お知らせ


2018年4月22日(日曜日)

ラグビー部準決勝勝利! 

カテゴリー: - joho03 @ 14時42分25秒

本日、「第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 」 愛媛県予選準決勝が久万高原町ラグビー場で行われ、本校ラグビー部が見事、勝利しました!

[試合結果]

三島  29−12  北条

1524371890016.jpg

1524371917016.jpg

1524371932430.jpg

「第3シードの北条高校に勝ち、上位2位までが確定したので、3年ぶりの四国大会出場が決まりました。
決勝戦は4月28日(土)13:20キックオフ(久万高原町ラグビー場)相手は第1シードの新田高校です。

暑い中の試合でしたが、生徒は最後まで気を引き締めて、よく頑張りました。
後半、北条高校のペースになりかけましたが、激しいディフェンスでしのぎ、最後はだめ押しのトライで試合を決めました。
今週の土曜日の決勝戦に向けて、チーム全体で盛り上げていきます。」(顧問 野本先生)

ラグビー部の皆さん、決勝進出おめでとうございます。そして3年ぶりの四国大会出場おめでとうございます。すばらしいです!!土曜日、優勝目指して頑張って下さい!

【写真・文 野本先生】

 


2018年4月20日(金曜日)

全校朝礼(教育支援課長講話)

カテゴリー: - joho03 @ 13時00分23秒

 今朝の全校朝礼は、教育支援課長渡辺夏実先生がお話をして下さいました。

IMG_1867.JPG

先生は、毎日朝晩の犬の散歩で、出会った方とのエピソードを話して下さいました。

先生にとって、犬の散歩は季節を体感したり、出会った方や近所の方とあいさつや会釈をかわしたり、近くの中学の部活帰りの生徒が元気なあいさつをしてくれたりと元気をもらえたり、リフレッシュできるものだそうです。始業式の日の夜の散歩で、ある年配の男性といつものように「こんばんは。」とあいさつした所、反応がなく、通り過ぎようとした所、「犬が好きな人間ばかりではない。」と叱責されたそうです。その怒鳴り声から悲鳴のようなせっぱ詰まったような気持ちを感じた先生は、怒鳴られた悲しさから気持ちを切り替え、勇気を出して、「大丈夫ですか?何かあったのですか?」と尋ね返すと、その男性は幼少時の体験を語ってくれました。自分が通る道にある家では犬を放し飼いにしていて通るたびにほえられたり、飛びかかられそうになったことで、犬への恐怖感が50年以上たっても消えないということでした。人はそれぞれが違うし、価値観も違う。相手の気持ちを想像したり、理解しようと努力することが大切であることをあらためて感じたそうです。つらいことや恐怖感だけでなく、逆にうれしかったり、心温まることも私たちの心から消えることはありません。

先生が高校一年生の時、つらいことがあり、一人座って空を眺めていた時、友人がそっと横に座り、寄り添ってくれたこと。ただ一緒に座って、夕日を眺めるだけで、かわした言葉は「きれいね。」くらい。しかし、同じ場所にいる。同じ時を過ごす。同じ景色を眺める。同じ風に吹かれる。それだけで、人は心が温かくなれる。一人ではないんだということを実感できる。それが大切なことだと先生は話して下さいました。

また、周りの人の言動に励まされたことを話して下さいました。幼少時の娘さんが毎日、一番遅く保育園に迎えに行く先生に、いつもにこにこしながら「お母さんお帰り。」と飛びついてきてくれたこと、三島高校に赴任した最初、慣れない環境で体調を崩し、声が出ない時、教室の前半分に机を移動して声を聞きやすい状態にしてくれ、「先生、無理しなくても、これでちゃんと聞こえます。」と言ってくれた生徒たち、仕事で苦しい時、同僚の先生に、「力になるよ。一人で抱え込まないで。」と優しく声をかけてもらったこと。先生にとっての何よりの励まし、力になった出来事でした。

