活が送れるようにがんばりましょう。

【写真 篠﨑先生】

 

全校朝礼(新任者講話・表彰伝達)

 本日の全校朝礼は、若藤愛梨先生のお話と表彰伝達が行われました。

 若藤先生は今年度、新規採用教員として本校に赴任された家庭科の先生です。

 若藤先生は最初に、「当たり前だと思っていたことが実はとても幸せであることを実感しました。」と言われ、先日親知らずを抜き、1週間流動食しか食べられず、その後自分の歯で食事ができたことをとても幸せだと感じたというご自身のエピソードを話されました。

そして、自己紹介をされました。

始めて親元を離れ、三島高校に赴任することになった際、これまで訪れたことはなかったけれど、「書道パフォーマンス」の舞台となった学校なので、とても楽しみだったこと紙産業が盛んな町であることは知っていたが、大きな煙突がたくさんそびえている様子を最初見た時、圧倒されて少し怖い気持ちになったが、今は煙突の煙を見ると、「よし、がんばろう!」と元気が出ること。

そして、ご兄弟のエピソード。

弟、戸籍上の姉と三人兄弟で、三人とも走るのが好き。来年二月の「愛媛マラソン」に三人で出場するので、皆で完走できるようにがんばりたい。

自分が次女であるのは母親のお腹から数秒早く生まれただけのこと。病院では「若藤1」、「若藤2」とマジックで書かれていたが、家に帰るとそのマジックの跡も消え、どちらが1か2か傍目からは分からないが、もの心がついた時から、自分は次女となっていた。戸籍上の姉は「兄弟は?」と聞かれると「弟と妹がいます。」と満面の笑みで答えるが、自分は何か納得がいかない。

そんな双子の姉妹の忘れられない思い出は、小学校の入学式。戸籍上の姉は昼食を食べながら、夕食のことを考えるくらい食べることが好きで、入学式当日は腸炎で入院していた。欠席したことでクラス写真に写れないことを不憫に思った父が、「同じ顔がいます。」と次女の自分が二回撮影したが、誰もそれに気づかないくらいだった。高校まではずっと一緒に過ごしたが、大学は別々だった。戸籍上の姉が自分が卒業した大学の大学院に進学することとなり、卒業したはずの自分がいると皆に勘違いされ、混乱をきたしたこと。そのくらい周りから見たら似ているので、「もし、三島高校の皆さんが私と同じ顔を見かけ、私だと思って声をかけた際、不審な様子をしたら、今日の話を思い出して優しく確認をし、問いかけてください。」と話を締めくくられ、「今日も元気にがんばりましょう!」と私たちに呼びかけて下さいました。

若藤先生がご兄弟と仲がよく、お互いが親しみ、支え合いながら過ごしてきた様子がとてもよく伝わってきました。家族や兄弟の素晴らしさをあらためて感じることができました。自分の周りにいる人との絆や関係を大切にしたいと思う、楽しくそして素敵なお話でした。若藤先生、ありがとうございました。

 次に表彰伝達が行われました。

(交通標語)

最優秀賞  富永 愛藍

「スマホには 交通事故の 通知なし」

優秀賞   重田 悠唯菜

「ヘルメット あなたの命の 盾になる」

優秀賞   吉岡 円香

「歩きダス!ながらスマホで dangerous」

ヘルメットをかぶることは命を守ること、歩きスマホ、ながらスマホは大変危険であることがとてもよく表現されています。皆さん、安全に登下校、通行しましょう!

【写真 篠﨑先生】

平成30年度芸術鑑賞会

 本日の午後は、タンザニアより四名のパフォーマーの方においでいただき、「アフリカの音楽『魂の鼓動』リアルアフリカ」と題し、タンザニアに古くから伝わる、そして生活の一部である歌や踊り、太鼓の演奏をしていただきました。

(ウエルカムダンス 歓迎の踊り)

(呪術の踊り 病気の回復を願う踊り)

(男性の成人の儀式の踊り)

(マサイ族の結婚芸能)

サバンナで野生動物と共存しており、ライオンと戦うこともあるマサイ族。花嫁の父は花婿候補の中から一番強い男性を選ぶそうです。また、黒いサンダルはタイヤを再利用して着用しているそうです。

