ラグビー決勝戦、ラグビー部白川選手、新聞で紹介

11月24日(土)、25日(日)の「愛媛新聞」に本校ラグビー部の決勝戦、白川響己選手の紹介記事が掲載されています。御覧ください。

2018年11月24日付「愛媛新聞」19ページ許可番号「d20181126-013」

 

記事の一部を紹介します。

 「あー!」。試合後、悔しさを抑えきれない三島の宣せ湯が、大粒の涙を流しながら地面をたたいた。

 持ち味は存分に発揮できた。決勝進出を決めた11日以降、強力な新田の攻撃対策に時間を割いた。相手にボールを与えぬよう練習前から走り込み、タックルのタイミングなど技術も磨いた。

 「前半は(トライを)1~2本に抑え、後半走り勝つ」という試合プランも的中。リードを許した後も持ち前の粘りを発揮し、後半のスコアは新田を上回ってみせた。

 それでも「新田は一つ一つのコンタクトで勝り、バックスもいいアタックができていた」(野本監督)。主将の山瀬は「丁寧なプレーを重ねスローテンポで前へ出ることはできたが、フィジカルやハンドリングスキルで相手が上だった」と振り返る。追い詰めたものの、最後は地力の差が勝敗を分けた。

 今年始めて全国大会に出場した吹奏楽部の強力な応援も力にし、終盤にトライを決めた1年中村は「先輩全員が憧れの存在。少しでも長くプレーしたかった」とむせび泣いた。

 「負けたけど、全員で楽しめた試合。夢は来年、きっと後輩がかなえてくれる」。山瀬は成長著しい後輩の姿を見つめ、静かに前を向いた。

 三島・野本聡監督の話

 新田の攻撃力を抑えるため、準決勝以降、対策に取り組んできた。選手は想定通りによく守ってくれた。だが、前半のチャンスを決めきれなかった点と、後半の追加点が勝敗を分けた。

 三島・FB髙橋真洋選手(守備陣を統率)

 「5年前の成績を超える花園での2勝が目標だったので悔しい。警戒していたウイングバックへボールが渡る前に対処するなど、狙い通りに守れた。後半は三島の持ち味の粘りが出せてよかった」

2018年11月25日付「愛媛新聞」4ページ 許可番号「d20181126-005」 

 

記事の一部を紹介します。

 骨が折れやすい「濃化異骨症」を患いながらもラグビーに打ち込んだ高校生がいる。四国中央市の三島高3年白川響己さんだ。

 自身の病気を「ハンディ」とは思ったことがない。自分で自分を否定することになる」と話す。骨折の危険性を減少させるため、ウエートトレーニングで筋力も強化した。

 自分で望んで始めたこと。決して諦めたくないー。白川さんの強い気持ちを支えたのはチームメート。時折、「大丈夫か」と気遣ってくれる声掛け一つがうれしかった。レギュラーを争うライバルであるとともに切磋琢磨する仲間だった。

 主将の3年山瀬圭一郎さんが「欠かすことのできないメンバーの一人。響己を花園の舞台に立たせようと、みんなが一丸となった」。チーム全体を奮い立たせる力だった。

 白川さんのポジションは、タックルの危険性が比較的少ないスクラムハーフ。9月の県予選東予地区大会で初めて公式戦の舞台に立ち、10月の県予選準々決勝にも出場。「きんちょうしたけど、試合はすごく楽しかった」と顔をほころばせた。

 卒業後は専門学校に進み、理学療法士を目指す。「リハビリの際に支えてくれた。僕も困っている人を支える存在になりたい」と力強く語った。

 

 試合での結束力の強さと粘り強さは、部内での信頼感と支え合う力の結晶であることを記事を読んで痛感しました。白川選手をはじめとする三年生の先輩から受け継ぐ思いは後輩に引き継がれていくことと思います。ラグビー部の皆さんの今後の成長と活躍を期待しています。がんばってください!