お知らせ


2017年10月6日(金曜日)

全校朝礼(生徒課長講話)

カテゴリー: - joho03 @ 13時38分34秒

 本日の全校朝礼は、生徒課長浅田先生が「判断力を持つことの大切さ」についてお話をしてくださいました。

IMG_8967.JPG

「日常生活を送ることは、判断の連続です。ここで何をするか、どうするかということを常に判断していかねばなりません。判断を間違えてしまうと反省してすむ場合もありますが、取り返しがつかないことにもなりかねません。判断を見誤らないために勉強する必要があります。例えば、数学という教科はともすれば『世に中に出て役に立たないのではないか?』と思われることもあります。しかし、数学は論理的に物事を考えていく教科です。例えばAという数字は+(プラス)か−(マイナス)かひょっとしたら0(ゼロ)かもしれません。いろいろなケースを考えるのが高校の数学で、いずれかを判断し、検証していきます。論理的に考えていって一つの答えにたどりつきます。検証していく中でいらないものを除いていったり、場合分けの場合もあります。日常の物事も同じです。何かに直面した時、いろいろな場合を想定し、この道を選べばどうなるのかということを判断し、行動できることが大切です。正しい判断ができるように、論理的な思考力と判断力を養って下さい。」とお話し下さいました。

日々の生活の中で、自分が行動する際、一度立ち止まり、どう行動すればよいか、本当に正しいのかどうか、周りに対して迷惑をかけないのかどうかを考え、判断し、行動に移すことが大切であることをあらためて感じました。正しい判断力が持てるよう、一つ一つの行動に責任を持ち、生活をしていきましょう。

【写真 篠先生】


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


メインメニュー



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2