そして、「自分は大切な人を大切にできていますか?」と先生は投げかけられました。朝の忙しい時間帯に娘さんの誕生ケーキのことで電話をしてきたお父さんに対し、夜また話せるという思いで電話を切ったけれど、その日の夕方事故に遭い、二度と話すことができなかったご自身のお父さんとのエピソードを話して下さいました。人は他人に対しては気遣いをするけれど、身近な人や家族に対しては言わなくても分かってくれているという安心感から感謝の気持ちを言葉に表して伝えることができない。先生もお父さんに対して伝えたかったこと、伝えられなかったことがたくさんあったそうです。みんなにもいつもの家族との生活を振り返って、「送ってくれてありがとう。」、「ありがとう。今日もがんばるね。」、「今日のごはんおいしかった。」などの感謝の気持ちを伝えてほしい。「またいつか。」、「また今度。」ではなく、今日伝えることが大切であること、丁寧に心を込めて伝えることが大切であることを教えて下さいました。

最後に、先生は「三島高校がお互いを大切に思い、励まし合える、温かい言葉やまなざしがあふれる場所であってほしい。」と話を締めくくられました。

つらい時、心が折れそうになった時に、人は孤独を感じ、気持ちが落ちこみます。そんな時、そっと寄り添ってくれる人、また優しい言葉をかけてくれる人がいるだけで救われ、心癒やされます。人にしてもらったことは、今度は自分がしてあげることが大切です。お互いがお互いを支え合い、感謝の気持ちが言葉に表せる関係を作っていけるよう、皆でがんばっていきましょう。

【写真 篠先生】

 

 


2018年4月18日(水曜日)

帆風成海さん来校 

カテゴリー: - joho03 @ 13時49分05秒

4月17日(火)、女優の帆風成海(ほかぜ なるみ)さんが来校されました。帆風さんは現在、坊っちゃん劇場(東温市)で上演中のミュージカル『よろこびのうた』に出演されています。

このミュージカルは、坊っちゃん劇場 第13作「第九」アジア初演100周年記念の作品です。帆風さんは老舗旅館の箱入り娘「明子」役で主演を務めていらっしゃいます。このホームページを御覧の皆様も、ぜひ御観覧ください。

帆風さんは、2007年宝塚歌劇団に入団され、雪組の男役として御活躍されたあと、2015年惜しまれつつ退団されました。退団後は、ABKAI「石川五右衛門〜外伝〜」、明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」等に出演され、進境著しい昨今です。

今回は、本校3年生がフィールドワークで坊っちゃん劇場の舞台を観劇する予定であることから、来校されました。四国中央市の御出身である帆風さんに縁(ゆかり)のある教員が本校には多くおり、久々の対面となりました。

帆風成海さんの今後の御活躍と、坊っちゃん劇場のますますの御発展をお祈りいたします。

20180417.JPG
写真中央が帆風成海さんです。


2018年4月17日(火曜日)

交通安全指導

カテゴリー: - joho03 @ 08時32分46秒

 今朝、登校時に二年生交通委員と教員による今年度第1回目の交通安全指導が行われました。学校周辺の交通量の多い4カ所において実施しました。交通ルールを守ることは、自分はもちろん、他者を守ることになります。朝、時間的なゆとりをもって安全に登校しましょう。

DSC07247.JPG

DSC07248_1.JPG

 


2018年4月13日(金曜日)

三年生進路指導

カテゴリー: - joho03 @ 15時40分27秒

本日の3年生のHR活動は、進路希望別に分かれて、進路指導が行われました。

(進学希望)

進路課長 下司先生からお話をしていただきました。

IMG_1854.JPG

進学実績について、受験に向けてのルールの確認、推薦入試や模試の現状の把握、これからの生活について意識していかなければならないことについて「具体的にお話をしていただきました。特にこれからの生活について大切なこととして、「授業中心に学習する」、「学習時間の確保をする」、「情報を収集する」、「規則正しい生活をする」、「みだしなみを整える」ことが重要であること、すなわち「主体性を持って生活する」ことの重要性についてお話をしていただきました。

(就職希望)

就職係長 近藤先生からお話をしていただきました。

IMG_1859.JPG                              

 

就職関係についての年間予定、昨年の卒業生の就職状況、就職先の選定について、求人票の見方について、履歴書の書き方について、学校があっ旋する求人についての手続きについて、公務員試験について具体的に説明をしていただきました。また、就職した先輩からの「受験企業決定の理由と時期」、「就職試験に向けての勉強法や工夫した点、苦労した点」、「後輩へのアドバイス」を紹介していだきました。

3年生にとって、自己の進路実現のためひたすら前進していかなければならない時期がやってきました。今、そしてこれからしなければならないことについて先生方から具体的に教えていただきました。次はそれを実践していくことです。自分にとって今、何をどうしなければならないかをしっかりと見極め、日々取り組んでいかねばなりません。一日一日を大切に積み重ねていきましょう!

