アクティブラーニングによる研究授業

本日(27日)の6限目に、芸術科内海先生によるアクティブラーニングの研究授業が行われました。

美術(鑑賞 彫刻)で、VTS(Visual Thinking Strategy)を用いた、みる力(観察力)、考える力(思考力)、話す、聴く力(コミュニケーション力)の育成をはかる授業が行われました。

初めに学習内容を確認後鑑賞作品となる彫刻作品の鑑賞を個人で行い、その作品がとのような様子なのかをワークシートに記入しました。

その後、自分の考えを発表、他の人たちの考えに耳を傾け、グループで話し合った内容を代表者が発表しました。

単に作品を見るだけではなく、よく観察し、気づいたことや直感に対して根拠を持つことを相手に伝えたり、他の人の考えを共有し知ることができました。

【写真・文 小田先生】