2019年12月の記事一覧

冬季補習終了

  本日(27日)で冬季補習が終了しました。明日から冬休みです。年末年始、この一年を振り返るとともに、新たな年に向けての目標をしっかり立て、勉強や部活動、自己の進路目標実現のために日々取り組んでいきましょう。また、日ごろできなかった家の手伝いや家族との団らんなどを行い、充実した休みにしてください。三学期は来年1月8日からです。体調を整え、三学期のスタートがきちんとできるようにしましょう!

 
 今年も多くの方々にHPを御覧いただきありがとうございました。三島の地を離れても、見て下さっている卒業生の方も多く、本当にうれしかったです、来年度も皆さんに充実した「三島高校」の様子をお伝えできるようにがんばります。来年もよろしくお願いいたします。

オリンピック聖火ランナーに森川さん選出

 東京オリンピックで「コカ・コーラ」ブランドの代表として聖火リレーを走るランナー23人が発表され、一般の中高生14人(全国で)のうち、愛媛県から本校2年書道部の森川愛梨さんが選ばれました!おめでとうございます!

本日(27日)の「愛媛新聞」21ページに記事が掲載されています。御覧ください。

 2019年12月27日付「愛媛新聞」21ページ 許可番号「d20191227-003」 

 記事の一部を紹介します。

 「コカ・コーラ」ブランド代表の聖火ランナーに選ばれた森川愛梨さんは三島高の書道部長。「私たちの活動は、紙のまちで書道パフォーマンスの伝統を築き上げた先輩、地域の皆さんに支えられている。感謝の気持ちを忘れず、書道や書道パフォーマンスの素晴らしさ、私たちの熱意を国内外の人たちに伝えたい」と抱負を語った。

 三島、川之江両校の書道部員は9月、インドネシアで書道パフォーマンスを披露した。「日本語が分からない人にも感動してもらえた。言葉の壁はないと実感し、視野が広がった」と振り返る。

 聖火ランナーに応募したのも「書道パフォーマンスの魅力をさらに広く発信したい」との思いから。「とても光栄。どんな衣装で走るかはまだ決まっていないが、精いっぱいアピールしたい」と力を込めた。

 

 森川さん、国内の中高生の選出枠14名の中に選ばれたこと、すばらしいです。おめでとうございます!生涯の思い出として深く刻まれることになることと思います。頑張ってください!応援しています。

若者世代の減塩推進スキルアップ教室

 21日(土)、四国中央市保健センターにおいて「若者世代の減塩推進スキルアップ教室」が行われ、本校食物部員9名が参加し、減塩簡単レシピで料理作りに挑戦しました。

 濃い味付けの料理をついつい食べ過ぎてしまうことがあります。健康のためには塩分の摂り過ぎに注意しないといけません。今日学んだことを今後活かしていってください。

【写真 伊藤先生】

四国中央市内三高校家庭クラブ交歓会

 20日(金)午後、川之江高校において「令和元年度四国中央市内三高校家庭クラブ交歓会」が行われ、本校家庭クラブ員7名が参加し、川之江高校、土居高校の皆さんと交流を深めました。

<交歓会>

(「高校生自転車交通安全マナー向上対策事業」推進指定校 地活動における交通安全への取組紹介)

(出前授業 愛媛調理製菓専門学校の先生方においでいただきました)

テーマ「時短料理」 バケットグラタン、冬野菜とふんわり卵のコンソメスープ、グリーンサラダ

 他校の皆さんと活動できる貴重な経験を通して、今後の家庭クラブの活動の活性化につなげていってほしいと思います。お疲れ様でした。

【写真 伊藤先生】 

交流学習会

 本日(20日)の午後は、市内から6つの小学校(松柏小、三島小、中曽根小、中之庄小、寒川小、豊岡小)と川之江北中学校、三島南中学校の皆さん117名を本校にお迎えし、「交流学習会」を開催しました。

 <校長先生あいさつ>

  校長先生は、「本校によくおいでくださいました。優しく、面白く、頼りになるお兄さん、お姉さんと楽しいひとときを過ごしてください。今日はいい思い出を持って帰ってください。」と歓迎のあいさつをされました。

<生徒会長あいさつ>

 

 吉岡生徒会長は、「皆さん、こんにちは。今日のクリスマス交流会のためにたくさんの人が練習をしてきました。もし分からないことがあれば何でも隣にいるお兄さん、お姉さんに聞いて下さいね。優しく教えてくれます。それでは皆さん、楽しんでいきましょう。」と皆さんを歓迎しました。

<司会>

 司会はカエル、リス、ウシ、コアラに扮した放送部の皆さんが担当してくれました。優しく、楽しく場を和ませ、盛り上げてくれました。

 

<音楽部>

 あいみょんの「ハルノヒ」の弾き語りを披露してくれました。

 


<吹奏楽部>

 小、中学生の皆さんがよく知っている曲(ドラエもんやポニョ)のイントロクイズや「ドレミの歌」の振り付けバージョン演奏などで楽しんでもらいました。

(演奏曲)

「ディープパープルメドレー」、「クリスマスメドレー」、「ドレミのうた」

すばらしい演奏に皆、聴きほれ、会場は盛り上がりました。

 

 <VYS部>

VYS部は「ビンゴゲーム」を行いました。先着で豪華賞品プレゼント、参加者全員にクッキーをプレゼントしました。「ビンゴ」、「リーチ」の声と歓声が響き渡りました。

 

<川之江北中学校>

 川之江北中学校の皆さんが、今年大流行した「パプリカ  ダンス」を披露してくれました。思わず一緒に踊り出す人も!盛り上がりました。

 

<保健委員会>

 保健委員会は、「〇✕クイズ『冬休みをげんきにすごそう!』」を行いました。「冬休みはお正月やクリスマスがあり特別なので夜遅くまで起きていていいか?」、「学校が休みの日でもお菓子を食べたり、ごはんを食べた後には歯みがきをしなければならない?」、「バイキンマンのようにいつも怒っていればカゼ菌を退治できる?」というクイズを寸劇を交え、またピコ太郎の曲とダンスに合わせて考える時間を設けるなど、保健委員の皆さんがすばらしいエンターテイナーぶりを発揮し、会場の皆さんに楽しんで考えてもらえました。

 

<ダンス部>

 ダンス部は「DANCE」。1年生が「Talk Dirty」、2年生が「Tik Tokメドレー」、全員で「メリークリスマス」を披露しました。


<お礼のことば>

 小、中学生の皆さんの代表者がお礼のことばを発表してくれました。

「楽しいビンゴゲームやゲームをゲームができてありがとうございました。とても楽しかったです。最高の一日になりました。中学校になっても、交流を続けていきたいと思います。」とお礼のことばとともに今後の抱負を語ってくれました。

<生徒会長あいさつ>

 

 吉岡生徒会長は、「皆さん今日のクリスマス交流会はどうでしたか?皆で楽しめたと思います。「たくさんの笑顔が見られて本当によかったです。来年も遊びに来て下さい。今日はありがとうございました。」と感謝のことばを述べました。

<生徒会のみなさん>

 参加してくれた皆さん、ありがとうございました。皆さんの元気な、そして素直に喜んだり楽しんだりする姿から私たちは大きな力をもらいました。また、来年会えることを楽しみにしています。

 生徒会の皆さん、放送部、吹奏楽部、音楽部、VYS部、ダンス部、保健委員会、家庭クラブ、食物部の皆さん、そしてボランティアとして参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。すてきな出会いと感動を持つことができたことと思います。今後の活動に生かしていってください。

【写真 高畑先生、小野先生】