「第2回高校生による歴史文化PRグランプリ」

 2月11日(火・祝)、ユーホールにおいて「第2回高校生による歴史文化PRグランプリ」が行われます。本校からは商業科3年生2チーム8名が出場しました。 歴史文化PRグランプリは東予地域の魅力発信をテーマに各チームが東予の歴史に関することを調べたり、体験したことをまとめ、パワーポイントを使ってプレゼンをして競う大会です。

  5番目に発表する「#おへんろ」チームは「お遍路追求の旅」をテーマに、実際に三角寺までお遍路の道を歩き、感じたことや疑問に思ったことをプレゼンしました。

 13番目に発表する「紙の子」チームは「Paper History ~紙にできることはまだあるか~」をテーマに、地元企業を訪問し教えていただいたことをもとに、紙の歴史やこれからの紙の未来についてまとめプレゼンしました。

 2チームの皆さん、お疲れ様でした。地域を知る大切さ、知ってもらうために工夫を凝らしてプレゼンを考える楽しさや充実感を得る貴重な経験ができたことと思います。これからの生活の中で活かしてください。

【写真 清水先生】