2018年11月の記事一覧

福田さん「第27回国際高校生選抜書展」準大賞!

 本校二年福田真子さんが、「書の甲子園」として知られる「第27回国際高校生選抜書展」において個人の部で準大賞を受賞しました。本校書道部は四国地区団体賞で優秀賞に、また8名の皆さんが入選しています。28日(水)の「毎日新聞」22ページに紹介されています。御覧ください。

(入選) 

河端朝香   藤原愛友菜  星川和葉   村上こころ   加地純菜   森実佑芽子   

大田優輝   鈴木日菜

記事の一部、福田さんのインタビュー記事を紹介します。

 初受賞に「自分の大好きな書家の字を書いて賞が取れてうれしい」と明るく笑った。「幕末の三筆」と言われる書家、文人画家の「貫名崧翁(ぬきなすうおう)」作品集から「七律横披(おうひ)」を一か月書き続けて出品した。「臨書の字の墨の入ったところと、かすれたところのバランスが好き」という。

 書道好きの一家の中で兄について幼稚園から塾で習字を始め、書に出会った。「書は書いていて楽しい。自分が出るその楽しさが伝われば」。将来は「人と関われて役に立つ」保育か介護を目指し、書はこれからも趣味で続けていく。

 

福田さん、準大賞おめでとうございます。また、書道部の皆さん、入選した8名の皆さん、おめでとうございます。福田さんの記事に一か月書き続けての出品とありましたが、日々の地道な努力が見事、結実したことが分かります。日々の取組の大切さを痛感します。私たちも日々の努力を怠らないように一歩一歩を大切にしていきたいと思います。

 

期末考査、二日目が終わりました。土、日をはさみ、十二月四日(火)まで行われます。日々の取組とテスト期間中、精一杯努力し、日ごろの成果が十分発揮できるようがんばりましょう!

 

 

アクティブラーニングによる研究授業

本日(27日)の6限目に、芸術科内海先生によるアクティブラーニングの研究授業が行われました。

美術(鑑賞 彫刻)で、VTS(Visual Thinking Strategy)を用いた、みる力(観察力)、考える力(思考力)、話す、聴く力(コミュニケーション力)の育成をはかる授業が行われました。

初めに学習内容を確認後鑑賞作品となる彫刻作品の鑑賞を個人で行い、その作品がとのような様子なのかをワークシートに記入しました。

その後、自分の考えを発表、他の人たちの考えに耳を傾け、グループで話し合った内容を代表者が発表しました。

単に作品を見るだけではなく、よく観察し、気づいたことや直感に対して根拠を持つことを相手に伝えたり、他の人の考えを共有し知ることができました。

【写真・文 小田先生】

ラグビー決勝戦、ラグビー部白川選手、新聞で紹介

11月24日(土)、25日(日)の「愛媛新聞」に本校ラグビー部の決勝戦、白川響己選手の紹介記事が掲載されています。御覧ください。

2018年11月24日付「愛媛新聞」19ページ許可番号「d20181126-013」

 

記事の一部を紹介します。

 「あー!」。試合後、悔しさを抑えきれない三島の宣せ湯が、大粒の涙を流しながら地面をたたいた。

 持ち味は存分に発揮できた。決勝進出を決めた11日以降、強力な新田の攻撃対策に時間を割いた。相手にボールを与えぬよう練習前から走り込み、タックルのタイミングなど技術も磨いた。

 「前半は(トライを)1~2本に抑え、後半走り勝つ」という試合プランも的中。リードを許した後も持ち前の粘りを発揮し、後半のスコアは新田を上回ってみせた。

 それでも「新田は一つ一つのコンタクトで勝り、バックスもいいアタックができていた」(野本監督)。主将の山瀬は「丁寧なプレーを重ねスローテンポで前へ出ることはできたが、フィジカルやハンドリングスキルで相手が上だった」と振り返る。追い詰めたものの、最後は地力の差が勝敗を分けた。

 今年始めて全国大会に出場した吹奏楽部の強力な応援も力にし、終盤にトライを決めた1年中村は「先輩全員が憧れの存在。少しでも長くプレーしたかった」とむせび泣いた。

 「負けたけど、全員で楽しめた試合。夢は来年、きっと後輩がかなえてくれる」。山瀬は成長著しい後輩の姿を見つめ、静かに前を向いた。

 三島・野本聡監督の話

 新田の攻撃力を抑えるため、準決勝以降、対策に取り組んできた。選手は想定通りによく守ってくれた。だが、前半のチャンスを決めきれなかった点と、後半の追加点が勝敗を分けた。

 三島・FB髙橋真洋選手(守備陣を統率)

 「5年前の成績を超える花園での2勝が目標だったので悔しい。警戒していたウイングバックへボールが渡る前に対処するなど、狙い通りに守れた。後半は三島の持ち味の粘りが出せてよかった」

2018年11月25日付「愛媛新聞」4ページ 許可番号「d20181126-005」 

 

記事の一部を紹介します。

 骨が折れやすい「濃化異骨症」を患いながらもラグビーに打ち込んだ高校生がいる。四国中央市の三島高3年白川響己さんだ。

 自身の病気を「ハンディ」とは思ったことがない。自分で自分を否定することになる」と話す。骨折の危険性を減少させるため、ウエートトレーニングで筋力も強化した。

 自分で望んで始めたこと。決して諦めたくないー。白川さんの強い気持ちを支えたのはチームメート。時折、「大丈夫か」と気遣ってくれる声掛け一つがうれしかった。レギュラーを争うライバルであるとともに切磋琢磨する仲間だった。

 主将の3年山瀬圭一郎さんが「欠かすことのできないメンバーの一人。響己を花園の舞台に立たせようと、みんなが一丸となった」。チーム全体を奮い立たせる力だった。

 白川さんのポジションは、タックルの危険性が比較的少ないスクラムハーフ。9月の県予選東予地区大会で初めて公式戦の舞台に立ち、10月の県予選準々決勝にも出場。「きんちょうしたけど、試合はすごく楽しかった」と顔をほころばせた。

 卒業後は専門学校に進み、理学療法士を目指す。「リハビリの際に支えてくれた。僕も困っている人を支える存在になりたい」と力強く語った。

 

 試合での結束力の強さと粘り強さは、部内での信頼感と支え合う力の結晶であることを記事を読んで痛感しました。白川選手をはじめとする三年生の先輩から受け継ぐ思いは後輩に引き継がれていくことと思います。ラグビー部の皆さんの今後の成長と活躍を期待しています。がんばってください!

 

  

ラグビー決勝戦を振り返って

 昨日(23日)のラグビー決勝戦、写真で振り返ります。

(試合前の練習)

 

(応援 女子ラグビー部・吹奏楽部・野球部・サッカー部)

 (試合直前)

(キックオフ)

 後半 1回目山瀬圭一郎選手トライ 5点!

1回目ゴール 定岡伊織選手 2点!

 

2回目トライ 中村康暉選手 5点!

2回目ゴール 定岡選手2点!

(閉会式)

本当にすばらしい試合でした。ラグビー部の皆さんの粘り強く、最後の最後まで果敢に攻め抜く姿に感動しました。

グランドと一体となり、応援席も大きな声援とメガホンの音が響き渡っていました。ラグビー部の皆さん、お疲れ様でした。そして感動をありがとうございました。

【写真 篠原先生】

 

ラグビー決勝戦惜敗

追撃の末、惜しくも5点差で敗れました。後少し、時間があれば!残念でした。しかし、最後まで攻撃をし続けた試合運びは本当に立派で素晴らしかったです。感動をありがとうございました!