お知らせ


2017年12月25日(月曜日)

キャリア教育(二年生工場見学)

カテゴリー: - joho03 @ 09時06分01秒

12月22日(金)、第2学年の希望生徒を対象に、キャリア教育が実施されました。これは、公益社団法人 愛媛県パルプ工業会の主催で、地元企業の工場見学をさせていただくという内容でした。
1_8.JPG

生徒32名が参加し、まず、大王製紙株式会社を見学させていただきました。
会社の総務部や労務部の方々が概要を説明してくださいました。日本に3社ある総合製紙メーカーの一つであり、あらゆる紙を生産・販売していること、環境に配慮し古紙の利用拡大に努めていること、自社発電や売電もしていることなどを分かりやすく説明していただきました。

説明の中でNさんは本校を卒業後、大学・大学院を経て2年前に入社されたそうで、「学ぶことが好き」と自己紹介をされ、現在担当されているベビー用の紙おむつの商品開発については「生活者の顔が見える仕事です」と話されました。
2_8.JPG3_6.JPG

見学した抄紙機の場合、一日に生産する紙の長さは、愛媛と岩手の間を高速道路で往復する距離に相当するそうです。三島の港から製品が世界に送り出されているというお話でした。
4_5.JPG5_4.JPG6_3.JPG

続いて、福助工業株式会社を見学させていただきました。
7_3.JPG

生徒は頭にキャップを被り、靴をカバーで包み、服の汚れをクリーナーで落として、工場内に入りました。原料から、製品が箱詰めされるまでの過程を見学させていただきました。

次々と紹介された製品は、どれも身近で利用されているものばかりでした。生活に欠かすことの出来ない様々な用途の袋を製造しておられるということがよく分かりました。商品開発の一例として、手で破りにくい袋と、真っ直ぐに破ることができるように開発された袋の違いを、生徒は比較実験しました。見た目は全く同じ製品ですが、隠れた技術によってとても便利になるということが実感できました。
10_2.JPG

身近な工場の中でどのように製品が生産されているのか、先輩方がそこでどのように働いておられるのか、各種メーカーがどのように連携して製品を作り、それが社会生活にどのように結びついているのかなど、その一端を知ることができました。生徒たちにとって、今後の人生設計の大きなヒントを得ることのできた貴重な研修になりました。

御準備いただいた関係者の皆様に、御礼を申し上げます。ありがとうございました。
以上、引率教員からの御報告でした。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


メインメニュー



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2