「授業改善推進事業」2回目(吉田先生研究授業)

  本日(1月27日)の5限目は「授業改善推進事業」が行われ、吉田先生が2年4組、5組の世界史Bの授業において「感染症がもたらしたものは」をテーマに研究授業をされました。

 14世紀に中世ヨーロッパで流行した感染症「ペスト」がもたらした影響やその要因、その後の変化などについて当時の版画や資料を用いて考察を行いました。現在の「コロナ禍」におけるこれからの社会について考える重要な機会ともなりました。皆、真剣に考え議論できました。

【写真 高畑先生】