ブログ

令和2年度 第2回防災避難訓練

 本日(2日)、「第2回防災避難訓練」が行われました。

 今回は地震と火災の同時発生を想定した訓練です。地震発生の放送直後、生徒達はその場で頭部保護姿勢をとり、その後運動場へ避難しました。どの学年も五分以内に全員が避難でき、緊張感を持ち、落ち着いて行動できました。

 

 校長先生は、「もし自分の部屋で地震が発生した場合、どの家具が倒れて危ないか、自分の部屋のどこから脱出するのかを想定していますか。学校にいる時だけではなく、自分の部屋にいる時も災害時を想定してほしい。」と講評されました。

 

 災害はいつどこで起こるか誰も予測できない分、平時の備えが重要になります。自分の命とともに周囲の命を守る行動を日頃から心がけ、有事の際は適切に行動しましょう。

 

【写真:高畑先生 文:有松先生】