キャリア支援ワークショップ 新聞で紹介

 15日(土)の「愛媛新聞」10ページに四国中央市で行われた女子中高生のキャリア支援を目的とするワークショップ「夢を拓(ひら)く」の紹介記事が掲載されています。御覧ください。

2018年12月15日付「愛媛新聞」10ページ許可番号「d20181218-001」

市内の女子中高生26名が参加し、希望する仕事や夢を実現するための道筋を考えるために、グループでそれぞれが尊敬する人物や大切にする価値観、夢の実現に向けた目標を話し合いました。

本校一年生の藤枝怜さんの「夢である薬剤師への道筋がはっきりしてきた。学力をしっかり身に付ける必要がある」というコメントも掲載されています。

自己の夢をしっかりと持つこと、その夢をかなえるためにすべきことは何か、どうすればいいかを考え、実行することが大切です。今日学んだことが生かされ、一歩ずつ夢をかなえていけるよう努力していきましょう。