(楽器の紹介)

今回使用した楽器は全て手作りで様々なものを再利用して使われています。

[ガヤンバ]          [イリンバ]

振って音を出します。      「親指ピアノ」とも呼ばれ、ベッドのスプリングを再利用しています。

[ペネンガ]          [キンガンガ]

ひょうたんをくりぬいてラッパに! 細い枝を使ってたたく小太鼓

[ジェンベ]          [ジュガ]    

大太鼓。ギニアが発祥地で全世界へ。 手作りの鈴。足に巻いたり手に巻いたりします。

[ゼゼ]            [マリンバ]

弦楽器。弦は自転車のブレーキのワイヤを再利用しています。 

[ゴーマ]

アフリカの人々は物を大切にし、再利用の達人です!物を大切にする心は優しさを育てます。すばらしいです。

(成人の儀礼の踊り 「マセーレ」)

(ジェンベを演奏)

五名の希望生徒が実際にジェンベを演奏しました!皆の顔が生き生きとしています。

(メンバー自己紹介)

日本語で、好きな食べ物や興味のあることなどを語ってくれました。

(ポップソング 「ジャンボ(こんにちは)」

(タンザニアの国旗紹介)

4色の意味

緑・・・大自然  青・・・水の豊富さ  黄・・・鉱物資源  黒・・・タンザニアの国民自身

(精霊の踊り 「マスクダンス」)

精霊は縁起がよいとされ、出会うと幸せになれると言われているそうです。握手をしてもらうともっと幸せになれるそうで、たくさんの生徒が握手をしてもらいました。

(ラスト 皆でダンスを!)

希望者約20名が一緒にダンスをしました!会場も大盛り上がりで、皆で一体となって楽しみました。

近藤先生、谷脇先生も飛び入り参加!生徒ともに楽しんで踊りました。

(生徒会長お礼のことば)

生徒を代表し、加地生徒会長が、「タンザニアの文化に触れることができて楽しかったです。遠く離れた国の文化を楽しく学ぶことができました。」とお礼の言葉を述べた後、「お礼に日本の代表的な曲、『君が代』を紹介します。」と、歌って感謝の気持ちを表しました。

「音楽は国境を越える。そして、言葉が分からなくても音楽で通じ合うことができる。」ということを体感することができました。また、使えなくなったものを再利用し、楽器を作るなど、物を大切にする心の大切さを学ぶこともできました。あっという間に時間が過ぎ、有意義な時を過ごすことができました。今日、学んだことをこれからの生活の中で活かしていきたいと思います。

【写真 篠﨑先生】

平成30年度菱門同窓会近畿支部総会

10月28日(日)12:00より大阪第一ホテルにおいて、菱門同窓会近畿支部総会が開催されました。
昭和33年の結成より、60周年の記念すべき年に当たり69名(初参加10名)が集う盛大な総会となりました。

詳細は、本HPの「菱門同窓会」のフォルダを御覧ください

【菱門同窓会事務局】

 

類型選択説明会(1年生)

 本日の普通科1年生の「総合的な学習~くすのき~」は保護者の方に来ていただき、来年度の類型選択のための「類型選択説明会」が行われました。

 来年度の学級編成、類型の特徴、各類型の科目選択、類型選択をする上での留意点等について教務課長香川先生から説明をしてただきました。その後、進路課長下司先生から、大学入試や進路選択についての説明をしていただきました。高みを目指して努力することの大切さを教えていただきました。

 1年生の皆さんにとって、類型選択は、今後の進路を決定していく際の大きな分岐点となります。将来の自分の進みたい方向をしっかり見定め、保護者の方や先生方とよく相談し、進路を決定していきましょう。1日1日を大切に過ごし、基礎学力を1年生の間に身につけましょう。

【写真 篠﨑先生】

フェンシング県新人大会結果

 10月27日(土)、三島高校において「平成30年度愛媛県フェンシング新人大会」が行われました。

<試合結果>

[女子団体]  1位

[女子個人]

(フルーレ)

1位  種田 悠希   

2位  河村 萌乃

3位  石川 せと

(エペ)

1位  大西 未夢

2位  定岡 愛奈

(サーブル)

1位  種田 悠希

2位   河村 萌乃

3位  石川 せと

フェンシング部のみなさんおめでとうございます!さらに高い目標に向かって、飛躍してください!