 


全校朝礼(表彰伝達・教頭講話)

カテゴリー: - joho03 @ 09時41分30秒

 今朝の全校朝礼は表彰伝達と教頭講話が行われ、鎌村教頭先生がお話をして下さいました。

<表彰伝達>

第42回全国高等学校選抜フェンシング大会 学校対抗女子サーブル 第三位

IMG_1847.JPG

フェンシング部のみなさん、全国三位おめでとうございます。今後の全国での舞台の活躍を楽しみにしています。

<教頭講話>

 鎌村教頭先生は3つのお話をして下さいました。

IMG_1851.JPG

1 将棋の話 中学生でプロ棋士になった藤井聡太六段

  教頭先生も小学生のころからお父さんに教わり、それからは将棋をさしたり、将棋の本を読むことが趣味になったそうです。

「中学生でプロ棋士になった藤井六段はすばらしい成果をおさめています。勝負の世界は他者との戦いであるとともに自分との厳しい戦いです。将棋人口に対し、プロ棋士の 人数は全国で200名しかいない非常に狭き門です。プロになるためには、養成機関として奨励会に入り、リーグ戦を勝ち上がらねばなりません。力を持った人が集まり、競う中で、ほぼ全勝で勝ち上がった二人だけがプロになることができます。日本の大学の中で難関と言われている東京大学は約2000人の定員です。元日本将棋連盟会長の米長邦雄さんは末っ子でした。自分の才能について、『兄は才能がないから東大に行った。自分は才能があったからプロになった。』と言っています。藤井六段は29連勝を成し遂げるなど並外れた才能の持ち主です。性格もよく、謙虚さを持ち合わせ、今後の活躍に期待したいです。」

2 偉人の言葉 マハトマ・ガンディー(インドの政治家・民族運動指導者・宗教家)の言葉

 『明日死ぬかのように生きよ 永遠に生きるかのように学べ』

「『明日死ぬかのように生きよ』は、人間はいつ死ぬか分からないから今を一生懸命生きよという意味で、『永遠に生きるかのように学べ』は、たとえ人が亡くなったとしても学問や科学の進歩は後世に引き継がれ、発展していくのでしっかり今、学ばねばなりません。」

 

3 一冊の本の紹介 『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎著)

「この本は戦前の1937年に書かれた本ですが、昨年ブームになりました。現代に通じるテーマが本の中に盛り込まれています。主人公は中学生のコペル君。彼が悩み、考え、行動し、成長していく様子が描かれています。コペル君は友人を裏切ったことで悩み苦しみます。本を読むことで追体験でき、自分のこととして考えることができます。若い時期にたくさんの本を読んでください。生き様、発見、考え方、創造は後の世代に残すことができます。今、学んでいることは先人の叡智の結晶です。新学期を迎え、新たな決意とともに充実した高校生活を送って下さい。」

今、学ぶこと、一生懸命考え、行動し生活していくことの大切さを教えて下さいました。一人ひとりが、さまざまな目標や決意を胸にもっていることと思います。その夢や目標に向かって、一日一日を大切に過ごしていきましょう。

【写真 篠先生】 

 


2018年4月12日(木曜日)

交通安全指導・自転車車体検査

カテゴリー: - joho03 @ 16時48分15秒

避難訓練終了後、交通安全指導、自転車車体検査が行われました。

<交通安全指導>

尾崎先生から、登下校中の交通安全についてお話をしていただきました。

IMG_1842.JPG

1 自分の命をしっかり守るためには、頭を守るため必ずヘルメットをかぶること。

2 交通マナーを守ることが高齢者や幼い子供の命を守ることにつながるので、周りのことを考えて行動すること。

  歩行者は右、自転車は左通行を守る。飛び出しをしない。並進、片手運転をしない。昼間もライトをつける。

3 交通事故は予期せぬ時に起こる。十分に注意することが必要であるが、人を傷つけてしまう可能性もある。保険に入っておく。

4 電車でのマナーを守り、周りに迷惑になるような行為をしないこと。

5 登下校は時間に余裕を持って登校する。学校周辺は車の通行量が多いので注意する。  

具体的に気をつけるべきこと、守らなくてはならないことについて話してくださいました。

交通安全指導終了後、各HRの駐輪場において自転車の車体検査を行いました。ブレーキやライト、反射板、カッパなど12項目について検査しました。

<自転車車体検査>

   DSC07246.JPG                         

自転車に乗る際に、自分と相手の命を守るために、きちんと整備された自転車に乗ること、ヘルメットをかぶること、周りの方のことを考えて通行すること、坂道では必ず減速することなどすべきことをきちんと行い、交通安全に取り組んでいきましょう。

