学校保健委員会

本日(14日)の放課後、学校医・学校眼科医・学校歯科医・学校薬剤師の先生方、関係機関代表、PTA役員の方々においでいただき、教職員代表者、生徒保健委員会代表者で組織する「学校保健委員会」が行われました。

 

出席者の自己紹介の後、学校保健・学校安全の目標及び年間計画を保健環境課長髙津先生が説明しました。

そして学校保健の現状についての説明を養護教諭(保健主事)岡田先生が説明をしました。内容は保健室の利用状況や学校生活や部活などで起こる負傷の発生状況、保健調査などでした。

 

生徒保健委員会の発表ではAEDの定期点検やウォータークーラーの水質調査、学校行事の際の催しなど日々行われている生徒保健委員会の活動内容について発表されました。

研究協議では教室の照度について協議がされ、有意義な意見交換の場となりました。

最期に学校医、学校歯科医、学校薬剤師の方々からインフルエンザの予防についてや歯の定期的な受診についての助言をいただき、普段から日々行っている生徒保健委員会の活動についてお褒めの言葉をいただきました。生徒たちもこういった機会を通して学校の環境について考えるきっかけになればと思います。出席していただいた先生方、学校関係者の方々ありがとうございました。

【写真・文 小田先生】