2020年5月の記事一覧

マスクを寄贈していただきました

 本日(29日)、カミ商事株式会社様よりマスクを5000枚寄贈していただきました。総務部藤田部長が学校にお持ちくださり、校長先生にお渡しくださいました。

 毎日、マスクは必需品です。相変わらず品不足が続く中、本当にありがたいです。大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

 

オンラインによる全校朝礼

 本日(29日)の全校朝礼は、「ZOOM」を使い、オンラインで配信し、各HR教室にて実施しました。

 今年度赴任されたスポーツ専門員(フェンシング)松浦碧也先生から自己紹介をしていただきました。

次に、教育支援課長榊田和恵先生からお話をしていただきました。

「新型コロナウイルス感染防止のため、臨時休校、分散登校していた学校が完全再開され、初めての週末となりましたが、久しぶりの通常の学校生活はどうでしょうか。私は、先週までの静かな学校を寂しく感じていたので、皆さんが戻ってきてくれて、学校全体が元気になったようでうれしく思っています。ただ、臨時休校も長かったので、この通常生活のリズムに心も身体も疲れてしまっている人も多いのではないでしょうか。私自身も授業をした後、ぐったりしてしまっています。元気に授業をしているつもりですので、その反動でしょうか。

 部活動等に打ち込んでいた人は、約3ヶ月間部活動ができず、もどかしい思いをしてきた上に、大会やコンクールが中止となり、目標としてきたものが、無くなってしまい、悔しい思いをしている人もいるでしょう。さまざまなイベントも延期や中止が発表されています。

 通常生活が再開されたとは言え、まだまだ我慢の生活は続きますのでいらいらしたり、疲れたりということが多いと思います。そのようなときは、人につい当たってしまったり、人の言葉に傷つきやすくなったり、ということがあります。生活に慣れ、いろいろなことを受け入れていくのに、少し時間がかかるかもしれませんが、お互いに自分の発する言葉に気をつけ、みんなで励まし合いながら乗り越えて行きましょう。

 皆さんの大事なコミュニケーションの場となるはずの昼食の時間も、前を見て静かにお弁当を食べなければならない状況ではありますが、頑張れないときに弱音を吐いて聞いてもらったり、疲れていそうな人に声をかけたりして、お互いに支え合える友人関係を築いてもらいたいと思います。また、周りの大人にも頼って下さい。保護者の方や先生も、話を聞いてくれます。疲れた時や、困ったことがあれば、話して下さい。話すだけで楽になることもあります。
担任の先生はもちろん、放課後、教育相談室にも先生がいますので、寄ってみてください。

まずは今日一日頑張って、土日はリフレッシュして、来週また元気に学校で会いましょう。」と話してくださいました。

 

 学校が再開し、今日で5日です。皆さんの元気に授業を受けたり、火曜日から再開した部活動でトレーニングに励む様子に私たちもパワーをもらっています。お互い、心身疲れやすい時期ですが、私たちは一人ではありません。榊田先生がおっしゃっていたように、苦しい時は声をかけあったり、相談したり、皆で乗り越えていきましょう!

【写真 小野彰久先生】

学校完全再開

 本日(25日)より、学校が完全再開されました。全校生徒が朝から授業を受けることができ、皆さんの元気な様子や笑顔が見られてよかったです。放課後は三年生の学年集会、各部のミーティングが行われました。集会では、間隔を十分にとり、学年主任渡辺先生がお話をしてくださいました。

 これから、進路(就職・進学)を決定していくにあたり、それぞれがコロナの影響による不安を抱えた中で、しなければならないことや、担任の先生や保護者の方とよく相談することの必要性を話してくださいました。今の時期によく考え、相談し、自分の進む道に向かってがんばることが大切であることを教えてくださいました。

 

 私たち一人ひとりが今、すべきことを一生懸命取り組んでいくことで、必ずや道は開けてきます。コロナ感染症対策の予防をしっかりしながら、日々の積み重ねを大切にしていきましょう。

 

情報活用能力講習会 その3

 本日(20日)の放課後、教職員による「情報活用能力講習会」を実施しました。オンライン授業等の実施に向けて、ベネッセコーポレーションの星野先生から「Classi(学習アプリ)」の説明をZoomを使ってオンラインで使用方法について説明していただきました。

 詳しく説明していただいた後、質疑応答の時間が設けられ、「Classi」の三浦先生より質問に答えていただきました。

 ICTを活用し、生徒の皆さんがより効果的に学べるように検討、導入していきたいと思います。

【写真 高畑先生】

消毒用アルコール液寄贈

 本日(18日)、愛媛県酒造協同組合様より新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、消毒用アルコールを寄贈していただきました。この消毒液は、全国的に不足する消毒用アルコール対策として県内の酒造会社で製造されたものです。本校へは(株)梅錦様より24本(1本500ml)寄贈していただき、本日、持ってきていただきました。

 

入手しにくくなっている消毒液をいただきありがとうございました。大切に使い、手指の消毒等で活用させていただきます。

【写真 石井先生】