2018年12月の記事一覧

「3Dプリンター」を用いたミニレクチャー

 7日(金)の放課後、川崎医療福祉大学医療福祉デザイン学科より横田ヒロミツ先生にお越しいただき、3Dプリンターを用いたレクチャーをしていただきました
 美術部員がモデルとなり、3Dスキャナーを使ってその場で3Dのデータを作成、その後3Dプリンタで出力を行いました。

 四角い箱状のものが持参していただいた小型の3Dプリンターです。机上にあるのが、3Dプリンターで出力した立体です。赤い立体は、今も生きている方の心臓を3Dスキャンしたものだそうです。

 

左の生徒が手に持っているのが3Dスキャナーです。

 


美術部鈴木君の3Dデータが出来上がりました。

持参していただいた3Dプリンターで出力した、ミニ鈴木君です。

 

 横田先生には3Dプリンターの実演だけでなく、医療現場で求められている新しい仕事としての3Dイラストレーションや医療現場で働くデザイナーのお話など生徒にとって大変刺激的なお話をしていただきました。テクノロジーやメディアが進化し続ける世の中で医療やデザインがどうなっていくのか体験的に考えられる機会となりました。

【写真・文 内海先生】

グループマッチ(一日目)

本日はグループマッチ一日目が行われました。

<開会式>

(校長先生あいさつ)

 「いよいよグループマッチです。2日間のグループマッチを楽しみにしている人も多いことと思います。今日は非常に気温が低いです。ウオーミングアップをしっかり行い、よく体を温めて競技に臨んで下さい。サッカー、バスケットボールなどの接触があるプレーを伴う競技は十分注意して下さい。このグループマッチで、グループ、HR、学年の絆を深めて下さい。」と、全校生徒を激励されました。

 

(生徒会長あいさつ)

 

森生徒会長は、「このグループマッチは三年生と競技できる最後のグループマッチです。しっかり防寒して、全校でよい思い出が作れるようがんばりましょう。」と全校生徒に呼びかけました。

<競技>

(卓球 男子)

(卓球 女子)

(サッカー 男子)

(サッカー 女子)

(ドッジボール 男子)

(ドッジボール 女子)

(バスケットボール 男子)

(バスケットボール 女子)

寒さの中、どこの会場からも大きな歓声やボールの音が聞こえ、寒さを吹き飛ばすかのごとくの熱気あふれる試合が展開されていました。明日は順位が決定します。今日の疲れを十分とり、二日目の試合に備えましょう!

明日は、天候の変化により予定が変わる可能性があります。グループマッチ、授業(12日の授業)の用意、両方の準備をしてきて下さい。

お疲れ様でした。

【写真 篠﨑先生】

 

 

キャリア教育講演会(1年生)

本日(7日)の6限目、一年生は「キャリア教育講演会」が行われました。公益社団法人愛媛県パルプ工業会より森川政昭先生においでいただき、「紙産業で働こう!」と題し、四国中央市の主要産業である紙産業についてお話をしていただきました。

 

紙産業の現状について、紙の製造方法と機能について、会社での仕事内容について、紙産業の将来展望について具体的にお話をしてくださいました。

 研究開発職の面白さや製造現場を希望した理由、営業ノルマについて、商品企画をする上で大切なことなど、実際の仕事現場での状況や情報を教えていただき、働くことについての知識を得ることができました。また、地球に優しい、再生可能な天然バイオマス資源を利用した新素材「ナノセルロース(食物繊維などから製造されるセルロース繊維)」の開発など未来を見据えた取組についても教えていただきました。

生徒を代表して山本翔斗さんが、「今までしらなかった紙産業の現状や製造方法などを知ることができました。紙に対してより興味が深まりました。今日教えていただいたことを今後の進路選択に生かしていきたいと思います。」とお礼の言葉を述べました。

 

日本一の紙のまちとしての四国中央市、紙産業について知ることができました。地元の産業の活性化の一翼を担える存在になれるように、今日教えていただいたことを今後の自分の進路選択に生かしていきましょう。

【写真 篠﨑先生】

消費者支援講座

 本日(6日)2限目に弁護士の石光真理先生をお招きして「金融トラブルの未然防止に関すること」というテーマで商業科3年生38名が「消費者支援講座」を受講しました。お話の内容は、民事裁判と刑事裁判の違い、裁判の傍聴の方法、交通事故における任意保険の大切さ、契約の締結と履行について、振込詐欺など身近な事例を分かりやすく生徒の興味・関心のある内容を説明してくれました。生徒たちは、「経済活動と法」の授業において、民法や商法について学習してますが、改めて本日のお話をお聞きし、法律の大切さを再認識できたものと思います。講座で学んだことを、社会に出た時や今後の生活の中で活かしてほしいと感じました

【写真・文 近藤先生】