【写真 篠先生】


第1回避難訓練

カテゴリー: - joho03 @ 16時28分03秒

 本日6限目は、第1回避難訓練を実施しました。

DSC07244.JPG

今回は、新HRからの緊急時の基本的な避難経路を確認し、迅速に避難できる体制を確立することを目的として、出火場所を設定せず、各校舎内で、下の階へ迅速に下り、体育館へ避難すること、階段が混みあっている際、上の階の生徒を優先して下ろす、順次避難を行いました。

体育館へ避難し、点呼を行い、安全を確認した後、総務課長 石村先生から防災についてお話をしていただきました。

IMG_1833.JPGIMG_1838.JPG

IMG_1837.JPG

1 本校の年間実施している避難訓練について

2 階段で上の階の生徒が優先的に降りる順次避難で安全に避難すること

3 普段安全に過ごしている場所でも地震や火事が発生するとガラスが割れるなどの危険が生じるので安全かどうか?前の人が安全に通れても、自分が通る際はどうか?など自分       で安全を確認する必要があること。まずは頭を守る必要があること。

4 地震、津波について

 南海トラフ巨大地震が発生した際、四国中央市の場合、津波高が1mに達するまでに231分、また最高津波水位3.6mに達するまでに404分かかり、逃げる時間は十分にあると想定されること。そして、その場合、津波・浸水が本校に及ぶことはないと想定されること。被災時、本校のグラウンドは指定緊急避難場所に、本校は指定避難所(収容施設)になっていること。

また、国や県、四国中央市も災害に備えてのwebページを設けており、四国中央市では防災マップを配布していること。マップには土砂災害の被害の想定図なども出ているので、自宅や自分が活動する地域がどのような状態かを把握していくことも大切であること。

5 地震が起こった場合どうするか?

  発生直後はまず自分の身を守ること。そして揺れがおさまったら、家族や友人の安全を確認し、協力して過ごすこと。

  自助(自分で自分の身を守る)  共助(お互いに助け合う)   公助(消防署等の助け)が大切であること。

災害が起こった時、正しい判断をし、適切な行動ができるように日ごろから考えることや防災についての知識を持っておくことの重要性を実感しました。今回の訓練や説明で学んだことをしっかりと頭に入れ、いざという時に行動できるようにしたいと思います。

【写真 篠先生】

 


2018年4月11日(水曜日)

一年生オリエンテーション第2回

カテゴリー: - joho03 @ 16時21分04秒

 本日の午後、一年生は昨日に引き続き、オリエンテーション第2回が行われました。

生徒指導、人権・同和教育、保健体育関係について各担当の先生方からお話をしていただき、高校生として日常生活においてしなくてはいけないこと、また一人の人間としてしてはいけないこと、しなくてならないこと、健康について教えていただきました。

IMG_1805.JPGIMG_1812.JPG

IMG_1814.JPG

最後に岡先生から校歌の歌唱指導をしていただきました。

IMG_1825.JPG

IMG_1832.JPG

岡先生の熱心なご指導のもと、大きな声で元気よく校歌が歌えるようになりました。三高生としての生活に慣れ、しっかりとした生活、行動を行っていきましょう!

