三学期始業式

 いよいよ三学期がスタートしました。本日は、大掃除の後、始業式が行われました。

(式辞)

 校長先生は、「いよいよ三学期が始まります。今年は5月1日から年号が変わる新しい節目の年です。竹は節を作りながらしなやかに成長を続けます。皆さんも何かをやり遂げたという節目を作ってください。三学期は総まとめの学期でもありますが、1、2年生にとっては、新2、3年に向けた『新学年への0学期』とも言われます。3学期の目標を決めるだけではなく、新年度への目標を決め、勉強、部活動にがんばってほしいと思います。3年生は4月から新生活が始まります。それぞれが進路を勝ち得て、新しいスタートを切ってください。」と皆に呼びかけられました。

続いて、「以前お話したと思いますが、『凡事徹底』という言葉があります。当たり前のことを徹底的に行うということですが、皆さんには当たり前のことのレベルを上げて、やり切ってほしいと思います。ある店の二人の店員さんがいて、仮にAさん、Bさんとします。Aさんはお客さんを玄関まで見送りますが、Bさんはお客さんが見えなくなるまで見送ります。その後の二人の評判は一目瞭然です。これは二人にとっての当たり前のレベルの差です。自分の考えを変えるだけで当たり前のレベルが変わります。皆さんも当たり前のレベルを上げて、それぞれの節目を作ってください。3年生の中には進路がすでに決定した人もいますが、これからセンター試験、一般入試に挑戦する人が100名近くいます。1、2年生も凜とした学習態度で、これから進路を切り開いていく3年生を応援して下さい。『チーム三島』で皆で戦っていきましょう。」と激励されました。

 

心の持ち方、考え方次第で物事に対する気持ちや取り組み方が違ってきます。校長先生がお話くださったように、「当たり前」のレベルを上げて、一つ一つの物事に一生懸命取り組み、自己の向上を目指して皆で歩んでいきましょう!

【写真 篠﨑先生】