 

 

学部・学科・就職説明会(1年生)

本日、6限目の1年生のHR活動は「学部・学科・就職説明会」が行われました。就職希望、進学希望(学部・学科別)別に13会場に分かれて、大学(安田女子大学、就実大学、近畿大学、松山大学、岡山理科大学、広島工業大学、関西福祉大学、川崎医療福祉大学、広島国際大学)、専門学校(河原ビューティモード専門学校、大阪総合デザイン専門学校、四国中央医療福祉総合学院)の先生方、株式会社さんぽう 中山先生からお話をしていただきました。

(日本文学・歴史学)               (外国語学・国際関係学)

 

(経済学・経営学)                (法学)

 

(理学)                     (工学)

 

(教育・保育・児童学)              (体育・スポーツ学)

 

(看護学)                    (美容)

   

(美術・デザイン・イラスト)             (理学療法・作業療法)

 

(就職講話)

 一年生の皆さんは、これから文理選択の重要な時期を迎えます。進路選択に向けて、大学や専門学校、就職についての具体的なお話を先生方から直接うかがうことができ、大変勉強になったことと思います。進路目標を明確に持ち、その目標に向かって着実に歩めるよう、日々の授業を大切にし努力を重ねていきましょう。

全校朝礼(表彰伝達)

 本日の全校朝礼は表彰伝達が行われました。

<全国都道府県対抗自転車競技大会>

(自転車競技) 

チームスプリント   第5位  林  昌幸

<愛媛県自転車競技選手権大会>

スプリント  第2位  林  昌幸

ケイリン   第2位  林  昌幸

<愛媛県高等学校新人大会>

1kmタイムトライアル  第1位  林  昌幸

200mフライング    第2位  林  昌幸

     

<国民体育大会>

(フェンシング部)

少年女子フルーレ   第8位

登尾 奈友  種田 悠希  髙橋真明子

<全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会>

(ラグビー部)

優秀選手  坂上 都紀

<愛媛県高等学校柔道新人大会>

(柔道部)

男子団体  第3位

女子団体  第2位

[男子個人]

第1位  鳥海  駿   臼杵 太辰

第2位  陶山 泰雅

第3位  寺尾  拳

[女子個人]

第3位  中尾 真菜   近藤  明

<愛媛県高等学校柔道新人大会東予地区予選>

男子団体  第1位

女子団体  第1位

[男子個人]

第1位  鳥海  駿   臼杵 太辰   陶山 泰雅   寺尾  拳

第3位  越智 史弥   近泉 洸太   髙橋 治貴 

[女子個人]

第1位  中尾 真菜   鈴木 緋乃   

第2位  加地萌々佳

第3位  近藤  明

<東予選手権大会>

(男子バレーボール部)

第1位

<東予地区バレーボール男子1年生大会>

(男子バレーボール部)

第1位

<東予選手権大会>

(女子バレーボール部)

第1位

<東予地区バレーボール女子1年生大会>

(女子バレーボール部)

第1位

<西条ニュースポーツ杯卓球大会>

(卓球部)

男子  第3位

女子  準優勝  第3位

<四国中央市卓球大会>

[女子シングルス]

第3位  森實  環   内田 実里

<みなと祭おどり大会>

(ダンス部)

カミンバの部  優秀賞

<全国高等学校総合文化祭>

(吹奏楽部)

文化連盟賞

<全日本吹奏楽コンクール四国支部大会>

(吹奏楽部)

高等学校A部門  銀賞

<全国高等学校総合文化祭>

(書道部)

官公賞   福田 真子

<高校生国際美術展>

[書の部]

奨励賞  村上こころ

佳作   河端 朝香   大田 優輝

<安芸全国書展高校生大会>

審査員特別賞   加地 純菜

入選  村上こころ   藤原愛友菜   星川 和葉   福田 真子   鈴木 樺乃

<四国高等学校珠算・電卓競技大会>

[読上暗算]