【写真 篠先生】


2018年4月10日(火曜日)

一年生オリエンテーション・部紹介

カテゴリー: - joho03 @ 18時30分24秒

 本日の午後、一年生はオリエンテーションと各部による部紹介が行われました。

<オリエンテーション>

IMG_1666.JPG

 はじめに、学年主任児玉先生から、いいクラスにするためには、それぞれの個性を大切にすること、友人の中傷をしないことが大切であることを話していただきました。その後、これから始まる高校生活について、教務、進路指導、図書、教育相談、防災対策・奨学金の各担当の先生方から説明、お話をしていただきました。先生方から「三高手帳」を用いて分かりやすく教えていただき、大切なことは手帳に書き込み、三島高校での生活、高校生としての姿勢やすべきことについて学びました。

IMG_1662.JPGIMG_1674.JPG

IMG_1684.JPGIMG_1686.JPG

<部紹介>

オリエンテーションに引き続き、一年生に向けて、各部による部活動紹介が行われました。各部から代表者が登壇し、活動の内容を紹介したり、パフォーマンスを行うなど部員勧誘のPRをしました。

(生徒会長あいさつ)

IMG_1691.JPG

古川生徒会長は、「本校は部活動が盛んで、全国大会に出場したりするなどすばらしい成績をおさめています。自分に合った部活動を選び、積極的に活動しましょう。」と意欲的な活動をすることを呼びかけました。

(体育局)

[陸上競技部]                      [野球部]

IMG_1694.JPGIMG_1696_1.JPG

[ソフトボール部]                    [ラグビー部]

IMG_1699.JPGIMG_1700.JPG

[女子ラグビー部]                    [男子バスケットボール部]

IMG_1703.JPGIMG_1705.JPG

[女子バスケットボール部]                [柔道部]

IMG_1709.JPGIMG_1712.JPG

[剣道部]                        [男子卓球部]

IMG_1713.JPGIMG_1716.JPG

[女子卓球部]                      [サッカー部]

IMG_1717.JPGIMG_1720.JPG

[ダンス部]

IMG_1725.JPG

[男子バレーボール部]

IMG_1728.JPGIMG_1729.JPG

[女子バレーボール部]                  [男子ソフトテニス部]

IMG_1730.JPGIMG_1733.JPG

[女子ソフトテニス部]                  [登山部]

IMG_1735.JPGIMG_1737.JPG

[フェンシング部]

IMG_1738_1.JPG

[バドミントン同好会]

IMG_1740.JPG

(文化局)

[放送部]                         

IMG_1743.JPG

[吹奏楽部]

IMG_1745.JPG

[音楽部]

IMG_1747.JPG

[美術部]

IMG_1748.JPG

[VYS部]                       [書道部]

IMG_1750.JPGIMG_1753.JPG

[茶道部]                        [華道部]     

IMG_1755.JPGIMG_1759.JPG

[インターアクト部]                   [自然科学部]

IMG_1762.JPGIMG_1763.JPG

(生産局)

[情報処理部]                     

IMG_1764.JPG

[簿記部] 生徒会による説明

[計算事務部]                      [食物部]

IMG_1766.JPGIMG_1768.JPG

[被服手芸部]

IMG_1769.JPG

体育館での部紹介が終わった後、各部への見学等が行われました。前庭や体育館前では書道部による書道パフォーマンスや吹奏楽部による演奏が行われ、多くの一年生が鑑賞しました。

[吹奏楽部演奏]

IMG_1774.JPG

IMG_1778.JPG

IMG_1780.JPG

[書道パフォーマンス]

IMG_1783.JPG

IMG_1785.JPG

IMG_1791.JPG

一年生のみなさん、高校生活をより充実させるために部活に入部し、自分の持てる可能性をより引き出し、将来へつなげていきましょう!

【写真 篠先生】


対面式

カテゴリー: - joho03 @ 15時47分06秒

今朝は、3学年、全校生徒が初めて揃い、「対面式」が行われました。

<対面式>

(学校長あいさつ)

IMG_1644.JPG

校長先生は、「『cooljapan』(NHK)という外国人の日本や日本人に対する考え方・感じ方の変化について語り合う番組があります。先日はテーマが『先輩・後輩』についてでした。英語には、先輩、後輩にあたる単語はないそうです。東アジアでもモンゴルあたりでは、例えば二年生であっても、年下の一年生が入ってくれば年上を敬うそうです。日本では学年が上の人を先輩として敬います。このように国によって考え方は違いますが、儒教の教えには『長幼の序』という年下の者は年配の者を敬い、年配の者は年下の者を慈しむことが大切だという教えがあります。本校は一年生258名を迎え、全校生徒748名、教職員63名で今年度をスタートさせます。一年生は先輩に倣い、1日も早く高校生活に慣れていってください。二、三年生は一年生を大切に育てていってほしいと思います。楽しい三島高校にしていきましょう。」と、先輩、後輩のつながり、絆の大切さについて話されました。

