H30三島高校日記

新元号「令和」決定! 書道部テレビで書道パフォーマンスを披露

 昨日(1日)、新元号「令和」が発表されました。NHK総合テレビ「ひめポン!」において、本校書道部の書道パフォーマンスの様子が放映されました。また、今朝(2日)の「讀賣新聞」31ページに記事と写真が掲載されています。御覧下さい!

 記事の一部を紹介します。

 書道パフォーマンスの名門校、県立三島高等学校の書道部員6人が1日、新元号発表に合わせて、新時代への意気込みを書き入れた作品を制作した。

 縦3メートル、横5メートルの特大の用紙には「令和」と大書し、「自分らしく夢に向かって走り出そう」「君は新たな時代で何を切り開くのか」とするメッセージも添えた。

 この日に向けて1週間前から、部員全員が新時代を生きる自分たちの思いを込めたメッセージを考案。新元号を予想して4案を準備し、稽古も重ねてきた。

 予想は全て外れたが、部長の福田真子さんは「『令和』は、言葉の響きや字体が温かくて優しい。人のつながりを大事にしながら、何事にも挑戦していく時代にしたい」と笑顔で話した。顧問の福本温子教諭は「みんなの力を結集した作品。彼女たちには『令和』に込められた意味をかみ締め、実りある人生を送ってほしい」とエールを送っていた。

 

「人が美しく心を寄せ合う時代へ」。力強く大書された「令和」の文字の隣に書かれています。新たな時代の幕開け。皆が助け合い、平和で穏やかな時代の創成を願い、またその実践を誓うにふさわしい、すばらしいパフォーマンスでした。8日からはいよいよ新学期。「自分らしく夢に向かって走り出そう」。この言葉を胸に刻み、新年度、新学期に向けて準備していきましょう!

【写真 福本温子先生】