H30三島高校日記

新春紙初市で書道パフォーマンス

1月7日(月)、「ホテルグランフォーレ」において「新春紙初市」が行われ、本校書道部が書道パフォーマンスを披露しました。

 

「今年も新年最初の書道パフォーマンスは新春紙初市ででした。毎年お声掛けいただけることに感謝し、筆に気持ちを込めて精一杯演技しました。干支の亥にかけた言葉や、平成最後を意識した言葉に思いを乗せています。本年も、三島高校書道部をよろしくお願いいたします。」(顧問 福本温子先生)

【写真 福本温子先生】

三学期始業式

 いよいよ三学期がスタートしました。本日は、大掃除の後、始業式が行われました。

(式辞)

 校長先生は、「いよいよ三学期が始まります。今年は5月1日から年号が変わる新しい節目の年です。竹は節を作りながらしなやかに成長を続けます。皆さんも何かをやり遂げたという節目を作ってください。三学期は総まとめの学期でもありますが、1、2年生にとっては、新2、3年に向けた『新学年への0学期』とも言われます。3学期の目標を決めるだけではなく、新年度への目標を決め、勉強、部活動にがんばってほしいと思います。3年生は4月から新生活が始まります。それぞれが進路を勝ち得て、新しいスタートを切ってください。」と皆に呼びかけられました。

続いて、「以前お話したと思いますが、『凡事徹底』という言葉があります。当たり前のことを徹底的に行うということですが、皆さんには当たり前のことのレベルを上げて、やり切ってほしいと思います。ある店の二人の店員さんがいて、仮にAさん、Bさんとします。Aさんはお客さんを玄関まで見送りますが、Bさんはお客さんが見えなくなるまで見送ります。その後の二人の評判は一目瞭然です。これは二人にとっての当たり前のレベルの差です。自分の考えを変えるだけで当たり前のレベルが変わります。皆さんも当たり前のレベルを上げて、それぞれの節目を作ってください。3年生の中には進路がすでに決定した人もいますが、これからセンター試験、一般入試に挑戦する人が100名近くいます。1、2年生も凜とした学習態度で、これから進路を切り開いていく3年生を応援して下さい。『チーム三島』で皆で戦っていきましょう。」と激励されました。

 

心の持ち方、考え方次第で物事に対する気持ちや取り組み方が違ってきます。校長先生がお話くださったように、「当たり前」のレベルを上げて、一つ一つの物事に一生懸命取り組み、自己の向上を目指して皆で歩んでいきましょう!

【写真 篠﨑先生】

冬季補習終了

 本日で冬季補習が終了しました。明日から冬休みです。年末年始、この一年を振り返るとともに、新たな年に向けての目標をしっかり立て、勉強や部活動、自己の進路目標実現のために日々取り組んでいきましょう。また、日ごろできなかった家の手伝いや家族との団らんなどを行い、充実した休みにしてください。三学期は来年1月8日からです。体調を整え、平成最後の三学期のスタートがきちんとできるようにしましょう!

今年も多くの方々にHPを御覧いただきありがとうございました。三島の地を離れても、見て下さっている卒業生の方も多く、本当にうれしかったです、来年度も皆さんに充実した「三島高校」の様子をお伝えできるようにがんばります。来年もよろしくお願いいたします。

 

「しこちゅ~ボラ7(セブン)」新聞で紹介

 25日(火)の「愛媛新聞」に本校の有志6名でつくる「しこちゅ~ボラ7(セブン)」が取材、執筆した「ボラ7通信」の創刊を紹介する記事が掲載されています。御覧ください。

2018年12月25日付「愛媛新聞」許可番号「d20181226-001」

記事の一部を紹介します。

高校生の視点を取り入れ、市内各地の活動やインタビュー記事を掲載。今後も定期で発行する予定だ。

8月に結成した「ボラ7」は四国中央市ボランティア市民活動センターの活動をサポートしている。機関紙はA4版4ページで約4千部。市内各地に回覧板用として配布するほか、公民館などに置く。

創刊号でメンバーは特別企画として篠原実市長にインタビュー。「興味のあるボランティアはたばこなどのごみ拾い」といった話や「情熱を持ち続けることが大切」という篠原市長のメッセージを載せた。

サイクリング大会や子育てフェスタに参加したボランティアの話なども紹介。副編集長の井川亮さんは「『自分で考えて行動することが大事』という言葉が印象に残った」とし、紙面には吹き出しを付けて盛り込んだ。

編集長の工藤野乃さんは「取材を通してボランティアの良さを改めて感じた」と声を弾ませた。

 

「しこちゅ~ボラ7」の皆さんの今後の活動を楽しみにしています。また、ここからさらにボランティアの輪が広がり、四国中央市がもっともっと魅力ある町になったらと思います。機会を見つけてボランティア活動に参加しましょう。

 

餅つきボランティア(ラグビー部)

12月23日(日)に三島公民館において行われた、「子ども食堂餅つきボランティア」に本校ラグビー部が参加しました。


初めて餅つきをする生徒ばかりで、初めは戸惑っていましたが、地域の人々と交流しながら楽しく活動することができました。
うどんやつきたてのお餅を頂き、今後の練習の活力になりました。

【写真・文 源代先生】