(上級生代表歓迎のあいさつ)

IMG_1649.JPG

上級生を代表して古川生徒会長が、「一年生のみなさん、入学おめでとうございます。三島高校は日々の学習や部活動に全力で取り組める過ごしやすい学校です。先生方は生徒のことを第一に考え、熱心に指導して下さいます。一日も早く学校生活に慣れ、充実した高校生活が送れるよう、私たちが全力でサポートしていきます。『チーム三島』の一員としてこれから学校を盛り上げていきましょう。」と、皆でともに向上していくことを呼びかけました。

(新入生代表あいさつ)

IMG_1652.JPG

新入生を代表して井川亮さんが、「私たち258名は伝統ある三島高校で新たなスタートを切れることを誇りに思います。三高生の名にふさわしい充実した日々を送れるよう努力します。」と、今後の高校生活に向けての決意を語ってくれました。

(あいさつ)

IMG_1658.JPG

中央で、古川生徒会長と井川さんが全校生徒を代表して握手しました。

一年生のみなさん、みなさんを迎えることができてうれしいです。これから、全校生徒が一丸となり、お互いを支え合い、高めあいながらさらなる高みを目指して歩んでいきましょう!

【写真 篠先生】


2018年4月9日(月曜日)

入学式

カテゴリー: - joho03 @ 17時07分58秒

 本日は、午後から「入学式」が行われました。

<入学式>

(開幕演奏)

DSC02006.JPG

式に先立ち、吹奏楽部による開幕演奏が行われました。エルガー作曲「エニグマ変奏曲」より「ニムロッド」を披露し、新入生や保護者の方々をお迎えしました。

(国歌斉唱)

DSC02009.JPG

DSC02010.JPG

(入学許可宣言)

DSC02012.JPG

DSC02014.JPG

校長先生が、258名の入学を許可されました。

(校長式辞)

DSC02016.JPG

校長先生は最初に、「入学おめでとう。ようこそ三島高等学校へ私たち教職員一同は、心から皆さんの入学を歓迎いたします。」と、入学を祝福されました。

そして、「今日は皆さんのこれからの高校生活を激励し『なぜ、勉強するのか 〜それは未来の自分への投資〜』と題し、お話しします。」と言われ、

「例えばある人物の一生を描いた小説を読んだとき、あたかも主人公になったような気持ちで読み進み、読み終わればその人物の人生を追体験したような気分になります。このような脳の働きを経験しておくことは、これからの人生で、必ず自分の生き方の参考となります。これは、小説を読んで人生を追体験したような経験は、記憶は薄れても完全に消えずに脳のどこかに残っているからです。人間の脳の中にはニューロンという神経細胞がたくさんあります。ニューロン同士のつながりの部分をシナプスといいます。そのシナプスがつながることによって情報を伝達しています。勉強していて『分かった』『なるほどなあ』と思うことがあると思います。その時にシナプス同士がつながるのです。一度つながったシナプスもそのままにしておくと少しずつ薄れてしまいます。だから問題を繰り返しやったり、単語を繰り返し覚えたりすることでシナプスのつながりをより強くすると、いつまでも記憶が残るということになります。これからの勉強の中で、なるべく多くの『分かった』『なるほどなあ』を経験してください。経験すればするほど、人生で何かがあったときにシナプスがつながりやすくなるのです。勉強とはその訓練をしているのだと思ってください。人生で一度でも経験することが大切なのです。高校時代に様々な教科に出会い、こつこつと誠実に努力を積み重ねた経験は、その後の人生で何かに出会ったときに大きなヒントや勇気を与えてくれます。つまり、勉強することは未来の自分に投資することなのです。本校のスローガンは「夢をかなえる三島高校―夢・挑戦・飛翔―」です。地域から愛され信頼される学校、アカデミックで楽しい学校、より高次元の目標に向かって主体的に努力できる生徒を育てることをマニフェストとして掲げています。これらを目指し、生徒・教職員が一丸となって学習活動、部活動、ボランティア活動等粘り強く努力を継続し、夢がかなえられるよう懸命に取り組んでいます。きっと皆さんの期待に応えられる教職員・先輩たちです。皆さんには本校の4つの指導目標「自主的に勉強する」「生活リズムを整える」「周りの人を尊重した言動をする」「部活動・ボランティア活動へ積極的に参加する」を胸に、一人ひとりが自分のできる最大限の努力を継続してほしいと思います。そうした皆さん一人ひとりの地道な取組が、マニフェストの達成へつながっていきます。皆さんの地道な取組・努力は自分自身の成長だけでなく、周りの人々を温かい気持ちにさせ、さらには地域の活性化・街づくりにも貢献し、地域の人たちに勇気と感動を与えてくれます。皆さんの3年間のたゆまぬ努力を期待します。」と、3年間の継続的なたゆまぬ努力の大切さを話されました。