第3位  河野 友隆

<愛媛県商業教育意見体験発表大会>

奨励賞  坂本 彩乃

多くの部、個人が表彰されました。運動部、文化部、生産局、ともに素晴らしい活躍です。今後のさらなる活躍を期待しています。おめでとうございます。

【写真 篠﨑先生】

 

 

 

平成30年度インターンシップ最終日(商業科2年生)

本日インターンシップ最終日を迎えました。各事業所で、専門的な仕事内容を教えていただくとともに、責任を持って仕事をやり遂げることの大切さなど、たくさんのことを学ぶことができました。

 2日間、お忙しい中私たちのために時間を割いていただき、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

学んだことを活かし、今後の学校生活、進路選択をよりよいものにしていきたいと思います。

【写真 商業科の先生方】

 

平成30年度インターンシップ(商業科2年生)

 本日(24日)、明日(25日)の2日間、商業科2年生が市内18カ所の事業所に御協力をいただき、各事業所においてインターンシップを行っています。

事業所の方から仕事内容や作業方法を教えていただき、意欲的に取り組んでいます。

商業科2年生の皆さん、多くのことを学び、この貴重な経験を今後の進路選択にいかしていけるよう明日もがんばってください。

【写真 商業科の先生方】

本校OG中内選手優勝へ貢献

 本日の「毎日新聞」20ページに昨日(21日)に行われた「第10回全日本学生体重別団体優勝大会」の記事が掲載されています。女子は見事龍谷大学が初優勝を飾りました。本校OG中内柚里選手は東海大学との決勝戦において合わせ技で勝利し、2-0での優勝に大いに貢献しました。そして、優秀選手にも選ばれています。すばらしい活躍をされた先輩の記事を御覧ください。

記事の一部を紹介します。

始めて4強入りした龍大が、勢いそのままに一気に女王へ上り詰めた。世界ジュニア選手権52キロ級優勝の武田を欠きながら、同級生の中内が決勝で大仕事を果たした。0-0で迎えた中堅戦。組み手争いで優位に立つと、「得意の形に持ち込めた」と大外刈り二つの合わせ技で一本勝ち。初優勝へ勢いを加速させた。

 

卒業された先輩の活躍は後輩にとって大きな励みとなり、目標となります。偉大な先輩の姿を見習い、日々の学習や部活動に精一杯取り組み、自己の目標、夢に向かってがんばっていきたいと思います。

中内先輩、おめでとうございます!

 

柔道県新人大会 四国大会へ

10月20日(土)、21日(日)の両日、愛媛県武道館において「愛媛県高等学校柔道新人大会」が行われ、本校柔道部が男女団体、男子個人で見事四国大会への出場を決めました!おめでとうございます!

[試合結果]

(団体戦)

男子  3位

女子  2位

(男子個人)

優勝

鳥海    駿      臼杵  太辰

2位

陶山  泰雅

3位

寺尾    拳

(女子個人)

3位

中尾  真菜      近藤    明

「男女団体、男子個人3位までの選手が今年から開催される四国高等学校柔道新人大会に出場します。新チ-ムになって初の県大会でした。夏の練習の成果もあり、確実に力はついてきていますが、たくさんの課題も明らかになりました。来月の四国大会、そして全国大会予選となる来年1月の愛媛県高等学校柔道選手権大会に向けてチ-ム一丸となって取り組んでいきますので今後ともよろしくお願いいたします。二日間応援に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。」(顧問  尾﨑先生)

 

 

 

 

 柔道部の皆さん、おめでとうございます。日頃の地道な努力の成果が結果となり、素晴らしいです。四国大会、頑張って下さい。活躍を楽しみにしています。

【写真  尾﨑先生】

吹奏楽部、書道部「イオン川之江店」でイベント

本日の午後、「イオン川之江店」において吹奏楽部、書道部のイベントが行われました。

演奏前にPR演奏が店内三カ所で行われました。

14時から吹奏楽部の演奏が始まりました。

オ-プニンクはイオンのテ-マ曲でした!

