二学期終業式

本日(20日)は、大掃除の後、二学期終業式、表彰伝達が行われました。

<表彰伝達>

[四国地域自転車競技選手権大会]

ケイリン   第2位  林  昌幸

スプリント  第3位  林  昌幸

[全国ラグボー大会愛媛県大会]

(ラグビー部) 準優勝

[青少年読書感想文全国コンクール愛媛県審査]

(課題読書の部)

優秀   中畠 陽葉里

(自由読書の部)

佳作   岸  愛梨

[校内読書感想文コンクール]

最優秀   代表  西岡 夏希

最優秀3名、優秀7名、佳作13名 計23名

多方面において多くの人が表彰されました。すばらしいです。おめでとうございます。さらなる高みに向かってがんばりましょう。

この後、二学期の終業式が行われました。

<二学期終業式>

(校長式辞)

校長先生は、「今日で二学期が終わります。充実した二学期を送れましたか。」と皆に呼びかけられました。「二学期はテストはもちろんのこと運動会、文化祭、グループマッチなど多くの行事がありました。お互いの協力と一人ひとりの積極的活動により立派な成果をあげることができました。また部活動においてもそれぞれの部がすばらしい活躍をしくれました。」と二学期の皆の活動をたたえてくださいました。

そして、「今日は『心が変われば運命が変わる』という話をします。」と言われ、京都の大徳寺の和尚さんの言葉を紹介して下さいました。

「悩んでいる人に対して、『心は行動を生み、行動は習慣になる。習慣はやがて品性をはぐ具木、品性はその人の運命を決する。心が変われば運命が変わる』という言葉をかけられたそうです。ある人が消極的な自分を積極的な人間に変えたいと考え、自分にできることとして笑顔であいさつをすることを始めました。最初は友人に対してだけでしたが、だんだんと周りの人に対してもできるようになり、その人の笑顔は周りをほっとさせられる、ほほえましい笑顔になったそうです。まさに心は行動を生み、行動が品性に変わったのです。皆さんも就職試験や入試の面接において質問に対して笑顔で受け答えし、しっかり自己の意見が述べられるようになってください。明日から冬休みです。1、2年生は補習、部活、課題にしっかり取り組んでください。3年生で進路か決定している人は、本をよく読み、教養を身に付けてください。これから受験をひかえている人は最後の最後まで粘り強くがんばってください。心が動けば行動に移せます。それが大きなものとなります。がんばって冬休みを過ごして下さい。」と心がけること、実践することの大切さについて話してくださいました。

<各課より>

[教務課]

教務課長香川先生から二学期の学習状況、出席状況についてお話をしていただきました。

出席状況については、「長期休暇の後は欠席が増えます。規則正しい生活をしましょう。インフルエンザの予防をしっかり行い、健康に毎日を過ごしましょう。」

学習状況については、「本校の先輩の進路の実績は毎日の努力の積み重ねです。目標は自分の力で叶えなければなりませんそのために先生方がサポートします。夢を達成するためには行動にうつさなければなりません。3年生は高校生活のしめくくりをしっかりしてください。1、2年生は次の学年に進む準備をして下さい。」

基本的生活習慣、学習習慣を定着させることの大切さについて話してくださいました。

[生徒課]

生徒課長浅田先生から、生活態度、気持ちのありかたについてお話をしてくださいました。

「学校は勉強することが一番の目的ではありますが、人間性を磨く大切な場であります。嫌なことをどれだけ頑張れるか。人間として成長できることが重要です。自分が人間として、一人の高校生としてしなければならないことは何か、またしてはならないことは何かをしっかり認識し、心の成長ができるようにがんばってください。冬休みは無断アルバイトなどの誘惑に負けない、生活のリズムを整えることが大切です。」とお話しくださいました。

冬休み中、自分の生活や態度を振り返り、できてなかった所、なおさなくてはならない所を素直に見つめ直し、自己を向上させるために何をすべきかをよく考え、三学期に実践していけるようにがんばりましょう。

【写真 篠﨑先生】