(新入生代表宣誓)

DSC02020.JPG

新入生を代表して、井川亮さんが、「ただ今、伝統ある三島高等学校に入学を許可されました私たち新入生258名の者は、校則や社会のルールを守り、仲間と共に勉学やスポーツに励み、人格の形成に努め、高校生としての本分を全うすることを誓います。」と、堂々と宣誓しました。

(来賓祝辞)

[鈴木俊広県議会議員]

DSC02023.JPG

入学のお祝いのことばをおっしゃった後、「皆さんは、自分の意志で伝統ある三島高校を選びました。夢、希望、目標をしっかりと持ち、この三島高校で形にして大きな花を咲かせて下さい。三島高校は96年の伝統を誇ります、先輩や先生方が皆さんを支えてくれます。しっかりがんばってください。」と、これからの高校生活を激励された後、

「皆さんに二つのお願いあります。一つは、1日一回、休む時に目を閉じて考える時間を作って下さい。その日の反省をしっかりして、明日何をするかをよく考え行動して下さい。そしてもう一つは貢献・挽回・感謝です。皆さんはいろんな人から支えられています。感謝の気持ちを行動で表して下さい。物事は一回で成功することはめったにありません。失敗の連続です。失敗を恐れず、挑戦していってください。感謝の気持ちを持ってがんばってください、。」と、これからの生活において大切なことを教えて下さいました。

[加藤宏二PTA会長]

DSC02027.JPG

加藤PTA会長は、「新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。そして、ようこそ三島高校へいらっしゃいました。」と、入学を祝福された後、

「自分の意志で入学されたみなさん、これからは義務教育とは違い、自らの意志で道を切り開いていかなあければなりません。そこには責任も生じてきます。大人の階段を一歩、踏み出した感じでしょうか。自分で選択して自分で歩いていく。当然、どちらの道を進むべきか悩むこともあるでしょう。しかし、振り返った時には、悩んでいた分岐点の数々は滑らかな1本の道になっているはずです。新しい明日に向かって進んで下さい。」と激励されました。

また、「生徒のみなさん、保護者のみなさん、そして教職員のみなさま。伝統ある三島高校、『チーム三島』として子どもたちの夢の実現のためにがっちりスクラムを組んでいきましょう。」と、皆でともに歩んでいくことを呼びかけられ、AIさんの『みんながみんな英雄』の歌詞の一節

特別じゃない 英雄じゃない みんなの上には空がある 雨の日もある 風の日もある たまに晴れたらまるもうけ 振り向けば 君がいる 前向けば 友がいる 走って 転んで 寝そべって 新しい明日が待っている

を紹介されました。

(来賓並びに祝電披露)

DSC02045.JPG

DSC02030.JPG

安藤教頭先生がおいでくださった来賓の方々の紹介と祝電の披露をされました。

<校歌紹介>

DSC02048.JPG

入学式が終わった後、森由唯さんのピアノ演奏で音楽部、吹奏楽部のみなさんが校歌を歌ってくれました。新入生のみなさん、校歌を覚えて下さいね。

<職員紹介>

DSC02053.JPG

児玉信也学年主任をはじめとする1年学年団(正・副担任、養護教諭、スクールライフアドバイザー)の先生方の紹介が行われました。

新入生のみなさん、明日から高校生活が始まります。1日も早く、三島高校の生活に慣れ、夢の実現に向けて皆で共にがんばっていきましょう。

明日の対面式でお目にかかれることを楽しみにしています。

【写真 内海先生】


新任式・一学期始業式

カテゴリー: - joho03 @ 16時13分18秒

 本日から新年度、平成30年度がスタートしました。SHRの後、転任してこられた先生方をお迎えして、「新任式」が行われました。

<新任式>

(新任者紹介)

