お知らせ


2017年12月20日(水曜日)

二学期終業式・表彰伝達

カテゴリー: - joho03 @ 10時33分32秒

 本日は、大掃除の後、二学期終業式、表彰伝達が行われました。

<表彰伝達>

[人権尊重の意識を高めるためのポスター]

優秀   畑岡 愛梨   鈴木 茉有

入選   加藤 まい

IMG_9891_1.JPGIMG_9893_1.JPG

[健康に関する作文]

入選   毛利 香菜子

IMG_9896.JPG

[青少年読書感想文全国コンクール愛媛県審査]

(課題読書の部)

優秀   石村  彩

佳作   西岡 夏希

(自由読書の部)

佳作   井原  栞   中村 知敏千

IMG_9898.JPGIMG_9900.JPG

IMG_9901.JPGIMG_9904.JPG

[校内読書感想文コンクール]

最優秀   代表  吉田 舞波

最優秀3名、優秀8名、佳作16名 計27名

IMG_9905.JPG

多くの人が表彰されました。おめでとうございます。さらなる高みに向かってがんばりましょう。

この後、二学期の終業式が行われました。

<二学期終業式>

(校長式辞)

IMG_9912.JPG

校長先生は、「今日で二学期が終わります。二学期を振り返ってみましょう。」と皆に呼びかけられました。「二学期は運動会、文化祭、そして『愛顔つなぐえひめ国体』が開催されました。本校からも選手として、またボランティアとして150名を超える生徒が国体に参加してくれました。運動会、文化祭では、自主的な活動により、すばらしい成果をあげることができました。また「能楽ふれあいコンサート」などの各種講演会や工場見学などが行われています。学校ではこのような様々な催しが行われています。このような機会を生かし、自らの感性、品性を磨いて下さい。」と二学期の皆の活動をたたえてくださいました。

そして、「日本ハムの大谷選手は二刀流でメジャーに挑戦します。また、イチロー選手はさらに現役生活を続けようとしています。なぜイチロー選手は現役にこだわるのか?それは彼自身が50歳までは現役生活を続けるという明確な目標を定めているからです。そこで本校の目標をもう一度見てみましょう。」と言われ、目標についてのお話をして下さいました。

IMG_9915.JPG

「本年度の本校の重点努力目標は『自ら学び、鍛え、考える力の育成』を掲げ、さらに四つの具体的な目標を定めています。(上の写真を参照)自主的な勉強ができたか?自分の生活のリズムができているか?地域に積極的に出かけていってボランティア活動ができているか?など、自分自身の振り返りをしましょう。また、地域や周りの方々に対してはHPで「夢をかなえる三島高校」を掲げ、『地域から愛され信頼される学校を作ります。アカデミックで楽しい学校を作ります。より高次元の目標に向かって主体的に努力する生徒を育てます』をマニフェストとしています。自分は何をすればいいのか?重点努力目標は当たり前のことです。自分を成長させるためにがんばってください。また、一学期、一年を振り返って、反省するとともに、自分の目標を言葉で周りの人に表現し、発信してください。三年生の中にはすでに進路が決定した人もいますが、これからセンター試験、一般入試に挑戦する100名を超える人がいます。凜とした生活、学習態度で臨んでください。そして皆で応援してあげてください。」と今後、私たちにとって大切なことについて話してくださいました。

<各課より>

[教務課]

教務課長香川先生から二学期の学習状況、出席状況についてお話をしていただきました。

IMG_9919.JPG

出席状況については、「SHRのみの遅刻や1、2時間目のみの遅刻など、ちょっとしたことでの遅刻が増えています。生活のリズムをしっかり整えましょう。」

学習状況については、「11月の学習時間調査では、1日の学習時間が180分を超える生徒が全体の37パーセントでした。毎日の努力は大切です。個人的な意見としては学習時間と成績は比例すると思います。二学期の生活を振り返り、反省し、三学期、気持ちを新たにスタートできるようにしてください。現在、三者面談が行われていますが、進路の悩みなどを相談して、新たな学期、年においてしっかりした態度で臨めるようにしてください。」

基本的生活習慣、学習習慣を定着させることの大切さについて話してくださいました。

[生徒課]

生徒課長浅田先生から、生活態度、気持ちのありかたについてお話をしてくださいました。

IMG_9926.JPG

「皆さんの前で話をする時は、小さい、または大きな判断ミスに対しての注意をすることがほとんどですが、11月以降はその機会がありませんでした。これは皆が自覚した行動ができた結果だと思います。人は当たり前のことを長く続けられる事がすばらしいのです。誰でもできることを継続することは案外難しいことです。これはある剣道の達人の言葉ですが、当たり前のことを継続し、実践できるようになってください。休み中、判断をあやまった時、またミスしそうになった時は、状況を頭の中でイメージして自分の行動が適切かどうかをよく考え、正しい判断をしてください。また、自分の言動が悪いと思ったら、『すみません』と言える謙虚で素直な面を大切にしてください。『言い訳は人の成長を妨げる』と言われます。謙虚な気持ちで反省することが次につながります。」と、謙虚さ素直な態度で生活することの大切さをお話しくださいました。

冬休み中、自分の生活や態度を振り返り、できてなかった所、なおさなくてはならない所を素直に見つめ直し、自己を向上させるために何をすべきかをよく考え、三学期に実践していけるようにがんばりましょう。

【写真 篠先生】

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


メインメニュー



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2