書道部「ジャカルタ日本祭り」で書道パフォーマンス、書道体験

 9月7日(土)、8日(日)にインドネシアのジャカルタで開催された「第11回ジャカルタ日本祭り」に本校書道部が参加し、2日間にわたって書道パフォーマンス披露と書道体験を行いました。

 7日(土)は「プラザスナヤンアトリウム」で2回、パフォーマンスを披露しました。大勢の方々集まってくださり、会場が一つのなるのを感じました。

 8日(日)は「ジャカルタ日本祭り」が行われている会場で2度のパフォーマンスの披露と書道体験を行いました。2日続けて会場に足を運んでくださった方もおり、書を通じてジャカルタの方々との「絆」を深めることができました。

 石井正文在インドネシア日本国大使が見に来てくださり、一緒に写真を撮ってくださいました。

 書道体験では、英語を駆使して一生懸命コミュニケーションをとりながら交流しました。

「ジャカルタ新聞」で、取組を紹介してくださっています。

 長野県のローカル新聞でも紹介してくださいました。

 多方面にわたり、多くの方々が関心を示し、紹介してくださることで、現地で感じた達成感とともに改めて「ジャカルタ日本祭り」に向けて取り組んできた努力と成果を実感できていると思います。

 また、ジャカルタで書を披露して感じたことは、書に国境はないということです。多くの方が感動してくださり、書が持つ力を改めて再認識する機会をいただきました。今後も書の持つ力を信じ、多くの方々に書の魅力を届けられるよう、部員一同精進して参ります。

 この度は貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。支えて下さった全ての皆様に感謝申し上げます。

【写真・文 福本温子先生】