お知らせ


2018年2月2日(金曜日)

全校朝礼(新任者講話)

カテゴリー: - joho03 @ 08時56分45秒

 本日の全校朝礼は、今年度本校に赴任された榊田和恵先生がお話をして下さいました。

IMG_0673.JPG

先生が今年度、新しく担当された奨学金に関して話して下さいました。

「三年生が家庭学習に入りました。進路先が決まっている人は進む道に向けての準備を、また進路が決まっていない人は受験に向けて一生懸命勉強をしています。ここにいる皆さんも来年、再来年は進路を決定しなければなりません。どのようなことを学びに進学するのか、どのようなことをして働きたいのか、しっかり考え、勉強に取り組んでください。」とこれからすべきことについて話された後、

「奨学金には多くの人が関わることになります。進学するにはお金がかかります。受験費用から入学金、4年間の学費、生活費等を総計すると国公立大学では約820万円、私立文系大学では約980万円、私立理系大学では約1150万円、医学、歯学、薬学といった六年間学ぶ所では約2880万円かかるそうです。その支援をするために奨学金制度があります。例えば、各種奨学金を利用している大学生は51、3%います。本校では今年三年生が約100名予約奨学生として申請しました。その際に必要なことは、進学するにあたって保護者の方と進学費用に関する話もしっかりしてほしいということです。それぞれの奨学金には採用時期と申し込み締め切り日があります。手続きをするのは皆さんです。借りられる額が大きい日本学生支援機構は1学期の早い段階で申し込みや締め切りがあります。保護者に相談せずに、締め切りが過ぎていたということのないようにしましょう。家の収入や成績、進路先によって給付型の奨学金もありますが、多くは貸与型で卒業後返済しなければなりません。借りすぎに注意するとともに、たくさんのお金をかけて学ぶことをしっかり自覚して下さい。これは皆さんの将来への投資でもあります。その投資に意味があるように、在学中、そして進学してからもしっかり学んで下さい。分からないことは周りの先生に相談し、学力をつけて進学して下さい。」と話されました。

進学するにあたって、どれくらいのお金が必要か、奨学金制度とはどのようなものか、どのように手続きするのか、気をつけなければならないことなどが具体的に理解することができました。将来の夢に向かって、進学するために、日々努力を重ねていくことが大事だと痛感しました。1日1日の授業を大切にして向上していきたいと思います。

DSC07189.JPG

朝礼後、尾先生から、「今朝、凍結して通学中けがをした人もいます。冷え込みが強い時は道路が凍結します。徒歩、自転車いずれも通学の際は注意し、自転車ではヘルメットを必ずかぶって頭部を守りましょう。」と、通学時での注意点についてお話がありました。

寒い日が続きます。安全な登下校を心がけ、学校生活の中で自己の力を十分発揮できるようにがんばりましょう。

【写真 篠先生】

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


メインメニュー



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2