若者世代の減塩推進スキルアップ教室

  本日(22日)、四国中央市保健センターで行われた「若者世代の減塩推進スキルアップ教室」に食物部の2年生12名が参加しました。

  講義で食生活の大切さについて学習した後、グループ(市内3高校)に分かれ、調理実習を行い、「大葉とちりめんのペペロンチーノ」、「サラダケ-キ」、「バナナ大福」、「甘酒とかぼちゃのスムージー」を作りました。

 

今日(22日)は冬至です。かぼちゃを食べてゆず湯に入るとよいとされていますが、スムージーでたくさんのかぼちゃを摂取することができました。そして25日はクリスマスです。野菜でできた「サラダケ-キ」は見た目はケ-キそのもの!季節にぴったりの献立で楽しく作ることができました。

  今回の実習で、調理方法や材料を変えるだけで野菜をたくさん摂ることができ、少しの工夫で食生活を改善できることを実感しました。これからも食生活に気を配り、健康な身体を自分で作ってほしいと思います。

【写真・文  若藤先生】