対面式・オリエンテーション①・部紹介 その1

 本日(9日)、1年生は「対面式」・「オリエンテーション①」・「部紹介」が行われました。

〈対面式〉

 校長先生は、「昨日、入学式がありました。そして今日、全校生徒が揃ったことを嬉しく思います。一つ一つの出会いを大切にし、ともに助け合い、支え合う温かな学校をつくってもらえたらと思います。」と1年生にエールを送られました。

 

 大西生徒会長は、「1年生の皆さんご入学おめでとうございます。学校生活に不安があると思います。今年度は4月に体育祭があります。もし分からないことがあれば、先輩にきいてください。一緒に楽しみましょう。」と1年生を激励しました。

 

 新入生代表の江口陽菜さんは、「私たち251人はこの三島高校に入学しました。コロナ禍の中でさまざまな不安がありますが、1年生らしくがんばっていこうと思います。先生方、先輩方、御指導よろしくお願いします。」と立派にあいさつしました。

 

 大西生徒会長と江口さんは、最後にお互いを讃えました。

 

 

〈オリエンテーション①〉

 1年生は午後からオリエンテーション①があり、三島高校におけるさまざまな規律を学び、また、各課長の先生方のメッセージを真剣に聞いていました。

 

○進路課長(井川美穂先生)

 入学することがゴールではなく、高校3年間でどういう人間になれるかという目的に向かって取り組んでほしい。また、部活動など、学校でしかできないことを頑張ってほしい。失敗をしながらチャレンジすることが大事である。失敗を恐れないでほしい。

 

○生徒課長(児玉信也先生)

 いろいろな人の個性を受け入れ、よい人間関係を作ってほしい。また、生活面において、以下のことを特に守ってもらいたい。

・身だしなみを整えよう 月曜日は身だしなみ

・交通安全を心がけよう

・もしも交通事故に遭ってしまったら

・ケータイ、スマホについて考えよう

・不審者に注意しよう

 

○図書研修課長(髙橋広美先生)

 感染症の影響でいろいろなことが体験できなくなったが、本を読むことで補える。

 ぜひ学校の図書館に足を運んでほしい。ITと人の違いは心や感情であり、読書によって得られることは多い。

 

○保健体育関係(志田かえ先生)

 学校は集団生活のため、手洗い消毒を心がける。

 三島高校へ入学し、期待や不安、緊張のため自分が思っているより体は疲れているので、無理をせず保健室を利用してほしい。

 

○学年主任(五味むつみ先生)

 「言ったことができる」ことはスタートライン。今は早めに行動できているためできている。「言ったことしかできない」とならないように、今後は「言ったこと以上のことができる」ようにしていこう。

 楽しい1年間にしましょう。

 

【写真:内海先生、長野先生、小田先生  文:池田先生】