H30三島高校日記

吹奏楽部 愛媛県高等学校総合文化祭開会式に出演

  本日(16日)、吹奏楽部が「第32回愛媛県高等学校総合文化祭」総合開会式に出演し、演奏を披露しました。

(本校吹奏楽部の演奏)

 

(クラリネットアンサンブルの様子)

  本日(16日)から18日(金)まで、松山市「ひめぎんホール」で開催されます。

 

 パンフレットの題字は本校3年藤原愛友菜さんが揮毫しました。

吹奏楽部、美術部、書道部、放送部の皆さんが出場、参加します。日ごろの活動の成果を十分に出し切ってきてください!

【写真 篠﨑先生】

 

 

 

 

 

 

 

後期生徒会役員認証式

 

本日の全校朝礼は、後期生徒会役員の認証式が行われました。

(役員紹介)

森新生徒会長をはじめ役員が紹介されました。

(委任状授与)

校長先生から一人一人に委任状が授与されました。

(校長先生あいさつ)

「今日、ここに後期生徒会役員の皆さんを新しく承認しました。全員の協力のもと、楽しく明るい三島高校にしてください。全員で三島高校を盛り上げてください。」と、新生徒会、そして全校生徒に向けて激励されました。

(旧生徒会退任のあいさつ)

 旧生徒会を代表し加地一貴会長が、「六か月間生徒会長を務めました。ここまでこれたのは、全校生徒の皆さん、生徒会役員、先生方のおかげです。支えてくれてありがとうございました。ある時期から『歌う生徒会長』というイメージがあったかと思います。それは、生徒会顧問の源代先生が、『自分の色を出していけ。』と声をかけて下さったからです。そこから、自分が大好きな歌うことで、自分の色、新しい雰囲気を作っていくことができました。次の森生徒会長も新しい色を出して新しい生徒会の雰囲気を作って下さい。」と退任のあいさつをした後、「支えてくれた副会長の芝君、今井君、石井君と一緒に歌います。伴奏は新生徒会長の森さんにお願いします。」と、コブクロの「蕾」を披露し、感謝の気持ちを表現しました。

(新役員着任のあいさつ)

新生徒会を代表し、森由唯会長が、「今日から新しい生徒会活動が始まります。未熟な点もあるかと思いますが、一人一人の意見を拾い上げ、14人が力を合わせてすてきな学校にしていきたいと思います。学校を盛り上げるためにいはみなさんの力が必要です。みなさんと一緒に三島高校を盛り上げていきましょう。精一杯がんばりますので協力をよろしくお願いします。」とあいさつしました。

加地会長をはじめとする旧生徒会の皆さん、お疲れ様でした。私たちの代表として学校をより盛り上げるために活動してくれたこと、感謝します。森新生徒会長をはじめとする新生徒会の皆さん、これからよろしくお願いします。全校生徒でより高みを目指してがんばっていきましょう。

【写真 土居先生】

 

 

 

自然科学部 日本学生科学賞県大会「優秀賞」受賞

 11月15日(木)、愛媛文教会館(松山市)で、読売新聞社主催「第62回日本学生科学賞」愛媛県大会の表彰式があり、本校自然科学部は『優秀賞』を受賞しました。

写真は、手前左から順に、守谷宙士〈2〉、宮崎玲央〈2 部長〉、西嶋隆司郎〈2〉、奥左から順に、池北真凛〈1〉、藤原道夫〈2〉、松木紘汰〈2〉、星川蓮太郎〈1〉です。(〈 〉内は学年)


本校の研究主題は『逆回転輪ゴムの発射点復帰運動』でした。

手鉄砲で発射した輪ゴムが、逆回転(バックスピン)をしているために、着地後、足下まで戻ってくる、そのような発射のしかたがあります。
どのような条件を満たせば、輪ゴムが強く逆回転し、発射点の方へ戻るのか。また、どのような機構で輪ゴムは逆回転をするのか。それらの疑問の解明を目的として研究しました。

身近な輪ゴムを用いた、誰にでもできる手鉄砲ですが、調べてみると、とても興味深い現象でした。
逆回転の条件や機構は、これまで未解明だったようであり、部員にとって大変やりがいのある、楽しい実験となりました。

次の写真は、研究論文の中のものです。発射した輪ゴムが、机上を戻ってきています。

 

 

この研究内容は、来年1月の本校の行事「芸術発表会」において、展示・発表する予定です。

今後も、こつこつと研究活動を続けていきたいと考えています。

自然科学部からの御報告でした。

アクティブラーニングによる研究授業

 本日(15日)、6限目にアクティブラーニングによる研究授業が行われました。谷脇 翔先生の数学Aの授業(「第3章 整数の性質」余りの計算と余りによる整数の分類)において、問題を解きながら、解いた問題の解法についての話し合いが行われ、生徒の主体的な活動が実践されました。

 

 一問一問を丁寧に解きながら、対話による解法の確認が行われ、個々の生徒が問題の理解に努めることができました。

 

出前授業 「子どもの発達と保育」絵本の読み聞かせ

 11月14日(水)305HR、306HRの選択授業「子どもの発達と保育」において、河原医療福祉専門学校こども未来科より稲葉先生においでいただき出前授業をしていただきました。

「絵本の読み聞かせ」について教えていただいた後、実際に読み聞かせを行いました。

絵本の持ち方やページのめくり方、下読みの大切さなど技術的なことや読み聞かせのコツなどを丁寧に教えていただきました。最後にビッグブック(大型絵本)の紹介もしていただきました。

教えていただいたことを今後の学生生活や社会生活の中でいかしていきたいと思います。

【写真 伊藤先生】