 渡邊校長先生から鎌村教頭先生をはじめ、12名の新しく来られた先生方を紹介していただきました。

DSC01979.JPG

DSC01977.JPG

DSC01978.JPG

(新任者代表あいさつ)

DSC01983.JPG

新任の先生方を代表して、鎌村教頭先生が、「一日も早く三島高校になれて、いろいろな個性を発揮して皆さんの学校生活の手助けをしていきたいと思います。」とあいさつされました。

(生徒会長歓迎のことば)

DSC01984.JPG

古川生徒会長が生徒を代表し、「三島高校は長い歴史と伝統あるすばらしい学校です。校庭の大きなくすの木は私たちの成長を見守ってくれる本校のシンボルです。この誇り高い三島高校で先生方と過ごせることを大変うれしく思います。よろしくお願いします。」と先生方へあいさつしました。

続いて、第一学期始業式が行われました。

<始業式>

(校長式辞)

DSC01988.JPG

校長先生は、「いよいよ平成30年度がスタートしました。3月末に12名の先生方をお送りし、本日新たに12名の先生方をお迎えしました。生徒、教職員が『チーム三島』として一致団結し、『夢をかなえる三島高校』のスローガンのもと、個々の夢の達成ができるよう、皆で邁進していきましょう。」と呼びかけられた後、春休みのうれしい出来事を二つ紹介されました。

1 フェンシング部女子が全国三位の栄冠に輝いたこと。

2 第二体育館が3月末に完成したこと。

そして、森信三(教育者・哲学者)の職場再建の3原則、「時を守り、場を清め、礼を正す」という言葉を教えて下さいました。

「この言葉を学校に置き換えると、時間を守る。掃除を徹底的に行う。あいさつをきちんとする。ということです。さらに本校に照らし合わせると、本校では時間を守ることも、掃除を行うことも、あいさつもよくできています。一段とよくするために、授業のチャイムが鳴る前には席に着いてノートや教科書を開き、凜とした雰囲気をクラス全体で持てるようにする。掃除を徹底することで、先述の森さんは『心を磨ける。気づく人になれる。謙虚になれる。感動できる心を育める。感謝の気持ちが芽生える』という5つのことが身につくと言っています。十分間の掃除を徹底して、この5つを育んでいきましょう。そしてさわやかなあいさつを学校中に広めていきましょう。イチロー選手の名言に『僕は高校時代、一日たった10分、必ず素振りをしました。それを365日、3年間続けました。これが誰よりもやっていたことです。』、『小さいことを重ねることがとんでもない所へ行くただ一つの道です。』があります。このように徹底的に行うことですばらしい三島高校にしていきましょう。」と徹底的に行うことの大切さについてお話くださいました。

式後、HR担任の先生の発表等が行われ、新しいHRでのHR活動を行いました。

新しい年度、新しいHRでの新たな1年が始まりました。校長先生が話して下さったように、すべきことを毎日確実に徹底的にやり遂げる生活を積み重ねて、夢の実現に向けて努力していきたいと思います、みんなでがんばりましょう!

【写真 篠先生】


第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 愛媛県予選1回戦

カテゴリー: - joho03 @ 07時49分48秒

昨日(4月8日)、「第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 」 愛媛県予選1回戦が久万高原町ラグビー場において行われ、本校ラグビー部が見事、第二シードの松山聖陵高校に勝利しました!

(試合結果)

三島  29−19  松山聖陵

準決勝は4月22日(日)12:00キックオフ 久万高原町ラグビー場
相手は第3シードの北条高校です。

1523167107507.jpg

1523167550685.jpg

1523167571770_1.jpg

「第2シードの松山聖陵高校を相手に怯むことなく、真っ向勝負でFWが圧倒し、モールを起点とした攻撃ができました。3トライ取られましたが、全体的に前に出るディフェンスができ、三島高校らしい粘り強いラグビーができました。2週間後の準決勝に向けて、頑張ります。」(顧問 野本先生)

ラグビー部の皆さん、おめでとうございます!準決勝、勝利に向けてがんばってください!

【写真 野本先生】


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


メインメニュー



Copyright(c) 1997-2003 OCEAN-NET All Rights Reserved.
Powered by PHP + MySQL + Apache + Xoops2