 

観覧の皆さんに「イントロクイズ」が行われ、ドラえもんや水戸黄門、安室奈美恵のヒ-ロ-など、会場は大いに盛り上がりました。

最後は「Jベスト」で、ヒット曲のメドレーが演奏され、口ずさんでいる方や踊っているちびっこたちの姿も見られ、皆さんに楽しんでいただきました。

 

演奏終了後、吹奏楽部員の皆さんは食料品売り場で試食販売のお手伝いをしました。商品の説明をし、試食後、たくさんの方が商品を買って下さいました。

 

3時からは書道部が、書道パフォーマンスを行いました。3年生が引退した後、初めてのパフォーマンスとのことでしたが、緊張感と気迫あふれる素晴らしい書道パフォーマンスでした。会場には大きな拍手の音が響き渡っていました。

 

 

 

 

先輩の後を引き継いでいきたいという熱い思いを語ってくれました。

出来上がった作品は、店内に展示されます。

 

 

会場には美術部の活動紹介のパネル展示が行われました。

書道パフォーマンスの作品と美術部のパネル紹介は一週間程度店内にて展示されます。また御覧ください。

吹奏楽部、書道部の皆さん、お疲れ様でした。たくさんの方々に見ていただき、今後の活動の励みとなったことと思います。また、観覧の皆様にも楽しんでいただけたことと思います。今後の皆さんの活躍を楽しみにしています。

御観覧の皆様、ありがとうございました。

 

平成30年度男女共同参画啓発事業高校生セミナー

 本日の6限目、3年生のHR活動は、「平成30年度男女共同参画啓発事業 高校生セミナー」が行われました。NPO法人ワークライフ・コラボより堀田真奈先生においでいただき、「未来をデザインしよう!~はたらくも、暮らしも、楽しもう。今から必要なこととは~」をテーマにお話をしていただきました。

「男女共同参画」や「ワークライフ・バランス」という言葉の持つ意味や、自分のこれからの人生に、「ジブンゴト意識」を持つこと、よりよい「はたらく」「暮らし」につながる、今からできることを考えることの大切さについて教えていただきました。

 世代によって育った環境も経済背景も違うので、違って当たり前。ともによりよく生きるためには相手を理解する(違いを理解する)こと、良いところを見つける力が必要でありそれが本当の「平等」となる。そしてその理解が自分の未来をデザインすることにつながっていくことになることを教えていただきました。主体的な自分の生き方ができるようワークライフ・バランスを考えて、主体的に生きていけるよう考え、行動していきたいと思います。

【文・写真 近藤先生】

 

吹奏楽部、書道部イベントのお知らせ

 先日、お知らせしました「イオン川之江店」でのイベントが明日行われます。本日の「イオン川之江店」の広告にも掲載されています。

明日(20日)、吹奏楽部は14時~、16時~2回公演(各40分程度)

書道パフォーマンスは15時~1回公演(30分程度)1階北側広場で行われます。美術部の活動紹介(パネル展示)もあります。足をお運びいただき、演奏、パフォーマンスを御覧いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

 

教育相談研修会

 本日の午後、「NPO法人えひめ心のつばさ」より大野まつみ理事長においでいただき教職員研修会が行われました。

 大野先生は子どもたちの傷ついた心のケアをし、子どもの命を守るために、「翼学園」を主宰されています。長期欠席に なった子どもや社会で働けない青年たちの心を元気になるまで丁寧に癒やし、心が回復したら、個々それぞれに必要な教育を行って、学校や社会に完全復帰できるまで育てる仕事をされています。

 「翼学園」のあゆみや取組、長期欠席についての分析と指導法や実際にどのようにして子どもたちを救ってこられたのかという実践例をお話下さいました。

 カウンセリングやマンツーマン指導の大切さ、家庭と「翼学園」とが力を合わせ、継続した心のケアをすることの大切さ、人を信じられる、自分を好きになれる子どもの育成のために必要な理解と支援について大切なことを教えていただきました。今日、教えていただいたことを日ごろの学校生活の中で活かしていけるよう、生徒一人ひとりを見守っていきたいと痛感しました。大野先生、ありがとうございました。

【写真 篠﨑先生】

 

 

陸上四国新人大会加藤選手8位入賞

本日、陸上競技四国新人大会が徳島県鳴門市で行われました。

本校陸上競技部加藤峻介選手が5000mに出場し、16分01秒80で8位入賞を果たしました!

加藤選手、おめでとうございます!