7日(金)の放課後、川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科より横田ヒロミツ先生にお越しいただき、3Dプリンターを用いたレクチャーをしていただきました 美術部員がモデルとなり、3Dスキャナーを使ってその場で3Dのデータを作成、その後3Dプリンタで出力を行いました。  四角い箱状のものが持参していただいた小型の3Dプリンターです。机上にあるのが、3Dプリンターで出力した立体です。赤い立体は、今も生きている方の心臓を3Dスキャンしたものだそうです。   左の生徒が手に持っているのが3Dスキャナーです。   美術部鈴木君の3Dデータが出来上がりました。 持参していただいた3Dプリンターで出力した、ミニ鈴木君です。    横田先生には3Dプリンターの実演だけでなく、医療現場で求められている新しい仕事としての3Dイラストレーションや医療現場で働くデザイナーのお話など生徒にとって大変刺激的なお話をしていただきました。テクノロジーやメディアが進化し続ける世の中で医療やデザインがどうなっていくのか体験的に考えられる機会となりました。 【写真・文 内海先生】